ブリスベンから行く3週間の旅

ストラッドブローク島(Stradbroke Island)、ブリスベン(Brisbane)、クイーンズランド州。 © Tourism Queensland

ブリスベンから行く3週間の旅

ブリスベンは、オーストラリア東部の果てしなく続く海岸線を巡る旅の絶好の出発地点です。パシフィック・コースト(Pacific Coast)を車で北上し、ヌーサ(Noosa)でリゾートを満喫したり、4WDで砂ぼこりの舞う道を走って世界遺産フレイザー島(Fraser Island)に行きましょう。野趣あふれるウィットサンデー諸島( Whitsundays)では、ジャングルの緑で覆われた島々のあいだのセーリングを満喫してください。グラッドストーン(Gladstone)、マッカイ(Mackay)、ロックハンプトン(Rockhampton)、ケアンズ(Cairns)などで滞在。このうち何か所かは、色鮮やかな海洋生物の宝庫、世界遺産のグレート・バリア・リーフへのアクセス・ポイントでもあります。デイントゥリー・レインフォレスト(Daintree Rainforest)の太古の熱帯雨林や、ヒンチンブルック島(Hinchinbrook Island)の手つかずの自然が残る国立公園の中を歩きましょう。  ブリスベンから飛行機に乗れば、きらめく湾が広がり、文化の香りが漂う、極上のビーチに囲まれたシドニーの街はもうすぐそこです。

1週目:ブリスベン、ゴールド・コースト、フレイザー島
1週目:ブリスベン、ゴールド・コースト、フレイザー島

1週目:ブリスベン、ゴールド・コースト、フレイザー島

ブリスベンから車で少しの距離にあるモートン・ベイ(Moreton Bay)でボート、シーカヤック、ウィンドサーフィン、ジェットスキーなどを楽しんでください。ほんの少し回り道をするだけで、ゴールド・コーストにも行くことができます。輝くばかりのビーチや、大規模なテーマパーク、更けることのないナイトスポット、緑あふれる内陸地帯が待っています。パシフィック・コースト・ツーリング・ルート(Pacific Coast Touring Route)を北上し、景色のよいヌーサに立ち寄りましょう。ここは高級リゾートとして知られ、ぜいたくな気分が味わえます。また、近くのハービー・ベイ(Hervey Bay)からはクジラを見ることもできます。  世界最大の砂の島、世界遺産のフレイザー島(Fraser Island)では、4WDに乗って湖や熱帯雨林、カラフルな砂が形成した岸壁をドライブしてください。モン・レポ(Mon Repos)のビーチでウミガメを見たり、レディー・マスグレーブ島(Lady Musgrave Island)でオニイトマキエイと一緒にシュノーケリングを楽しんだりしましょう。いずれもバンダバーグ(Bundaberg)の近くです。ビーチでくつろぎ、カニア渓谷国立公園(Cania Gorge National Park)の深い熱帯雨林に抱かれていると眠っていた五感が呼び覚まされます。途中でロックハンプトンに1泊し、グレート・ケッペル島(Great Keppel Island)やキャプリコーン・ケーブス(Capricorn Caves)を訪ねます。

2週目:ウィットサンデー諸島、ケアンズ、グレート・バリア・リーフ
2週目:ウィットサンデー諸島、ケアンズ、グレート・バ

2週目:ウィットサンデー諸島、ケアンズ、グレート・バリア・リーフ

ケアンズからブリスベンまでは飛行機に乗っていくことができます。あるいはパシフィック・コースト・ツーリング・ルートを車で走って行くことも可能です。後者をとると、エアリービーチ(Airlie Beach)に行くことができます。ここからはウィットサンデー諸島のヤシの木のおい茂る74の島々をセーリングで巡る夢のようなクルージングに出かけることができます。サウス・モール島(South Molle Island)でブッシュウォーキングをしたり、ウィットサンデー島(Whitsunday Island)のホワイトヘブン・ビーチ(Whitehaven Beach)で真っ白な珪砂の砂浜を歩きましょう。タウンスビル(Townsville)近くのマグネティック島(Magnetic Island)でビーチ遊びを楽しみ、さらに北へ向かってオーストラリア最大の国立公園の島、ヒンチンブルック島まで足を延ばしてください。グレート・バリア・リーフの入口として人気の高いケアンズの街に到着したら、熱帯魚やサンゴ、さらには小型のミンククジラをお供にダイビングやシュノーケリングのレッスンを受けましょう。ケアンズからは観光列車に乗ってたくさんのチョウが舞い飛ぶ熱帯雨林の村、キュランダ(Kuranda)へ。帰りは熱帯雨林のはるか上を移動するスカイレールに乗って戻ります。さらに少し北にある世界遺産のデイントゥリー・レインフォレストで、トレッキングを楽しむのもお薦めです。4WDに乗ってケープ・トリビュレーション(Cape Tribulation)までドライブするもよし、ケアンズの南でブッシュウォーキングをして、ミッション・ビーチ(Mission Beach)の近くで滝を見るのもいいでしょう。もっと冒険がしたい方は、ケアンズの南1時間のところにあるタリー・リバー(Tully River)か、バロン渓谷国立公園(Barron Gorge National Park)内を流れるバロン川で、豪快なラフティングを楽しんでください。

3週目: ブリスベンからシドニー
3週目: ブリスベンからシドニー

3週目: ブリスベンからシドニー

シドニーまで飛行機で直接行くか、パシフィック・コースト・ツーリング・ルートをバイロン・ベイ(Byron Bay)経由で走ります。熱帯雨林の中のリゾートで自然回帰に目覚めたり、オーストラリアでいちばん早く灯台をピンク色に染めて昇る朝日を眺めてください。シドニーではザ・ロックス(The Rocks)の石畳の小道を歩き、マッコーリー・ストリート(Macquarie Street)沿いの博物館を訪ねましょう。植物園を散歩し、シドニー・ハーバー・ブリッジ(Sydney Harbour Bridge)やオペラ・ハウス(Opera House)を眺めます。フェリーに乗ってマンリー(Manly)やワトソンズ・ベイ(Watsons Bay)にも行ってみてください。ボンダイ・ビーチでサーフィンのレッスンを受けたり、クージー(Coogee)の穏やかな海で泳いだり、北にあるパーム・ビーチ(Palm Beach)にも行ってみてはどうでしょう。ダーリング・ハーバー(Darling Harbour)、パディントン(Paddington)、サリー・ヒルズ(サリー・ヒルズ)、ポッツ・ポイント(Darling Harbour)などの中心街でワインや食事、ショッピングを楽しんでください。シドニー郊外に位置する世界遺産ブルー・マウンテンズでブッシュウォーキングを楽しんだり、ひそやかな山の村で一夜を過ごすこともできます。シドニー北部にあるホークスベリー川(Hawkesbury River)まで遊びに行ったり、セントラル・コースト(Central Coast)のビーチでサーフィンを楽しんだりすることもできます。また、ワインの産地ハンター・バレー(Hunter Valley)にある120軒ものワイナリーを訪ねたり、ポート・スティーブンス(Port Stephens)でイルカと一緒に泳ぐのもお勧めです。シドニー南部ではロイヤル・ナショナル・パーク(Royal National Park=王立国立公園)でキャンプをしたり、ジャービス・ベイ(Jervis Bay)でシュノーケリングをしたりすることもできます。

ブリスベンから行く3週間の旅

シドニー早わかり

 

その他の観光情報