シドニーのグレート・コースタル・ウォーク、バレンジョイから王立国立公園まで

バレンジョイ・ヘッドランド(Barrenjoey Headland)、パーム・ビーチ(Palm Beach)、ニュー・サウス・ウェールズ州。 © Destination NSW & Hamilton Lund

シドニーのグレート・コースタル・ウォーク、バレンジョイから王立国立公園まで

94キロ、8日間、または短時間日帰りコース

他の場所では決して味わえない1週間の冒険旅行で、湾の北にあるバレンジョイ( Barrenjoey)から南にあるクロヌラ( Cronulla)まで、シドニーの海岸を余すところなく歩き尽くしましょう。どちらを起点にしても構いません、お好みに合わせて一部分を選ぶことだってできます。日帰りで歩ける景色のいいコースだけや、メインコースからひとめぐりできる周回コースを歩くことも可能です。また、途中で公共の交通手段を使うことも、端から端まで残らず歩きとおすこともできます。 コースは目もくらむような岬や砂岩の崖、まぶしく光るビーチ、波静かな入り江、青々としたラグーン、奥深いブッシュなどを通り、シドニー郊外のビーチとビーチを結んで続いています。 沿道には先住民族アボリジニが暮らしていた頃や、植民地時代の記憶を残すモニュメントが点在し、シドニーの歴史をしのばせてくれます。北にあるボウディ国立公園(Bouddi National Park)やブリスベン・ウォーター国立公園(Brisbane Water  National Park)と、南にある王立国立公園(Royal National Park)を結ぶフェリーによるアクセスもあります。

10.4.1_Sydneys_great_coastal_walk_hl1
バレンジョイからアバロン

1日目:バレンジョイからアバロン

長さ13キロのウォーキング・コースはバレンジョイ・ビーチ(Barrenjoey Beach)を出発し、岩におおわれた岬や見渡す限り誰もいない波静かなビーチを縫うように続きます。バレンジョイ・ヘッドランド(Barrenjoey Headland)に登って1881年に建てられた灯台まで行き、ピットウォーター(Pittwater)や太平洋のすばらしい眺望を楽しみながら休憩しましょう。 背後にはブロークン・ベイ(Broken Bay)や、クーリンガイ・チェース国立公園(Ku-ring-gai Chase National Park)の深い森が横たわり、眼前にはシドニー北郊のビーチがキラキラと輝いています。そのあとシドニーっ子お気に入りの保養地、パーム・ビーチ(Palm Beach)に向かいましょう。人気テレビ番組「ホーム・アンド・アウェイ」で有名になった「サマー・ベイ・サーフ・クラブ」に立ち寄ってみてください。ここにいる日焼けした若者たちは俳優ではありませんが、負けず劣らずのカッコよさを持ったノース・パーム・ビーチ(North Palm Beach)の本物のライフセ-バーたちです。 岩のくぼみに水を張ったプールでひと泳ぎしたあと、マッカイ保護区(McKay Reserve)のブッシュの中を歩いて岬を登り、ホエール・ビーチ(Whale Beach)の方へ行きましょう。さらにシドニーのノース・コーストでいちばん標高の高いバンガレー・ヘッド(Bangalley Head)を越え、アバロン・ビーチ(Avalon Beach)に向かいます。ここのB&Bやコンドミニアム、ビーチ・キャビンに泊まるか、シドニー行きの急行バスで市内に戻ることも簡単です。

