ダーウィンで過ごす最高の3日間

ダーウィン(Darwin)、ノーザン・テリトリー。 © Tourism NT

ダーウィンで過ごす最高の3日間

チモール海(Timor Sea)を望む広い湾のほとりにある風光明美な街、ダーウィンの魅力をたっぷりと味わいましょう。ビジネススーツを熱帯での正装-Tシャツと短パンに着がえて、気持のいい多文化都市に繰り出してください。熱帯植物の茂る公園で散歩やサイクリングを楽しみ、博物館でアボリジニの芸術に親しみ、ミンディル・ビーチ・サンセット・マーケット(Mindil Beach Sunset Markets)でさまざまな国の料理を味わいましょう。落ち着いた雰囲気のカレン・ベイ・マリーナ(Cullen Bay Marina)観光や、波止場周辺の史跡めぐりもお薦めです。 狭い範囲にギュッとつまったビジネス街の中心地を出て、アデレード川(Adelaide River)でワニを見たり、リッチフィールド国立公園(Litchfield National Park)の鬱蒼としたジャングルの中や滝の下で泳ぐのもいいでしょう。

10.0.30highlight1
1日目:マリーナからマーケット、そしてミッチェル・ストリートへ

1日目:マリーナからマーケット、そしてミッチェル・ストリートへ

カレン・ベイ・マリーナ(Cullen Bay Marina)で豪華な邸宅や波に揺れるヨットを眺めながら、ゆっくりと朝食を楽しんでください。そのあとは近くのマイリー・ポイント歴史的建造物保存地区(Myilly Point Historical Precinct)へ。ここにある熱帯の気候にあわせて建てられたコテージは、建築家B.C.G.バーネット(B.C.G. Burnett)の設計で、1930年代に建てられたものです。さらにノーザン・テリトリー美術博物館( Art Gallery of the Northern Territory)では、アボリジニのアートを見学したり、1974年にダーウィンを襲ったサイクロン・トレイシー(Cyclone Tracey)がどれほど街に壊滅的な打撃を与えたかを学んでください。マングローブやモンスーン性植物の繁茂する森や、アレクサンダー湖(Lake Alexander)の人気スイミング・スポットがあるイースト・ポイント自然保護区(East Point Reserve)でひと休みして、ピクニックを楽しんでください。イースト・ポイント戦争博物館(East Point Military Museum)では第2次世界大戦時のダーウィン空襲の記録映画を鑑賞。その後、ジョージ・ブラウン植物園(George Brown Botanic Gardens)に行き、ランやブロメリア、ソテツ、ヤシなどを見ながら園内を散策。ミンディル・ビーチ・サンセット・マーケット(Mindil Beach Sunset Market)も見逃せません。5月から10月に開かれ、チモール海に沈む茜色の夕日を眺めながら買い物を楽しむことができます。ヤシの木の下にゆっくりと腰を落ち着けて湯気のたつアジアの料理を味わってから、ミッチェル・ストリート(Mitchell Street)沿いの気持のいいバーやパブ、ライブ演奏の聴ける店をめぐってみてください。

10.0.30(2)
2日目:歴史、クロコダイル、そしてクルーズ

2日目:歴史、クロコダイル、そしてクルーズ

まず第二次世界大戦中に日本軍が最初に爆弾を投下した埠頭周辺を見てまわってください。州会議事堂を訪れたあと、ヒストリカル・ウォーク(Historical Walk)を歩いて歴史にゆかりのある場所をまわります。サバイバーズ・ルックアウト(Survivors Lookout)から景色を眺めたら、第2次世界大戦時の石油備蓄用トンネルの中を歩いてみてください。さらに真珠採りに関する展示を見たり、ノーザン・テリトリーのサンゴ礁を生きたまま展示している海洋生物の水槽を見学しましょう。桟橋を見下ろせるオープンエアのレストランでブランチを楽しんでから、ネイチャーズ・ウェイ(Nature’s Way)をアデレード川(Adelaide River)までドライブ。アデレード川駅(Adelaide River Railway Station)を訪ねたり、アデレード川戦没者墓地(Adelaide River War Cemetery)で第二次世界大戦で戦死した兵士の墓を訪問。さらにジャンピング・クロコダイル・クルーズ( jumping crocodile cruise)に参加して、先史時代からここで暮らしているクロコダイルが大きな口を開け閉めする様子を観察することもできます。ダーウィンの街に戻ったらダーウィン・ハーバー(Darwin Harbour)をめぐるクルーズに参加、海上から空を赤く染めて沈む夕日を眺めましょう。

10.0.30(3)
3日目:リッチフィールド国立公園

3日目:リッチフィールド国立公園

ネイチャーズ・ウェイ(Nature’s Way)をドライブして、澄んだ水をたたえた泉や轟音を立てて流れ落ちる滝、アリ塚の点在する鬱蒼としたモンスーン雨林、リッチフィールド国立公園(Litchfield National Park)を訪ねます。ワンジ・フォールズ(Wangi Falls)までの気軽なウォーキングや、オオコウモリのねぐらの脇でのピクニックを楽しんでみてください。あるいはもっと遠出してトルマー・フォールズ(Tolmer Falls)まで行き、美しい渓谷の景色を眺めるのもお薦めです。バリー・ロックホール(Buley Rockhole)で泳いだり、フローレンス・フォールズ(Florence Falls)の滝壺で泳ぐのもいいでしょう。4WDに乗ってジャネラ・フォールズ(Tjaynera Falls)や古いブライス・ホームステッドの廃墟(Blythe Homestead Ruins)、長い年月によって刻まれた砂岩のドーム、ザ・ロスト・シティ(The Lost City)を見学することもできます。放牧場の境界の一部になっているレイノルズ・リバー(Reynolds River)を走る野生動物観察クルーズにも参加してみてください。さらにヘリコプターの遊覧飛行で上空から景色を眺めることもできます。ハイウェイを戻り、テリトリー・ワイルドライフ・パーク(Territory Wildlife Park)に寄って、魚や猛禽類、夜行性動物、爬虫類を見物。ダーウィンに戻ったら、屋外で上映される映画、デッキチェア・シネマ(Deckchair Cinema)を鑑賞してリラックスしてください。

ダーウィン早わかり

ダーウィン早わかり

位置:
ノーザン・テリトリー北のチモール海の上

所要日数:
最低2日間 

ベストな旅行シーズン :
乾期(5月~10月)。湿度が下がり、ダーウィンで屋外でのフェスティバルが開催されます。

 

その他の観光情報