レインフォレスト・ウェイ(Rainforest Way)

メイン・レンジ国立公園(Main Range National Park)、クイーンズランド州。 © Tourism Queensland

レインフォレスト・ウェイ(Rainforest Way)

650キロ、7日間のドライブ
ゴールド・コーストやバイロン・ベイの内陸部周辺をめぐるショートコースの景色のいいドライブで、世界遺産の多雨林や国立公園、くつろいだ雰囲気の町を探索しましょう。グレート・ディバイディング山脈( Great Dividing Range)のふもとの丘を歩いたり、ボーダー・ループ鉄道(Border Loop Train)がらせん状のループ線を登ってくる様子を観察することもできます。タンボリン山(Tamborine Mountain)に行く途中でラミントン国立公園(Lamington National Park)の緑濃い多雨林の中を歩くのもいいでしょう。グライダーに乗ってシーニック・リム(Scenic Rim)の山々や広大な農地の上空を滑空したり、そびえ立つウォーニング山(Mount Warning、別名ウーランビン)のふもと周辺を歩いてみてください。さらに、リズモア(Lismore)から壮大なミニヨン・フォールズ(Minyon Falls)までのドライブや、ボーダー・レンジス国立公園(Border Ranges National Park)の旧火山の外輪登山もお薦めです。

マランガニーとリッチモンド・レンジ
マランガニーとリッチモンド・レンジ

マランガニーとリッチモンド・レンジ

カジノ(Casino)というユニークな名前の町から車で西にあるマランガニー(Mallanganee)へ。途中、リッチモンド・レンジ(Richmond Range)の壮大な景観が眺められる見晴台で休憩しましょう。晴れた日には遠くにウォーニング山(Mt Warning、別名ウーランビン)の溶岩ドームが望めます。タバラン(Tabulam)の町を通り、クラレンス川(Clarence River)に架けられた南半球最長のトラス式の木造橋を渡り、北上してボナルボ(Bonalbo)の古い村を通ります。ここはリッチモンド・レンジ国立公園(Richmond Range National Park)の世界遺産に指定された原生多雨林へのアクセスポイントとして最適な町です。ケンブリッジ高原ピクニック場(Cambridge Plateau Picnic Area)周辺に生える希少種のスポッテッド・ガムの木を見ながらハイキングを楽しみましょう。  車に戻ったら北上を続け、ヤブラ州有林(Yabbra State Forest)の中を走り抜けます。釣りや4WDのドライブに人気の場所です。アーベンビル(Urbenville)ではウーデンボン(Woodenbong)の村からトゥールーム・フォールズ(Tooloom Falls)とトゥールーム国立公園(Tooloom National Park)までの周回道路を走ることができます。周辺にはアボリジニの古代遺跡があり、また、このあたりはオーストラリアで最も多種類のカンガルーが生息しています。

ライオンズ・ロード(Lions Road)
ライオンズ・ロード(Lions Road)

ライオンズ・ロード(Lions Road)

マクファーソン山脈(McPherson Ranges)の中を2つの州を縫うように進むこの道は、1971年にライオンズ・クラブの有志によって建設された道路です。起点はニュー・サウス・ウェールズ州にあるかわいらしい町、カイオグル(Kyogle)。この町はリッチモンド川のほとりにあり、周囲を多雨林に囲まれています。  ウィアンガリー(Wiangaree)の真北を走るライオンズ・ロードに向かい、世界遺産の多雨林に覆われたボーダー・レンジス国立公園(Border Ranges National Park)の中を曲がりながら進んでいきます。  ピナクル見晴台(Pinnacle Lookout)まで短い登山道を登ったら、ウォーニング山(Mt Warning、別名ウーランビン)やツイード・コースト(Tweed Coast)の景色を眺めましょう。さらにバー・マウンテン・ピクニック場(Bar Mountain Picnic Area)周辺に自生する南極ブナの木々のあいだを走り抜け、クイーンズランド州との州境に近いボーダー・ループ見晴台(Border Loop Lookout)へ。ここからは、ボーダー・ループ鉄道(Border Loop Railway)が絶妙に配置された螺旋状のループ線を通って、山を登ってくる様子が眺められます。何本もの滝が注ぎ込む深い谷をハイキングしたり、ポーチト・フロッグやアルバート・コトドリなどの固有動物を探したりしてみてください。   マウント・リンゼイ・ハイウェイ(Mt Lindesay Highway)の反対側には、マウント・バーニー国立公園(Mount Barney National Park)の険しい山々がそびえたちます。

