サバンナ・ウェイ(Savannah Way)

ロスト・シティー(Lost City)、サバンナ・ウェイ・ツーリズム・ドライブ(Savannah Way Tourism Drive)、ノーザン・テリトリー。© Tourism NT

ダーウィン ~ ブルーム - 5日間 ドライブ

ビクトリア川(Victoria River)とキンバリー地方を通って、ダーウィン(Darwin)からブルームまで走り、砂漠と熱帯の間を抜けていくコースです。パヌルル国立公園(Purnululu National Park)ではバングル・バングル(Bungle Bungle Range)を探検し、温かい水と夢のようにやわらかい砂をたたえたケーブル・ビーチ(Cable Beach)を散策してみましょう。サビような赤色の崖から伸びるヤシの木、渓谷で日光浴するクロコダイル、果実を実らせたバオバブの木を眺めたり、バードウォッチングを楽しむこともできます。双眼鏡と図鑑をお忘れなく。

10.0.4.2_highlight(2)
ダーウィン ~ キャサリン

1日目 – ダーウィン ~ キャサリン

ニトミルック国立公園
ダーウィンからスチュアート・ハイウェイ(Stuart Highway)を南下すると、その途中にはアウトバックの町キャサリン(Katherine)があり、また周辺には岩で覆われた地形、ドラマチックな滝、緑豊かな渓谷などの自然に恵まれたニトミルック国立公園(Nitmiluk National Park)があります。キャサリン渓谷(Katherine Gorge)に沿ってカヌーを漕いだりボート・ツアーに参加してもすばらしい風景を楽しめますが、ヘリコプターに乗って上空から見下ろすと、渓谷が織り成す雄大な光景が楽しめます。

キャサリンでのブッシュウォーキング
キャサリン渓谷とエディス・フォールズ(Edith Falls)を結ぶ66kmのジャビュラ・トレイル(Jatbula Trail)に挑戦するなら、4~5日の行程を組みましょう。ノーザン・テリトリーで一般に公開されている唯一の洞窟、石灰岩でできたカタ・カタ鍾乳洞(Cutta Cutta Caves)は必見です。あるいはマニャラルク(Manyallaluk)まで南下して、ジャオワン族(Jawoyn)が催行するカルチャー・ツアーに参加するのもよいでしょう。夜は渓谷でキャンプするか、キャサリンの町で宿泊しましょう。

10.0.4.2_highlight(3)
キャサリン ~ ティンバー・クリーク

2日目 - キャサリン ~ ティンバー・クリーク

キャサリン ~ フローラ・リバー国立公園
ビクトリア・ハイウェイ(Victoria Highway)を降りたところにあるフローラ・リバー国立公園(Flora River Nature Park)は、ノーザン・テリトリーで最も風景が美しい河川の1つでカヌーやボートで川下りが楽しめます。珍しい石灰華のダムの段を豊かな緑色に飾る植物を見ながら、周辺の氾濫原やサバンナの森林地域をウォーキングしてみましょう。

フローラ・リバー国立公園 ~ ティンバー・クリーク
グレゴリー国立公園(Gregory National Park)のエスカープメント・ルックアウト・ウォーク(Escarpment Lookout Walk)では、息を呑むような渓谷の風景が目の前に広がります。またジョー・クリーク・ウォーク(Joe Creek Walk)では、ロック・アートやヤシの木を見て周ることができます。夕暮れ時にビクトリア川(Victoria River)をクルージングで下り、イリエワニやバオバブの木を探してみましょう。クーリバ・クロコダイル・ファーム(Coolibah Crocodile Farm)では数千頭ものクロコダイルを間近で見ることができ、クワン・ルックアウト(Kuwang Lookout)の展望台に登るとストークス山脈(Stokes Range)の絶景を楽しむことができます。

公園の南部では、歴史的なブリタ・ホームステッド(Bullita Homestead)を訪れたり、ライムストーン渓谷(Limestone Gorge)までの歩きやすいコースをウォーキングできます。ブリタ・ストック・ルート(Bullita Stock Route)の岩だらけの90kmの行程は、4WD車でチャレンジしましょう。宿泊は、ホームステッド(牧場)や渓谷でのキャンプや、人里離れたティンバー・クリークがお勧めです。

10.0.4.4_highlight(1)
ティンバー・クリーク ~ カナナラ

3日目 - ティンバー・クリーク ~ カナナラ

ティンバー・クリーク ~ キープ・リバー国立公園
何キロも続くバオバブの木々やサバンナを抜けてティンバー・クリークを越えていくと、広大なブロー・リバー・ステーション(Bullo River Station)に到着します。ここでは、フィッシング、酪農体験、牛追い、ヘリコプター・ツアー、豪華ホテルでの宿泊を楽しめます。

西オーストラリア州との州境手前にあるキープ・リバー国立公園(Keep River National Park)は必見です。キープ・リバー渓谷(Keep River Gorge)ではアボリジニの遺跡、ガナラム(Nganalam)では岩に描かれたレインボー・サーペント(Rainbow Serpent)を見ることができます。州境をまたぐ有名なバングル・バングル(Bungle Bungles)では、鳥たちのコーラスに耳を傾けたり、砂岩の山々を間近で眺めてみましょう。

