へイゼン・トレイル(Heysen Trail)、南オーストラリア州

タンカリラ・ビーチ(Tunkalilla Beach)、フルリオ半島(Fleurieu Peninsula)、南オーストラリア州。 © SATC & Peter Fisher

へイゼン・トレイル(Heysen Trail)、南オーストラリア州

1,200キロ、全行程50日~60日、日帰り・要宿泊コースから選択可
1,200キロのへイゼン・トレイルを、フルリオ半島(Fleurieu Peninsula)にあるケープ・ジャービス(Cape Jervis)からパラチルナ(Parachilna)の山の町まで踏破しましょう。あるいは変化に富んだ海岸線や農地、森林、絵のように美しい町、ブドウの木が並ぶ渓谷、険しい山岳地帯から選んで、日帰りコースと複数日徒歩コースを組み合わせてください。このコースはまるで箱詰めの高級チョコレートのように、南オーストラリア州最高の美観をさまざまに組み合わせることができます。ディープ・クリーク保護公園(Deep Creek Conservation Park)の滝のすぐそばまで歩き、歴史あるドイツ人の村ハーンドルフ(Hahndorf)を観光しましょう。世界的に有名なバロッサ・バレー(Barossa Valley)でワインを試飲し、かなたに広がる放牧地で開拓者の暮らしを偲びましょう。数千年前の化石やドリームタイムから続くアボリジニのロックアートがあるフリンダース山脈(Flinders Ranges)にも向かいましょう。リマーカブル山(Mt Remarkable)を徒歩で越え、神々しい太古のクレーター、ウィルピナ・パウンド(Wilpena Pound)の端まで足を延ばします。コースに沿って散在するキャンプ場や簡易宿泊所、避難小屋あるいはいずれかの町で泊まりましょう。

行程1:コース南部-フルリオ半島からマウント・ロフティ山脈(Mt Lofty Ranges)

行程1:コース南部-フルリオ半島からマウント・ロフティ山脈(Mt Lofty Ranges)

フルリオ半島の先端付近にあるケープ・ジャービス(Cape Jervis)から曲り道を進み、険しい断崖が南の海(Southern Ocean)に切り立つディープ・クリーク保護公園(Deep Creek Conservation Park)に向かいましょう。とても厳しく、インスピレーション豊かなウォーキング・コースです。ディープクリーク・ウォーターフォール(Deep Creek Waterfall)まで歩き、ボート・ハーバー・ビーチ(Boat Harbor Beach)からスイミングやシュノーケルに出かけたり、高いストリングバークの木々の下でピクニックをしてみましょう。保護公園を出てタンカリラ・ビーチ(Tunkalilla Beach)の野生的な海岸線に沿い、泡を立てて流れる川を渡って断崖を登り降りします。ニューランド・ヘッド保護公園(Newland Head Conservation Park)ではパーソンズ(Parsons)とウェイトピンガ・ビーチ(Parsons and Waitpinga Beache)で、釣りやサーフィンを楽しむことができます。カンガルー、ハリモグラ、さらに小さなブルーレンやオナガイヌワシなど、数百種にのぼる鳥類を探しましょう。春には色とりどりのワイルドフラワーを、冬にはクジラ、アザラシ、ウミワシ類が見られます。岩の上のいちばん景色がよく見える場所に立ち、ウェイトピンガ・クリーク(Waitpinga Creek)、エンカウンター・ベイ(Encounter Bay)、カンガルー島(Kangaroo Island)の眺望を楽しみましょう。キングズ・ビーチ(Kings Beach)からコースは北に向かい、自然保護区やゆるやかな起伏の続く丘陵地、森、農地を通って進みます。インマン・バレー(Inman Valley)で5億年前のグレイシャー・ロック(Glacier Rock)を見物するために休憩し、その後マイポンガ自然保護公園(Myponga Conservation Park)の険しい斜面を登りましょう。丘の上からは谷と山の景観を真正面に見下ろすことができます。コンパス山(Mount Compass)の食品集散地を通り、マグニフィセント山(Mount Magnificent)の頂に登ってさらに素晴らしい眺めを楽しみましょう。松とユーカリの森を進んでマウント・ロフティ山脈の端にあるアデレード丘陵(Adelaide Hills)に進みます。ババリア様式のシャトーに泊まり、歴史あるドイツ人の村ハーンドルフで画家ハンス・へイゼン卿の家を訪れまてください。木々の中に居るコアラやナナクサインコを見たり、マウント・ロフティ(Mount Lofty)の麓にある植物園でシャクナゲやツバキの中を歩いたりましょう。