10.4.1_Sydneys_great_coastal_walk_hl2
アバロン・ビーチからナラビーン・レイクス

2日目:アバロン・ビーチからナラビーン・レイクス

この13キロのセクションでは、隠れ家のような波静かなビーチと、目もくらむような大海原の景色が楽しめます。アバロン・ビーチ・サーフ・ライフセービング・クラブ(Avalon Beach Surf Lifesaving Club)をあとにして、ビルゴラ・ヘッズ(Bilgola Head)を越え、ビルゴラ・ビーチ(Bilgola Beach)まで歩きます。この小さなビーチには他に誰もいないかもしれません。  波は海水浴やボディー・サーフィンを楽しむのにうってつけで、ビーチの北の端ではサーフィンも可能です。  ここから南側の高台をまわってニューポート・ビーチ(Newport Beach)まで行くと、中世の古城のような姿をしたバンガン城(Bungan Castle)の塔が海を見下ろすようにそびえ立っています。  バンガン・ビーチ(Bungan Beach)は周囲を小高い丘に囲まれていて、遊歩道を歩く以外に行く方法がなく、知っているのは本当に地元の人だけです。  さらに歩いていくと、すばらしい眺望のモナ・ヴェール・ヘッドランド(Mona Vale Headland)があり、それを越えると、ボンジン・ボンジン(Bongin Bongin)、モナ・ヴェール( Mona Vale)、ウォリーウッド(Warriewood )などのビーチへと続きます。  テュリメッタ・ヘッド(Turimetta Head)からは、はるか彼方のセントラル・コーストが見渡せます。 道はゆるやかに曲がりながらナラビーン・ヘッズ(Narrabeen Head)へ。さらにナラビーン・ラグーン(Narrabeen lagoon)の脇を抜け、ナラビーン(Narrabeen)の中心街に入って行きます。ここにはレストランや宿泊施設があり、帰るための交通手段も確保できます。

10.4.1_Sydneys_great_coastal_walk_hl3
ナラビーン・レイクスからマンリー

3日目:ナラビーン・レイクスからマンリー

この12キロのコースは岬の突端を越え、いつ果てるとも知れないビーチと4つのラグーンを通ります。  ナラビーン・ビーチ(Narrabeen beache)とコラロイ・ビーチ(Collaroy  beache)を過ぎると道は北へ回り込んでいきます。このふたつのビーチはシドニー湾の北側では最も長いビーチを形成しています。 ロング・リーフの突端からはロング・リーフ・ビーチ(Long Reef beache)とディー・ホワイ・ビーチ(Dee Why  beache)に沿った海岸沿いのルートを進むか、ディー・ホワイ・ラグーン(Dee Why Lagoon)の砂丘を突っ切って進みます。人の少ないディー・ホワイ・ビーチでは、地元のサーファーと一緒に時間をかけてサーフィンを楽しんだり、オリンピックサイズの海水プールで泳いだりすることができます。  さらにディー・ホワイ・ヘッド(Dee Why Head)に沿った崖上の景色のよい道を歩いてから、カール・カール・ビーチ(Curl Curl Beach)やフレッシュウォーター・ビーチ(Freshwater Beach)に下りていきましょう。道は岬を越え、ノース・ステイン(North Steyne)、さらにマンリー(Manly)まで続いています。マンリーからはサーキュラー・キー(Circular Quay)行きのフェリーに乗って帰ることもできますし、一泊してビーチのくつろいだ雰囲気を楽しむこともできます。ナラビーン・レイクス(Narrabeen Lakes)、カール・カール、マンリー(Manly)の両ラグーンの外周、マンリー・ダム保護区(Manly Dam Reserve)の草原など。景色のよい道を歩けば、さらに楽しむことができます。

10.4.1_Sydneys_great_coastal_walk_hl4
4日目:マンリーからノース・ヘッド

4日目:マンリーからノース・ヘッド

この壮観な11キロのコースはマンリーのビーチ群を通って、シドニー湾の湾口にある雄大な砂岩の半島、ノース・ヘッド(North Head)まで続いています。コルソ(Corso)を下ってマンリー・ビーチやフェアリー・バウアー(Fairy Bower)、シェリー・ビーチ(Shelley Beach)まで行ってから、シドニー・ハーバー国立公園(Sydney Harbour National Park)を通って北上しましょう。すると道はノース・ヘッド・サンクチュアリ(North Head Sanctuary)を通り過ぎます。ここはかつて砲術学校と史跡に指定された旧検疫局(Quarantine Station)があった場所です。さらに進むとノース・フォート砲術博物館(North Fort Artillery Museum)があります。ここでは、2世紀におよぶ砲術の歴史を見学し、地下トンネルツアーに参加することができます。道はかつてガヤマイガル族というアボリジニが暮らしていた自然のままの半島、ノース・ヘッドをさらに進んでいきます。彼らの残した貝塚や線刻画を探したり、港や北側のビーチの美しい景色を眺めてみてください。マンリー湾(Manly Cove)の方へ下り、コリンズ・ビーチ(Collins Beach)を通ってマンリー・ワーフ(Manly Wharf)まで歩けばそこからサーキュラー・キー行きのフェリーが出ています。まだ元気が余っている方は、ブッシュの中を縫うように続く道をさらに10キロ歩き、クロンターフ(Clontarf)のビーチやフィッシャー・ベイ(Fisher Bay)を通ってスピット・ブリッジ(Spit Bridge)まで行ってみましょう。