タンボリン・サーキット(Tamborine Circuit)
タンボリン・サーキット(Tamborine Circuit)

タンボリン・サーキット(Tamborine Circuit)

クイーンズランド州ゴールド・コースト(Gold Coast)にあるネラン(Nerang)を出発し、南西にあるラミントン国立公園(Lamington National Park)に向かいます。  ビーチモンド(Beechmont)を過ぎ、一帯に無数の滝やウォーキング・コースがあるビナ・ブラ(Binna Burra)の多雨林の中を走ります。 あるいはカナングラ(Canungra)まで走り続け、そこからオレアリー(O’Reilly)のグリーン・マウンテン(Green Mountains section)を走る道に向かうルートもあります。高さ16メートルのツリー・トップ・ウォーク(Tree Top Walk)を楽しんだり、ツチボタルが生息する洞窟を見学したり、アトラクションのフライング・フォックスにぶらさがって多雨林の中を横切ることもできます。短時間ならゴールド・コースト・ヒンターランド・グレート・ウォーク(Gold Coast Hinterland Great Walk)の一部分だけを歩くことも、4日かけて全行程を踏破することも可能です。景色のよい道に戻ったら、タンボリン山(Tamborine Mountain)まで走りましょう。ワイナリーへ行ったり、ハンググライダーを楽しんだり、ギャラリー・ウォーク(Gallery Walk)を歩いてギャラリーやアンティーク・ショップを見てまわることができます。近くにあるタンボリン山国立公園(Mount Tamborine National Park)では、ピクニックやカモノハシ探し、ピカビーン・パーム( piccabeen palms)というヤシの木の茂るカーティス・フォールズ(Curtis Falls)までのウォーキングも楽しめます。

メイン・レンジ(Main Range)
メイン・レンジ(Main Range)

メイン・レンジ(Main Range)

まずはブリスベンとゴールド・コーストの両方から1時間足らずで行くことのできる内陸の町、ビューデザート(Beaudesert)から出発。西方向へ走り、シーニック・リム(Scenic Rim)の中央にあるブーナー(Boonah)に向かいましょう。グライダーに乗って山々や湖を眼下に眺めたり、周辺を自転車で走りながら美しい景色を楽しむことができます。ギャラリーやクラフトショップを見てまわったり、道端の販売所で新鮮な野菜を買ったり、昔の立派な建物を探してみるのもいいでしょう。マウント・フレンチ(Mt French)でのロック・クライミングや、ムーゲラー湖(Lake Moogerah)での釣りやセイリング、水上スキー、カヌーもお薦めです。いずれも町から西の方向にあります。広々とした農地や多雨林の中を南下し、トゥーウーナ山(Mt Toowoona)周辺で休憩してブッシュウォーキングを楽しんだり、カーズ見晴台(Carrs Lookout)から川の景色を眺めたり、テビオット・フォールズ(Teviot Falls)やクイーン・マリー・フォールズ(Queen Mary Falls)に行ってみてください。さらにダグズ・フォールズ(Daggs Falls )やブラウンズ・フォールズ(Browns Falls)を過ぎ、キラニー(Killarney)やレギュム(Legume)を通り、そこから東に向かってウーデンボン(Woodenbong)に向かいます。景色を楽しむために、南にあるトゥールーム・フォールズ(Tooloom Falls)やアーベンビル(Urbenville)まで寄り道をするのもいいでしょう。そこから引き続きビューデザート(Beaudesert)方面へ戻り、途中で休憩したらマウント・バーニー国立公園(Mt Barney National Park)にあるロワー・ポータルズ(Lower Portals)でハイキングを楽しんでください。

マウント・ウォーニング・ビュー・サーキット(Mount Warning View Circuit)
マウント・ウォーニング・ビュー・サーキット(Mount Warning View Circuit)

マウント・ウォーニング・ビュー・サーキット(Mount Warning View Circuit)