キープ・リバー国立公園 ~ カナナラ
西オーストラリア州のカナナラ(Kununurra)からは、オード川(Ord River)や、シドニー・ハーバー(Sydney Harbour)の20倍もの広さを誇る人口湖、アーガイル湖(Lake Argyle)をクルージングできます。
蜂の巣のような形のバングル・バングルから、遠くのミッチェル滝(Mitchell Falls)や巨大なアーガイル・ダイアモンド鉱山(Argyle Diamond Mine)までを観光フライトで楽しむのもお勧めです。ミリマ国立公園(Mirima National Park)では、観光ウォーキング・トラックや、ミニ・バングル・バングルを探してみてください。リリー・クリーク・ラグーン(Lily Creek Lagoon)では、数多くの鳥たちにも出会えます。

10.0.4.5_highlight
カナナラ ~ ホールズ・クリーク

4日目 - カナナラ ~ ホールズ・クリーク

ウィンダム ~ エル・クエストロ・ステーション
ホールズ・クリーク(Halls Creek)に向かうルーを迂回すると、西オーストラリア州最北の町ウィンダム(Wyndham)を通ることができます。ファイブ・リバー・ルックアウト(Five Rivers Lookout)の展望台に登ると、キング(King)、ペンテコスト(Pentecost)、フォレスト(Forrest)、オード(Ord)、デュラック(Durack)の各河川の合流地点が見えます。パリー・ラグーン自然保護区(Parry Lagoons Nature Reserve)のグロット(Grotto)でバードウォッチングや水遊びを楽しんだり、ディガーズ・レスト(Diggers Rest)のホームステッドで休憩するのもよいでしょう。

また、100万エーカーもの広さを誇るエル・クエストロ・ステーション(El Questro Station)では大自然の中、チェンバーレイン渓谷(Chamberlain Gorge)のクルージングに参加したり、乗馬やバラマンディ釣りを楽しむのもお勧めです。夜は、テントを張ってキャンプをしたり、アウトバックで最も豪華な施設に宿泊しましょう。

パヌルル国立公園とホールズ・クリーク
世界遺産に登録されているパヌルル国立公園(Purnululu National Park)の中にある、オレンジ色と黒の縞模様の岩がそびえ立つバングル・バングルを、4WDや徒歩で探検してみましょう。ドームズ・ウォーク(Domes Walk)を通っていくと、公園南部のカテドラル渓谷(Cathedral Gorge)にある巨大な「円形競技場」にたどり着きます。北部の境界線を越えてリビストナ・パームズ(Livistona Palms)からミニ・パーム渓谷(Mini Palms Gorge)まで行くと、イキドナ・キャズム(Echidna Chasm)の目が覚めるような色彩が見えてきます。またワランジンジ・サンセット・ルックアウト(Walanginjdji Sunset Lookout)の展望台からは、西斜面が炎のような色に変化する様子を眺めることができます。

グレート・ノーザン・ハイウェイ(Great Northern Highway)をさらに進んでいくとホールズ・クリーク(Halls Creek)に到着します。ここでは、ソーピット渓谷(Sawpit Gorge)やパーム・スプリングス(Palm Springs)で水遊びしたり、隕石の衝突でできた幅1km深さ50mのウルフ・クリーク・クレーター(Wolfe Creek Crater)を見に行ってみましょう。  街中にあるヤーリール・アーツ・センター(Yarliyil Arts Centre)には、地元アボリジニのアーティストたちによる作品が展示されています。

10.0.4.6_highlight(1)
ホールズ・クリーク ~ ダービー

5日目 ホールズ・クリーク ~ ダービー

西のフィッツロイ・クロッシング(Fitzroy Crossing)まで足を伸ばすと、特徴ある3つの渓谷に日帰りで行くことができます。地元のブヌバ・アボリジニのガイドによるクルーズに参加してゲイキー渓谷(Geikie Gorge)を渡ったり、トンネル・クリーク(Tunnel Creek)の地下洞を探検するのがお勧めです。ウィンジャナ渓谷(Windjana Gorge)では、渓谷の端までトレッキングして、川原の砂地で淡水性のワニが日光浴している姿を探してみてください。

ダービー(Derby)まで行くと、その途中にずんぐりとしたバオバブ・プリズン・ツリー(Boab Prison Tree)が見えてきます。昔、この木は、囚人を収容するために使用されていたと言われています。ダーウィンの港では、オーストラリア最高の高潮の1つ、高さ約11mもの潮を見ることができます。また観光フライトに乗って、北部のタルボット・ベイ(Talbot Bay)の滝を見に行ってみてはいかがでしょうか。

ダービー ~ ブルーム
フィッツロイ川(Fitzroy River)を渡ると、かつての真珠の街として有名なブルーム(Broome)、そして夕暮れのラクダ・ツアーで有名なケーブル・ビーチ(Cable Beach)にたどり着きます。さらに北上すると、灯台が見えるケープ・レベック(Cape Leveque)に到着します。ビーグル・ベイ(Beagle Bay)のアボリジニ・コミュニティに立ち寄ったり、「真珠の母」の祭壇がある小さな教会サクレッド・ハート・チャーチ(Sacred Heart Church)を訪れてみましょう。バードウォッチング愛好家の方には、ローバック・ベイ(Roebuck Bay)にある世界的に有名なブルーム・バード・オブザーバトリー(Broome Bird Observatory)がお勧めです。

地図

 

その他の観光情報