ゴールドコーストで過ごす最高の3日間(Gold Coast)

ブロードビーチ(Broadbeach)、ゴールド・コースト(Gold Coast)、クイーンズランド州。 © Tourism Queensland

ゴールドコーストで過ごす最高の3日間

ゴールドコースト(Gold Coast)の快活なエネルギーを身にまといましょう。ビーチや熱帯雨林、レストラン、テーマパーク、ショッピング街などお楽しみが目白押しです。ゆったりして華やかなメイン・ビーチ(Main Beach)で海水浴やサーフィン、オープンエアのレストランなどを楽しみ、サーファーズ・パラダイス(Surfers Paradise)の高層ビル群を眺めながらショッピングを堪能しましょう。サーフィンのレッスンなら、サーファーズかバーリー・ヘッド(Burleigh Heads)で受けられます。バーリー・ヘッズではその後、国立公園を探索することもできます。さらに、いくつかあるテーマパークへ行けば、スリル満点の水遊びや、動物とのふれあいを楽しむこともできます。ラミントン(Lamington)やボーダー・レンジス(Border Ranges)、メイン・レンジ(Main Range)、ナイトキャップ(Nightcap)各国立公園など、世界遺産に登録された国立公園の多雨林を訪れて、自然回帰を体験することもできます。

10.0.43.1_highlight(1)

1日目: 輝く太陽の下で遊ぶ

メイン・ビーチでの海水浴やサーフィンで元気に一日を始めたら、おしゃれな屋外カフェで朝食をとりましょう。 豪華なヨットやウォーターフロントにある大邸宅を見ながら散歩したり、サーフィンの講習に参加してザ・スピット(The Spit)の波に乗ったり、シュノーケリングやダイビングで難破船スコティッシュ・プリンス号(Scottish Prince)を探索したりしてください。メイン・ビーチからサーファーズ・パラダイスのビーチフロントにある高層ビル街までは、歩けいてすぐです。南に行くと、バーリー・ヘッズの岬からサーファーズ・パラダイスの街並みを見ることができます。立ち並ぶ松やヤシの木々の下、ビーチフロントの芝生でリラックスするか、バーリー・ヘッズ国立公園(Burleigh Heads National Park)の中を通り抜けるウォーキング・コースを歩いてみてください。ショッピングがしたくなったら、サーファーズ・パラダイスにあるブランド店や、ナイト・マーケットを見てまわりましょう。ブロードビーチ(Broadbeach)か、隣接するマーメイド・ビーチ(Mermaid Beach)で食事をしてからサーファーズ・パラダイスに戻り、ネオンきらめく街のごきげんなナイトライフを過ごしてください。

10.0.43.2_highlight(1)

2日目: テーマパークでスリルを味わう

まずは、テーマパークのパスを購入しましょう。このパスが野生動物とふれあったり、絶叫ものの興奮が味わえる一日へのチケットです。ドリームワールド(Dreamworld)では、ウィグルズ(子供向けの音楽バンド)の演奏や、巨大なサファリ形式のワイルドライフパークでコアラや、ウォンバット、カンガルーと出会うことができます。また、くりぬいた丸太で急流を下るアトラクションや、ヘリコプターでの遊覧飛行、オーストラリア初のバイク型ローラーコースターにも乗ることもできます。その後は、シーワールド(Sea World)へ行きましょう。イルカと一緒に泳いだり、アシカを間近で眺めることができます。さらにムービー・ワールド(Movie World)では映画をテーマにした乗物に乗ってスリルを体感、ウェット・アンド・ワイルド・ウォーター・パーク(Wet ‘n’ Wild Water Park)では大きな波のプールで遊ぶことができます。オーストラリアの農場をテーマにしたテーマパークでは、羊の毛を刈ったり、コアラをなでたり、ブッシュ・タッカー(アボリジニの砂漠での食事)を味わうこともできます。また、砂煙の上がるアクション満載のアウトバック・ショーでは、ラクダや馬、羊、犬、牛のパフォーマンスを楽しむことができます。夜は気分次第でメイン・ビーチからショー付のクルーズ船に乗ったり、クーランガッタ(Coolongatta)で静かに食事を楽しんだりしてください。

10.0.43.3_highlight(1)

3日目: ヒンターランドへ

4WD車のエコ・ツアーに参加して、世界遺産に登録されたゴールドコーストの内陸地域の熱帯雨林に向かいましょう。環境保護区のラミントン国立公園(Lamington National Park)では、ボーダー・トラック(Border Track)の一部や、木々の上に架けられた遊歩道を歩いてみてください。古代植物である南極ブナの木々、爆音とともに流れ落ちる滝、野生動物や鳥たちを見ながら歩くことができます。マスクト・マウンテン・フロッグの弾むような鳴き声を聞いたり、恐竜時代から生き続けている鳥、ワキグロクサムラドリを観察したりしてみてください。オーストラリアでいちばん有袋類の生息数が高いと言われるボーダー・レンジス国立公園では、ハリモグラやバンディクート、カモノハシ、ポッサム、フクロモモンガなどを探してみてください。さらにメイン・レンジ国立公園のグーンバラ(Goomburra)から広大な原生地に分け入り、澄んだ水の流れる小川を見ながらナイトキャップ国立公園(Nightcap National Park)にあるミニヨン・フォールズ(Minyon Falls)までハイキングしてみるのもいいでしょう。 夕方にはゴールドコーストに戻るか、北上してタンボリン山(Mount Tamborine)の田園風景の中で夜を過ごしてください。途中でタンボリン山国立公園(Mount Tamborine National Park)にある有名な段状に流れ落ちる滝は必見です。

ゴールド・コースト早わかり

ゴールド・コースト早わかり

場所:
クイーンズランドの東海岸

滞在所要日数:
最短2日間

(基本情報)早わかり:
年間300日間も日差しが降り注ぐゴールド・コーストの夏は温暖で、冬もあまり寒くならないため、一年中楽しめます。

 

その他の観光情報