ケアンズから行く3週間の旅

ブラソフ・ケイ(Vlassof Cay)、グレート・バリア・リーフ(Great Barrier Reef)、クイーンズランド州。 © Tourism Queensland

ケアンズから行く3週間の旅

ケアンズからは、クイーンズランド州北部トロピカル・ノースにある多数の島々や熱帯雨林、サンゴ礁に出かけることができます。グレート・バリア・リーフ(Great Barrier Reef)でダイビングやシュノーケリングを楽しみ、熱帯雨林の町キュランダ(Kuranda)で、青く輝く蝶ユリシーズを探してみてください。世界遺産のデイントゥリー・レインフォレスト(Daintree Rainforest)をトレッキングしたり、ケープ・トリビュレーション(Cape Tribulation)まで4WDでドライブしたり、タリー・リバー(Tully River)の急流でラフティングを楽しんだりしましょう。サバンナ・ウェイ(Savannah Way)をドライブしてノーザン・テリトリーとの州境を越えてアウトバックの町キャサリン(Katherine)まで行き、キャサリン渓谷の砂岩でできた壮大な崖のあいだを縫うように走ってください。あるいはアリス・スプリングスまで飛んでウルル・カタジュタ国立公園(Uluru- Kata Tjuta National Park)や西マクドネル山脈(West MacDonnell Ranges)の渓谷など、レッド・センター(内陸部)のため息の出るような見どころを1週間かけてたっぷりと探索するのもいいでしょう。

1週目:ケアンズとクイーンズランド州トロピカル・ノース
1週目:ケアンズとクイーンズランド州トロピカル・ノー

1週目:ケアンズとクイーンズランド州トロピカル・ノース

自転車や徒歩、ローラーブレードでケアンズのメインストリートのひとつ海沿いのエスプラネード(Cairns Esplanade)を見て回ってから、巨大な人工ラグーンで泳ぎましょう。世界遺産グレート・バリア・リーフでの体験には2日かけてください。サンゴ礁の島や岩礁のあいだを熱帯魚や、時には小型のミンククジラといっしょにシュノーケリングを楽しみます。あるいはダイビングの講習を受け、深海ダイビングで水中トンネルや洞窟を発見してみましょうか。ロウ・アイルズ(Low Isles)でセーリングを楽しむか、グリーン島(Green island)やフィッツロイ島(Fitzroy island)への日帰り旅行を楽しみましょう。また、ケアンズから観光列車に乗って熱帯雨林の町キュランダに行き、帰りはスカイレールで戻りましょう。さらに北上すると、オーストラリア最大の熱帯雨林で、地球上で最も多様な動植物が生息している世界遺産のデイントゥリー・レインフォレスト(Daintree Rainforest)をトレッキングすることができます。古代の原生植物、イリエワニ、鮮やかなチョウ、ニオイネズミカンガルーなどを探してみてください。壮大な景観を誇るモスマン渓谷(Mossman Gorge)までの日帰り旅行もおすすめです。この地域に住むアボリジニ、クク・ヤランジ族(Kuku Yalanji)のガイドで、アボリジニの文化を学習後、引き続きケープ・トリビュレーションへと向かうことができます。ケアンズの南では、ミッション・ビーチ(Mission Beach)近くの滝までのブッシュウォーキングを楽しんでください。本物の冒険をしたい方は、タリー・リバーか、バロン渓谷国立公園内を流れるバロン川でホワイトウォーター・ラフティングを楽しみましょう。  ケアンズやパーム・コーブ(Palm Cove)、ポート・ダグラス(Port Douglas)、デイントゥリー(Daintree)などで一泊します。

