メルボルンから行く3週間の旅

十二使徒、グレートオーシャンロード、ビクトリア州。 © Tourism Victoria

メルボルンから行く3週間の旅

オーストラリア大陸の南東部一帯を旅行して、メルボルンやホバート、アデレードのビーチ、ワイナリー、世界遺産の原生地をとことん楽しみましょう。メルボルンからは、フィリップ島(Phillip Island)で大自然の中で暮らす野生動物と出会ったり、ヤラ・バレー(Yarra Valley)ではワイナリーを訪ねたり、モーニントン半島(Mornington Peninsula)でゴルフコースをまわり、料理やワインを楽しんだりすることができます。タスマニア州都ホバートからは、秘境ともいうべき国立公園すべてを見てまわることもできます。タスマニアの島をめぐりながらフレシネ国立公園(Freycinet National Park)に立ち寄り、ベイ・オブ・ファイアー・ウォーク(Bay of Fires Walk)や、世界遺産クレイドル・マウンテン - セント・クレア湖国立公園(Cradle Mountain - Lake St. Clair National Park)にあるトレッキング・コースを歩きましょう。ビクトリア州都メルボルンからは、グレート・オーシャン・ロード(Great Ocean Road)を爽快にドライブ、アデレードまで行くこともできます。海に浮かぶ奇岩群「12人の使徒」を見物したり、途中でカヌーやカヤックを楽しんでから、オシャレなアデレードの街に向かいましょう。

1週目:メルボルンとその周辺
1週目:メルボルンとその周辺

1週目:メルボルンとその周辺

フェデレーション・スクエア(Federation Square)を訪ねたり、近くのサウスバンク(Southbank)から船に乗って、ヤラ川(Yarra River)を下ってください。市内に点在する路地裏探索もお薦めです。そのひとつ、ハードウェア・レーン(Hardware Lane)に行ってオープンエア・スタイルのレストランで食事をしたり、フリンダース・レーン(Flinders Lane)でジャズバーやワインバー、ブティックなどをのぞいてみましょう。メルボルン郊外の海辺の町セント・キルダ(St Kilda)では、エイクランド・ストリート(Ackland Street)でケーキをほおばったり、夕焼けを眺めながらプロムナードの散歩を楽しんでください。ショッピングなら好みにあわせて若者文化の発信地ブランズウィック・ストリート(Brunswick Street)や、高級ブランドが並ぶチャペル・ストリート(Chapel Street)へ。  王立植物園(Royal Botanic Gardens)の散歩や、シーズンならメルボルン・クリケット・グラウンド(Melbourne Cricket Ground)でのオーストラリアン・フットボール観戦もおすすめです。  フィリップ島へ行き、夕暮れ時、サマーランド・ビーチ(Summerland Beach)でフェアリー・ペンギンがよちよちと巣への行進をするのを眺めるのは大人気のアクティビティ。また、絵のような美しさのモーニントン半島(Mornington Peninsula)では、ソレント(Sorrento)でイルカと一緒に泳いだり、ポートシー(Portsea)に行き、海辺に並ぶ豪邸を眺めてみてはどうでしょうか。フリンダース(Flinders)ではサーフィンやゴルフを楽しみ、レッド・ヒル(Red Hill)では海の見渡せるワイナリーやフルーツ農園を散策してください。  ヤラ・バレーで有名ワイナリーを訪ね、蒸気機関車に乗って霧深い幻想的なダンデノン丘陵(Dandenong Ranges)を走り抜けるのもよいでしょう。

