パースから行く3週間の旅

パースから行く3週間の旅

オーストラリア最西端の州都パースからアクティビティたっぷりの冒険心あふれた旅に出ましょう。この旅では、マーガレット・リバー(Margaret River)やニンガルー・リーフ(Ningaloo Reef)、ブルーム(Broome)、さらにはダーウィンやシドニーにまで行くことができます。まず、パースから南に向かえばマーガレット・リバーのワイナリー、インド洋の海とビーチ、森林、鍾乳洞などが待っています。途中、ダイビングで沈没船に潜ったり、ホエール・ウォッチングを楽しむこともできます。逆にパースから北へ向かうと、世界最大の環礁のひとつ、ニンガルー・リーフ(Ningaloo Reef)やブルームに行くことができます。インド洋に面したブルームでは夕暮れ時にラクダに乗ってケーブル・ビーチ(Cable Beach)の砂浜を歩くのがお薦め。そこから空路でダーウィンに向かえば、世界遺産カカドゥ国立公園(Kakadu National Park)はすぐそこです。ここが湿地帯や野生動物、古代のアボリジニの人たちが残したロック・アートなど、大自然と大地で暮らす人たちとの歴史が織りなす壮大なドラマの舞台だということを体感するでしょう。そして、パースに戻り、インディアン・パシフィック号でシドニーまで。ドラ、亜チックなオーストラリア大陸横断の旅を満喫するのもいいでしょう。

1週目:パースとその周辺
1週目:パースとその周辺

1週目:パースとその周辺

スワン川(Swan River)を下って公園や市内の高層ビル群を眺め、スワン・バレー(Swan Valley)に広がるワイナリーや、パース動物園(Perth Zoo)を訪れましょう。市内に位置する広大なキングス・パーク(Kings Park)では美しい市内のパノラマを望む展望台や、手入れの生き届いた庭園、アボリジニの史跡散策などが楽しめます。また、インド洋沖合いに浮かぶロットネスト島(Rottnest Island)にもぜひ、足をのばして下さい。自動車の規制があるこの島では、自転車を借りて、とっておきのビーチに行ったり、シー・カヤックで誰もいない入江を探検することができます。この島でしか見ることのできない有袋類クオッカを探したり、興味深い歴史を学んだりしてください。パースに戻ったら歴史ある港町フリーマントル(Fremantle)で美味しいシーフードを味わい、お祭り気分たっぷりのムードを満喫しましょう。インド洋沿いのコテスロー・ビーチ(Cottlesloe Beach)やスカボロー・ビーチ(Scarborough Beach)では、海水浴やサーフィン、釣り、ウィンドサーフィン、セーリングを楽しんでください。誰にも邪魔をされずに自由きままに楽しむことができるサンセット・コースト(Sunset Coast)の長い旅の始まりです。内陸に位置するダーリング山脈(Darling Range)では、国立公園内をブッシュ・ウォーキングしたり、個性的なB&Bに泊ったりすることができます。近くのエイボン川(Avon River)をラフティングで下ったり、エイボン・バレー(Avon Valley)の上空をスカイダイビングや、熱気球で楽しむのもお楽しみのひとつ。そして、ナショナル・トラストに登録された歴史ある史跡が集まる州最古の内陸の町ヨーク(York)やトゥーディアイ(Toodyay)で、ギャラリーやクラフトショップ、カフェ、博物館を探訪したり、オーストラリア唯一の修道院の町ニュー・ノーシア(New Norcia)もぜひ、訪れてみて下さい。 