10.4.1_Sydneys_great_coastal_walk_hl5
サーキュラー・キーからサウス・ヘッド

5日目:サーキュラー・キーからサウス・ヘッド

シドニー湾南東部の海岸をめぐる17キロの周回コースで、シドニーの代表的な見どころを見てまわることができます。1788年に初めて入植が行われた場所、サーキュラー・キーを出発し、まずは有名なシドニー・オペラハウスに向かいます。 ここでは 海辺の道を選び、木々の緑がまぶしい王立植物園を通って、ミセス・マッコーリー・ポイント(Mrs Macquarie Point)やウルムルー(Woolloomooloo)まで歩いてみましょう。あるいはマッコーリー・ストリート(Macquarie Street)の歴史にゆかりのある場所を訪ねながらドメイン(Domain)に向かうのもいいでしょう。ガーデン・アイランド(Garden Island)の海軍基地を横目に見ながら、ポッツ・ポイント(Potts Point)まで北上。ここは戦後、シドニーの自由な精神性を代表する町でもあります。エリザベス・ベイ(Elizabeth Bay)の大邸宅を訪れたり、ラッシュカッターズ・ベイ(Rushcutters Bay)で大型ヨットを見物したり、ダーリング・ポイント(Darling Point)の海辺の邸宅群を眺めながら散歩を楽しんでください。 高級住宅街の ダブル・ベイ(Double Bay)やローズ・ベイ(Rose Bay)を通り、湾内のすばらしい眺望が得られるボークルーズ(Vaucluse)まで歩いてみましょうか。ニールソン・パーク(Nielsen Park)やパースレイ・ベイ(Parsley Bay)でピクニックや水泳を楽しんだり、ワトソンズ・ベイ(Watsons Bay)でフィッシュ・アンド・チップスをほおばったり、サウス・ヘッドまで行く客船ファースト・フリート号が接岸することで有名なキャンプ・コーブ(Camp Cove)のエリアを散策しましょう。もう少し距離が短いコースがお好みなら、ドーバー・ハイツ(Dover Heights)かボンダイ(Bondi)へ。ラッシュカッターズ・ベイ(Rushcutters Bay)からはセンテニアル・パーク(Centennial Park)を通ってクロブリー(Clovelly)まで行く道もあります。

10.4.1_Sydneys_great_coastal_walk_hl6
6日目:サウス・ヘッドからクロブリー

6日目:サウス・ヘッドからクロブリー

8キロのコースを歩いて、大波が打ちよせる海にそびえ立つ砂岩の崖、古い海軍の建造物、人気の高いシドニー湾東部の海やビーチをめぐります。サウス・ヘッドを出発してオーストラリア海軍ワトソン基地(HMAS Watson military reserve)や、険しい岩山で有名なギャップ・ブラフ(Gap Bluff)を通って南下します。ここからは延々と続くシドニー湾南岸の櫛の歯のような崖線が眺められます。ここからフェリー が湾内を通過する様子を眺めるのも楽しいものです。また、5月から10月にかけては回遊中のクジラを見ることもあります。漁師小屋を眺めたり、半島一帯に点在する旧式のキャノン砲をのぞきこんだり、雄大なダイアモンド・ベイ(Diamond Bay)を通る木造の遊歩道を歩いたりしましょう。 道はドーバー・ハイツで海沿いからはずれ、ノース・ボンダイ(North Bondi)で再び海に出ます。 シドニーの代表的なビーチであるボンダイ・ビーチの大通りを散歩してから、タマラマ(Tamarama)や家族連れにぴったりのブロンテ(Bronte)に通じる人気の崖上のコースを進んでください。詩人のヘンリー・ローソンやドロセア・マッケラー、航空工学士ローレンス・ハーグレイヴが眠るウェイバリー墓地(Waverley Cemetery)の脇を、海沿いに歩きましょう。道はクロブリーののどかな入江が終点。ここか、あるいは隣のくつろいだ雰囲気の入江、ゴードンズ・ベイ(Gordons Bay)でシュノーケリングやダイビングを楽しみましょう。