アール・デコ建築の町マーウィランバー(Murwillumbah)を出発し、ウォーニング山国立公園(Mt Warning National Park)に向かいます。ウォーニング山(ウーランビン)の麓をめぐるライアーバード・トラック(Lyrebird Track)を歩いてみてください。また、インフォメーション・センターに行って、この山のはるか昔の火山活動や、最近の多雨林保護運動について学んでください。ウキ(Uki)という古い村では、落ち着いた雰囲気のカフェでランチをとったり、絵画や工芸品を売る店を見てまわったりすることもできます。再び車を走らせたら、メビン国立公園(Mebbin National Park)へ。この公園の中にあるバイリル・クリーク(Byrill Creek)の遊歩道を歩くと、イチジクの木の木立を見ることができます。ティアルガム(Tyalgum)で休憩するか、さらに西に向かい、ボーダー・レンジス国立公園(Border Ranges National Park)にあるウーランビン・クレーター(Wollumbin Crater)の外輪山に登ってみてください。チリンガム(Chillingham)の橋のところで北に向かい、スプリングブルック国立公園(Springbrook National Park)の滝や木々の生い茂る多雨林、見晴台からのすばらしい景色を堪能しましょう。さらにナチュラル・ブリッジ(Natural Bridge)に行くと玄武岩でできた洞窟があり、昼は岩棚から流れ落ちる滝が、夜には群生するツチボタルがキラキラと光るのが眺められます。最後はチリンガムを通ってマーウィランバーまで戻ります。

ミニヨン・フォールズ
ミニヨン・フォールズ

ミニヨン・フォールズ

まずリズモア(Lismore)の町中や周辺にあるギャラリー、劇場、パフォーミング・アート施設を見てまわります。その後ベクスヒル(Bexhill)を通って北上し、美しい市松模様に広がる農地や森の中を走り、ローズバンク(Rosebank)の小さな村に向かいます。さらにナイトキャップ国立公園(Nightcap National Park)を通ってミニヨン・フォールズ(Minyon Falls)まで行きましょう。ヤシの木の茂る深い谷に向かって流れ落ちる、落差100メートル以上の大瀑布です。谷を下るにしたがって、周囲のユーカリの木々が次第に亜熱帯多雨林へと変わっていく様を体感することもできます。長さ30キロのウィアン・ウィアン観光道路(Whian Whian Scenic Drive)を走り、巨大な木性シダやブラックビーンの木々の中にコアラを探してみましょう。ひと休みしてラムゼイ・パーク(Rummery Park)でキャンプをするか、ロッキー・クリーク(Rocky Creek)のカモノハシ生息地の近くにあるドロービー(Dorroughby)やダヌーン(Dunoon)まで北上してみてください。ザ・シャノン(The Channon)という趣のある村で休憩し、1970年代以来オーストラリアのカウンター・カルチャーの中心地となった感のあるニンビン(Nimbin)の町を通ります。ニンビン・ロックス(Nimbin Rocks)で一帯に残る古代の火山活動の跡を見学したら、プロテスターズ・フォールズ(Protestors Falls)まで徒歩で。バンガロー・パームの木々の下を流れるテラニア・クリーク(Terania Creek)に向かって流れ落ちる滝が圧巻です。

ツイード・レンジ・シーニック・ドライブ(Tweed Range Scenic Drive)
ツイード・レンジ・シーニック・ドライブ(Tweed Range Scenic Drive)

ツイード・レンジ・シーニック・ドライブ(Tweed Range Scenic Drive)

カイオグル(Kyogle)から北上し、ウィアンガリー(Wiangaree)を通って世界遺産ボーダー・レンジス国立公園(Border Ranges National Park)の多雨林に向かいます。
 道は舗装されていませんが、乾期なら4WDでなくても走ることができます。シープ・ステーション・キャンプ場(Sheep Station Creek Camping Area)からは出ているたくさんのウォーキング・コースや、ブリンドル・クリーク(Brindle Creek)から出ている3本のコースのどれかを歩いてみてください。  短いレッド・シダー・ループ(Red Cedar Loop)の周遊コースで樹齢1,000年に達するといわれているレッド・シダーの木と遭遇、  カルデラ中の最高地点、バー・マウンテン・ピクニック場(Bar Mountain Picnic Area)までハイキングを楽しんでみてもいいでしょう。南極ブナの木という意味のアンタークティック・ビーチ(Antarctic Beech)というピクニック場からは、失われた恐竜時代の風景のようなロスト・ワールド原生地(Lost World Wilderness)を望むこともできます。ピナクル見晴台(Pinnacle Lookout)までの短時間の登山もはずせません。カルデラの外輪山の標高919メートルの尾根上にあります。  ウォーニング山(ウーランビン)やエメラルド色のモザイクのように広がる農地や多雨林の望み、あまりの美しさに時がたつのを忘れてしまうでしょう。帰りは公園の南口を、マーウィランバー-カイオグル・ロード(Murwillumbah-Kyogle Road)方面に向かって進みます。

レインフォレスト・ウェイ

レインフォレスト・ウェイ

 

その他の観光情報