インディアン・パシフィック号(The Indian Pacific)

インディアン・パシフィック号(The Indian Pacific)(グレート・サザン鉄道(Great Southern Rail))、オーストラリアのゴールデン・アウトバック(Golden Outback)、カルグーリー(Kalgoorlie)、西オーストラリア州。 © Tourism Western Australia

シドニー(Sydney) - アデレード(Adelaide) - パース(Perth)- 3日間の列車の旅

シドニーからインディアン・パシフィックに乗ってパースに向かい、ブロークン・ヒル(Broken Hill)、アデレード、また金鉱山で有名なカルグーリー(Kalgoorlie)で途中下車し、それぞれの街を楽しみます。反対にパースから列車に乗り込み、インド洋から太平洋へと大陸を逆方向に横断してみるのもよいでしょう。どちらから乗り込んでも、この列車の旅は息を呑むようなブルー・マウンテンズ(Blue Mountains)を通り、人里離れた辺境の地、クック(Cook)に止まり、オーストラリアの豊かな農場や、荒々しい河川、そして野性味あふれる砂漠地帯を眺めることができます。また荒涼としたナラボー平原(Nullarbor Plain)では、世界で最も長い478kmに及ぶ一直線の線路を走ります。

シドニー ~ ブロークン・ヒル
シドニー ~ ブロークン・ヒル

1日目 - シドニー ~ ブロークン・ヒル

午後シドニーを出発
シドニーのセントラル・ステーション(Central Station)で乗車し、キャビンまたはラウンジチェアに腰を落ち着け、車窓に繰り広げられていく素晴らしい世界を快適に楽しみます。ブルー・マウンテンズの砂岩の崖、森に覆われた谷や急斜面、滝などが、ニュー・サウス・ウェールズ州(New South Wales)のアウトバックの乾いた風景へと移り変わっていく様を目に焼き付けてください。ダイニング・カーで料理やワインを楽しみながら、車窓から燃えるような夕陽が荒々しい山脈、未開のブッシュや砂漠地帯に沈んでいくのを眺めます。

早朝ブロークン・ヒルに到着
2日目の早朝にブロークン・ヒルに到着。多くのアーティスト達を惹きつけてきた、この地の透明感のある光と美しい色彩を堪能しましょう。古くは銀の鉱山として栄え、シルバー・シティ(Silver City)とも呼ばれるこの町は、独特な砂漠の風景と、オアシスとなる湖に囲まれています。1時間の途中下車ツアーで、この町の雰囲気に浸りましょう。銀鉱山の長い歴史に触れたり、辺境地への航空医療サービスのロイヤル・フライング・ドクター基地(Royal Flying Doctor Base)を訪れてみましょう。また、リビング・デザート・スカルプチャーズ(Living Desert Sculptures)や多数ある素晴らしいアート・ギャラリーの一つを見に行くのもお薦めです。地面が動いているように感じても、それは無理もありません。丸一日列車に乗っていた後には、きっと列車が線路の上で刻むリズムを体が覚えているのでしょう。

10.0.8.3_highlight(3)
ブロークン・ヒル ~ カルグーリー

2日目 - ブロークン・ヒル ~ カルグーリー

午後アデレードに到着
列車がこのオーストラリアのフェスティバル・シティともいえる街に到着してまず気が付くのは、コロニアル様式の建物やその周辺を取り囲む緑地や砂浜、そして丘陵地帯でしょう。石造りの建物が軒を並べるノース・テラス(North Terrace)やランドル・ストリート(Rundle Street)のカフェ街をぜひ訪れてください。途中下車ツアーでは、モンテフィオーレ・ヒル(Montefiore Hill)、コーネル・ライト見晴し台(Colonel Light's Lookout)、アデレード・オーバル・クリケット・グランド(Adelaide Oval Cricket Ground)、そしてトレンス湖(Lake Torrens)を足早に回ります。

クックに到着
他の町との距離が世界一離れた僻地の一つであるクック。この地を散策してその雰囲気を味わってみましょう。かつては鉄道の町として栄えたこともありましたが、パースから1500 kmも離れており、木も生えない荒涼としたナラボー平原の真ん中に位置するため、今では片手で数えられるほどの住人しか住んでいません。

夕刻カルグーリーに到着
オーストラリアの金鉱のメッカであるこの街には、ナイトツアーにちょうど良い時間に到着します。照明に照らされた、深さ400 m、長さ3.3 km以上もある巨大な露天掘り金鉱「スーパーピット」の迫力ある景観を楽しんでください。その中で動き回っている巨大なトラックも、そこではまるでおもちゃのように見えます。ハナン・ストリート(Hannan Street)に並ぶ歴史あるパブに立ち寄っては、昔の盗賊や売春宿、金鉱での大儲けや苦労話など、さまざまな話に耳を傾けてみましょう。この通りは、1893年にこの地に金脈があることを最初に発見したアイルランド人パディ・ハナンにちなんでその名が付けられました。

10.0.8.4_highlight(1)
カルグーリー ~ パース

3日目 - カルグーリー ~ パース

夕刻パースに到着
シドニーを発ってから68時間、オーストラリア大陸を横断する列車の旅はここパースで終わります。太陽が降り注ぐビーチに恵まれたこの街は、シドニーよりもシンガポールの方が近く、アジアへの重要なゲートウェイとなっています。到着したら、スワン川(Swan River)や美しく修復されたコロニアル様式の建物などを見てまわるインディアン・パシフィックのオプショナル・ツアーを利用して、パースでの最初の朝の時間を最大限に有効に使いましょう。観光名所を回った後、宿泊先まで荷物ともども送り届けてくれるサービスまで付いています。

地図

 

その他の観光情報