10.4.1_Sydneys_great_coastal_walk_hl7
クロブリーからラ・ペローズ

7日目:クロブリーからラ・ペローズ

6~7時間かけて歩く17キロのコースですが、景色を十分に楽しむのならもう少し、余裕を見たほうがいいでしょう。公共交通機関を使えば短時間で行くこともできます。まずは、クロブリーの突端から静かなクージー(Coogee)に向かいます。ここは家族連れにもバックパッカーにも安心して過ごせる海辺の町です。外洋からの波の来ないルアライン・ベイ(Lurline Bay)を通り、ミストラル・ポイント(Mistral Point)まで歩きます。冬には絶好のホエールウォッチング・ポイントになる場所で、青い大海原を眺めるだけでも十分に楽しめます。 さらにいつも高い波が打ち寄せるマルーブラ・ビーチ(Maroubra Beach)を過ぎ、マラバー・ビーチ(Malabar Beach)を望むクロムウェル・パーク(Cromwell Park)で休憩して、ピクニック・ランチを楽しんではいかがでしょうか。 難破船SSマラバー号を見てから、第二次世界大戦時の海沿いの防衛拠点、リトル・ベイ(Little Bay)やフォート・バンクス(Fort Banks)を歩きます。さらにヘンリー・ヘッド(Henry Head)を過ぎると、ラ・ペローズ(La Perouse)に着きます。ここは先住民族アボリジニの住んでいた頃の物語が数多く語り伝えられる町で、フランスやイギリスから入植してきた人々の話もたくさん残っています。地元の博物館でそんな歴史を学んだり、ベア・アイランド(Bare Island)の古い要塞を探検したりするのもおすすめ。コースの次のセクションを歩くには、ここからカーネル(Kurnell)までタクシーで行くことになります。

10.4.1_Sydneys_great_coastal_walk_hl8
カーネルからクロヌラ

8日目:カーネルからクロヌラ

気持のよい13キロのコースを歩きながら、キャプテン・クックの来航からアボリジニの征服までシドニーの歴史を振り返ってみてください。オーストラリア入植のきっかけとなったクックズ・ランディング・プレイス(クック船長の上陸地点)から歩き始め、30カ所以上のアボリジニの史跡が点在するボタニー・ベイ国立公園(Botany Bay National Park)を通って進んでください。グウィアガル族、あるいはグーラワル族などと呼ばれたアボリジニの部族が残した岩肌の線画や彼らの埋葬地の跡、斧で削った跡などが残されています。1人でも行けますし、アボリジニのガイドの案内で行くツアーもあります。公園内のディスカバリー・センター(Discovery Centre)には、アボリジニの種族が初めてクック船長の配下の船員たちと遭遇した場面が再現され展示。インスクリプション・ポイント(Inscription Point)周辺をめぐるいくつかの周回路を歩くか、雄大なカーネル半島(Kurnell Peninsula)をまわってベイリー岬灯台(Cape Bailey Lighthouse)まで行き、景色を見ながらランチを楽しみましょう。荒々しい砂丘や波ひとつないラグーン、再生されたブッシュを越えて砂がまぶしく光るクロヌラ・ビーチまで歩きましょう。 道はここからガンナマッタ・ベイ・ワーフ(Gunnamatta Bay Wharf)へと続き、王立国立公園(Royal National Park)やフェデレーション・トラック(Federation Track)を通ってメルボルンまで続く海岸沿いに続いています。

その他の観光情報