2週目:タスマニア
2週目:タスマニア

2週目:タスマニア

メルボルンから飛行機でホバートロンセストン(Launceston)まで行きます。あるいはフェリーに乗って船内で一泊しながら、デボンポートへ向かいましょう。タスマニア州都ホバートではまず、開拓時代の面影を残すサラマンカ・プレイス(Salamanca Place)を訪ねてみましょう。砂岩を使って建てられたジョージア王朝様式の建築物が立ち並ぶ様子や、毎週土曜日ににぎわいを見せる名物のサラマンカ・マーケットが見ものです。アウトドア派なら、ダーウェント川(Derwent River)でカヤックを楽しみ、あちらこちらに岩肌が顔を出すウェリントン山(Mount Wellington)に登って、すばらしい眺望を堪能してください。そして、車をレンタルしてタスマニアの南から北に向けて探索をスタートしましょう。フレシネ国立公園(Freycinet National Park)にあるワイングラス・ベイ(Wineglass Bay)の名前のとおりワインのグラスのように美しいカーブを描く入り江を眺めましょう。  セント・ヘレンズ(St Helens)での海水浴や、マウント・ウィリアム国立公園内に設けられたベイ・オブ・ファイアー・ウォーク(Bay of Fires Walk)のウォーキングもおすすめです。カタラクト渓谷(Cataract Gorge)からは、タスマニア第二の都市ロンセストンの町を見下ろし、デボンポートの海辺をサイクリングしましょう。世界遺産に登録された原生地、クレイドル・マウンテン - セント・クレア湖国立公園(Cradle Mountain - Lake St. Clair National Park)では、大自然に思いっきり癒されて下さい。ストラハン(Strahan)に泊ってゴードン川(Gordon River)をクルーズし、流れの激しいフランクリン川(Franklin River)でラフティングに挑戦するのもいいでしょう。  マウント・フィールド国立公園(Mount Field National Park)では奥にある滝を見学し、太古のシダで覆われた森の中を歩いてみて下さい。島の北へ抜けるか南へ戻るかは、お好みで。タスマニアはどちらの方向からまわっても島をめぐる楽しさは変わりません。

3週目:メルボルンからアデレード
3週目:メルボルンからアデレード

3週目:メルボルンからアデレード

ビクトリア州都メルボルンからは、景色のよいグレート・オーシャン・ロードを走り、南オーストラリア州都のアデレードまで5日間の爽快なドライブ旅行が楽しめます。ただし、途中の観光地に寄らずに行けば2日間で行くことも可能です。世界的に知られるサーフ・スポット、ベルズ・ビーチ(Bells Beach)を訪れたり、オトウェイ国立公園(Otway National Park)の滝をめぐるブッシュ・ウォーキングをしたり、海原に点在する奇岩、12人の使徒(Twelve Apostles)のドラマチックな姿を目に焼きつけてください。ローン(Lorne)、アポロ・ベイ(Apollo Bay)、ポート・フェアリー(Port Fairy)など海辺の町には気軽な宿泊施設も充実。あるいは、そこから内陸に向けて運転し、グランピアンズ(Grampians)に向かいましょう。グランピアンズ国立公園(Grampians National Park)は、野生動物やアボリジニのロック・アートに出会えるチャンスの多いところで、多数のウォーキング・コースが整います。宿泊は園内にある ホールズ・ギャップ(Halls Gap)で。アラパイル山(Mt Arapiles)でロック・クライミングを体験し、さらにドライブを続けます。  州境から南オーストラリア州に入ると内陸部にある世界トップクラスのワインの産地クーナワラ(Coonawarra)までの回り道をぜひ、お勧めします。ここには、世界遺産ナラコート洞窟(Naracoorte Caves)もあり、古代の有袋類の化石群を見学しすることができます。その後、キングストンでロブスターを堪能し、クーロン(Coorong)のゆるやかに入り組んだ川でカヌーを楽しんだりするのもいいでしょう。車をさらに走らせて気品にあふれたアデレードの街まで行くと、そこはビーチやなだらかな丘、バロッサ・バレーのワイナリーに囲まれたパラダイスです。ノース・テラス(North Terrace)の博物館や図書館を探訪したり、市内に点在する食通をうならせる「グルメ・ストリート」で一流の味を堪能、街のほぼ半分近くを占有する緑あふれる公園でピクニックを楽しんだりしましょう。ガーデン愛好家には 植物公園(Botanic Park)内のサイクリングや、ライミル公園(Rymill Park)のローズ・ガーデン散策もおすすめです。グレネルグ(Glenelg)でイルカと一緒に泳いだり、セーリングを楽しんだり、ヘンリー(Henley)でジェットスキーに挑戦するのも楽しいでしょう。

メルボルンから行く3週間の旅

メルボルンから行く3週間の旅

 

その他の観光情報