行程2:コース中北部-マウント・ロフティからフリンダース山脈

行程2:コース中北部-マウント・ロフティからフリンダース山脈

マウント・クロフォード(Mount Crawford)の鬱蒼と茂った松やユーカリの森を通って下るにつれて、アンデルセンのおとぎ話の世界に居るような気になることでしょう。ここは州内最低の気温を記録することが多く、冬には葉に雪がついて凍ります。カイザーシュトゥール自然保護公園(Kaiserstuhl Conservation Park)を歩き回ると北にバロッサ・バレーが、南には遠くにセント・ビンセント湾(Gulf St Vincent)が見えます。雑木林、森、草地にはカンガルーが生息しており、また固有の鳥たちがありとあらゆる声を聞かせてくれます。コースはここからタヌンダ(Tanunda)の大通りを下ります。タヌンダは60ヵ所におよぶバロッサ・バレーの醸造所を訪ねるための拠点でもあります。ワールドクラスのワイナリーを見学し、食べ物とワインを求めて歩きましょう。多数あるスタジオの一つでワインマスターのクラスに出席し、職人の技を見学してみましょう。近くの史蹟の村ガウラ(Gawler)で石造りの教会や画廊、博物館を見たり、リンドッホ(Lyndoch)のドイツパンを焼くベーカリーでストルーデルを試食しましょう。コースに戻り、南オーストラリア州内初の銅山の町、カプンダ(Kapunda)に向かいます。さらに北方のブラ(Burra)まで行くと、「モンスター鉱山」なるものを見学できます。マーケット・スクエア(Market Square)で、昔の鉱山技術に関する展示物も見学しましょう。ここから先は、起伏に富んだ緑の丘陵は乾燥したユーカリの大地や初期の入植者の旧跡に取って代わられます。マウント・ブライアン・イースト・パス(Mt Bryan East Pass)で花に覆われた石造の建物の廃墟を見学したあと、1860年に牧羊者が構築した長さ65キロのハイ・リバー(High River)の堤を越えてみましょう。トゥリリー渓谷(Tourilie Gorge)に沿って遠いマレーまで初期の農民の道を通って歩いていくこともできます。史跡に指定されている鉄道橋を歩いて渡り、スポールディング(Spalding)でマス釣りをしましょう。そのあとクリスタル・ブルック(Crystal Brook)まで行ってください。ここの砂岩の絶壁はフリンダース山脈への旅の出発地点です。

行程3:コース北部-南フリンダース山脈(South Flinders Ranges)からパラチリナ渓谷(Parachlina Gorge)

行程3:コース北部-南フリンダース山脈(South Flinders Ranges)からパラチリナ渓谷(Parachlina Gorge)

歴史ある町、メルローズ(Melrose)を歩いて通り抜けると、コース北部にある南フリンダース山脈に向かうなだらかで景色のよい登り道が始まります。3月から11月まではランや色とりどりのワイルドフラワーが路傍を飾っています。エミュー、大型のカンガルー、ワライカワセミ、キバタン、モモイロインコは一年中見ることができます。リマーカブル山国立公園(Mt Remarkable National Park)のアリゲーター渓谷(Alligator Gorge)は見逃せません。ここの珪岩の岩肌はアリゲーターの皮に似ています。北へ少し歩くと、化石の散らばる湖岸に出ます。また南に歩くと、コケが点在する赤っぽい色をした峡谷を通ります。コースに戻り、ブラウン山(Mount Brown)を徒歩で越え、ダッチマンズ・スターン断崖(Dutchman’s Stern bluff)を過ぎ、ピッチ・リッチ(Pichi Richi)を通って歴史あるクォム(Quorn)の町に出ます。ポート・オーガスタ(Port Augusta)まで行くピッチ・リッチ鉄道(Pichi Richi Railway)に乗って、旅を終わりにするのもよいでしょう。あるいはさらに進み、ウォレン渓谷(Warren Gorge)を通ってケンヤカ・ホームステッド(Kanyaka Homestead)跡まで歩きます。ケンヤカ・ホームステッドでアボリジニの芸術を見て回り、アーデン山(Mount Arden)に登って壮大な景色を眺めましょう。バッカリンガ渓谷(Buckaringa Gorge)を見たあと、アウトバックへの旅の拠点、ホーカー(Hawker)に到着します。コースはここから数百万年にわたる侵食を受けてできた、雄大で荘厳なウィルピナ・パウンド(Wilpena Pound)へと進みます。セント・メリーズ(St Marys)周辺まで歩いたら、この山とオールセン・バッグ山(Mt Ohlssen Bagge)の頂上に登って、ゴツゴツとしたクレーターの中の農家の廃墟を眺めましょう。近くのアーカルー・ロック(Arkaroo Rock)も訪れてみてください。アドニャマサンハ族(Adnyamathanha)アボリジニの創世記を描いたロックアートがあります。そのあとコースにしたがって草ひとつ生えていない風景の中に松林が点在するABC山脈(ABC Range)とへイゼン山脈(Heysen Range)を進みます。回り道をしてブラチナ渓谷(Brachina Gorge)で昔の川床の化石を見るか、あるいはコースをまっすぐに進み、アルーナ・バレー(Aroona Valley)にあるかつての牧場の廃墟を見ます。ここはコースが陽光に焼かれた荒れ野を進み、アンゴリチナ・ツーリスト・ビレッジ(Angorichina Tourist Village)に着くまで、フリンダース山脈国立公園(Flinders Ranges National Park)の中で休憩のできる最後の場所です。パラチルナ渓谷(Parachilna Gorge)の上まで続く険しい登り道に入る前に休憩をとるには、ぴったりの場所でしょう。

へイゼン・トレイル(Heysen Trail)の概要

へイゼン・トレイル(Heysen Trail)の概要

ベスト・シーズン :
このコースは野火の危険のある11月1日頃から4月末頃まで立ち入りが禁止されています。いちばんおすすめの時期は雨の少ない5月、9月、10月です。

最も近い主要都市 :
アデレード

詳細はこちら:
歩く準備をされる方は、西オーストラリア州環境史跡局(South Australian Department for Environment and Heritage)ホームページをご覧ください。

 

その他の観光情報