2週目:ケアンズからサバンナ・ウェイ、キャサリン渓谷、ダーウィン
2週目:ケアンズからサバンナ・ウェイ、キャサリン渓谷

2週目:ケアンズからサバンナ・ウェイ、キャサリン渓谷、ダーウィン

ケアンズを起点にして一風変わったドライブを楽しむなら、レンタカーを借りて荷物を積み込み、サバンナ・ウェイに向かいましょう。ここからトロピカル・テーブルランド(Tropical Tablelands)を通リ抜けてノーザン・テリトリーにあるキャサリンまで行くことができます。マリーバ(Mareeba)周辺の緑豊かな田舎道を探索し、アサートン(Atherton)の築百年近い中国寺院を訪れ、州内で標高が一番高い町、ラベンズホー(Ravenshoe)で一夜を過ごしましょう。オーストラリアでもっとも幅の広い滝、ミルストリーム・フォールズ(Millstream Falls)の雄大さに感動し、世界最長の溶岩地層を持つウンダラ火山国立公園(Undara Volcanic National Park)の洞窟ではその迫力に我を忘れそうになるはずです。古い金鉱の町、クロイドン(Croydon)やジョージタウン(Georgetown)の廃坑で金を探したり、バラマンディを釣りにノーマントン(Normanton)に行くのもいいでしょう。ノーザン・テリトリーの僻地にある村を通ってキャサリンに到着。キャサリンでは太古の昔から変わらないキャサリン渓谷の断崖の間をカヌーや船で下ることができます。もし、この壮大なドライブ・コースに自信がない方は、ダーウィンまで飛行機で行き、ダーウィン周辺の観光地を探索して1週間を過ごすこともできます。ダーウィンのトロピカルな気候を楽しみながら、数々の屋外フェスティバルやマーケットで各国の文化や食べ物をたっぷりと味わってください。ダーウィン郊外のリッチフィールド国立公園(Litchfield National Park)では滝を見ながらトレッキングをしたり、泉に飛び込んだりと大自然の中で遊べます。もちろん、世界遺産カカドゥ国立公園(Kakadu National Park)も見逃せません。野生動物や湿地帯、アボリジニのロック・アートなどが織りなす一大ネイチャースポットというべき場所です。

3週目:ケアンズからレッド・センター
3週目:ケアンズからレッド・センター

3週目:ケアンズからレッド・センター

ケアンズを起点としてサンゴ礁から岩だらけの大地まで旅するコースは、とても人気があります。ケアンズから飛行機でアリス・スプリングスへ行き、オーストラリアの内陸部レッド・センター迫力を心に刻みつけてください。アリス・スプリングスではトッド・モール(Todd Mall)を歩いてアボリジニのアートを見て回ったり、史跡巡りをして開拓時代の様子を学びましょう。バイクにまたがってシンプソンズ・ギャップ(Simpsons Gap)に行ったり、ラクダの背に揺られながらシンプソン砂漠を横切るのもおすすめです。西マクドネル山脈ではグレン・ヘレン渓谷(Glen Helen Gorge)で泳いだり、スタンドリー・キャズム(Standley Chasm)が日差しを浴びて燃えるような赤い岩肌に染まる様子を眺めてください。また、フィンケ渓谷国立公園(Finke Gorge National Park)にあるパーム・バレー(Palm Valley)の砂漠のオアシスを歩くのもよいでしょう。キングス・キャニオン(Kings Canyon)の断崖の周囲をトレッキングし、ワタルカ国立公園(Watarrka National Park)にあるロスト・シティー(Lost City)の風雨に刻まれたド-ムを眺めましょう。ラクダの背中やヘリコプター、バイクに乗ってウルルを見に行くのは一生に一度の思い出深い経験です。アナング族(Anangu)のガイドと一緒にふもとを巡りながら、ドリームタイムと呼ばれるアボリジニの世界観と、ウルルの創世神話に耳を傾けましょう。すぐ近くにあるバレー・オブ・ザ・ウィンズ・ウォーク(Valley of the Winds Walk=風の谷の小道)沿いには、ウルルと並ぶレッド・センターの象徴カタジュタ(Kata Tjuta)が。不可思議な赤褐色をしたドーム型の奇岩が印象的です。

ケアンズから行く3週間の旅

ケアンズから行く3週間の旅

 

その他の観光情報