2週目:マーガレット・リバーとサウス・ウエスト、または北へ向かってニンガルーまで
2週目:マーガレット・リバーとサウス・ウエスト、また

2週目:マーガレット・リバーとサウス・ウエスト、または北へ向かってニンガルーまで

西オーストラリア州西南部を縦断し、ゴールドラッシュの面影を残す金鉱地帯や、ビーチを縫うように走り、マーガレット・リバーまで行きましょう。イルカと一緒に泳ぐためにマンジュラ(Mandurah)に立ち寄るか、ダイバーならバンバリー(Bunbury)の海底に横たわる沈船に潜りましょう。さらにホエール・ウォッチングの町ダンズボロー(Dunsborough)で一泊するか、そのまま風光明媚なジオグラフィー湾(Geographe Bay)まで車を進めるかは迷うところ。海岸沿いのヤリンガプ(Yallingup)からマーガレット・リバーまではあと、少し。背の高いユーカリの木々が広がる森林や、地下の鍾乳洞、そして有名なサーフ・ポイントでもあるビーチの近くには60もの良質なワイナリーが点在しています。野菜やフルーツ、乳製品などおいしい地元の食材を買い込みピクニックを。太陽の光が注ぐ森を抜けてカヌーを楽しんだり、サーファーズ・ポイント(Surfers Point)の波を乗りこなしてみてください。さらに南下すると、アカエイと一緒にシュノーケリングができるハメリン・ベイ(Hamelin Bay)や、インド洋とサザン・オーシャン二つの海を一度に望むことができるオーガスタ(Augusta)にたどり着きます。  あるいは逆にパースから北へ、ニンガルー・リーフに向かって行くのはどうでしょうか。4月から6月にかけて世界最大の生命体、ジンベエザメと一緒に泳ぐことができます。ここでは、さまざまな種類の熱帯魚やカラフルなサンゴを眺めながらダイビングやシュノーケリングを楽しんでください。滞在はリゾートやコンドミニアムが集まるサーフィンの町エクスマス(Exmouth)か、のどかなコーラル・ベイ(Coral Bay)で。ここからケープ・レンジ国立公園(Cape Range National Park)内の4WDのドライブもお薦めです。荒々しい褐色の峡谷が一面に咲き乱れるヒナギクの花に囲まれ、ターコイズ色のインド洋へと続く絶好のロケーションが人気です。

3週目:パースからブルーム、ダーウィン、またはシドニー
3週目:パースからブルーム、ダーウィン、またはシドニ

3週目:パースからブルーム、ダーウィン、またはシドニー

パースから飛行機で、あるいはニンガルーからそのまま車で北上してブルームに行きます。ここはオーストラリア最後の秘境と呼ばれるキンバリー地区(Kimberley)への玄関口です。かつて真珠の養殖産業に従事していた中国人によって栄えたチャイナタウンで南洋真珠を買ったり、夕暮れ時には美しいケーブル・ビーチで名物のラクダに乗りましょう。また、ガンシューム・ポイント(Gantheaume Point)では1億3千万年も昔に残された恐竜の足跡を見ることもできます。3月から10月までなら「月への階段」と名づけられた、月が階段のようにローバック湾(Roebuck Bay)の海面に映りこむ現象を楽しむこともできます。さらに4WDで真っ白なビーチや、褐色の断崖を抜け、ダンピア半島(Dampier Peninsula)にあるアボリジニのコミュニティまでドライブしてみてください。ここからオーストラリアの熱帯地方、トップエンドを観光するなら、空路を使ってパースに戻るか、ブルームからダーウィンへ行くのが最適です。ティウィ諸島(Tiwi Islands)では大陸で暮らすアボリジニの人とは異なる、アイランダーと呼ばれる海洋性の生活をするティウィ族の工芸品や、機織りや絵画、ダンスなどのパフォーマンスを見学しすることもできます。緑豊かなリッチフィールド国立公園(Litchfield National Park)の滝壺で泳いでリフレッシュした後は、ネイチャーズ・ウェイ(Nature’s Way)をドライブして世界遺産のカカドゥ国立公園(Kakadu National Park)に向かいましょう。あるいは、インディアン・パシフィック号で鉄道の旅に出るのもいいでしょう。パースからシドニーまで、途中、カルグーリー(Kalgoorlie)やアデレード、ブロークン・ヒル(Broken Hill)で乗客のための観光ツアーを楽しみながら、3日間で広大なオーストラリア大陸を横断します。 

パースから行く3週間の旅

パースから行く3週間の旅

 

その他の観光情報