キャンベラで宇宙体験をする

空から眺めたキャンベラ(Canberra)、オーストラリア首都特別地域。 © Canberra Tourism

あるいは、キャンベラ深宇宙通信施設(Canberra Deep Space Communications Complex)で月の石を見たり、クエスタコン(Questacon)で間近に稲妻を体験したりするのもいいでしょう。

キャンベラのディープ・スペース・コミュニケーションズ・コンプレックス(Deep Space Communications Complex)で月の石を見たり、クエスタコン(Questacon)では稲妻に大接近、またキャンベラ・スペース・ドーム・アンド・オブザーバトリー(Canberra Space Dome and Observatory)では満天の星を観察できます。
質問: 無害の地震が体験でき、巨大なナナフシ(昆虫)に触ったり、38億年前の月の石を見られるオーストラリアの街といえば、どこでしょう?

答え: キャンベラ。  オーストラリアの首都であるこの街は、科学とテクノロジーの発達の中心地でもあります。

キャンベラのハイテク・アトラクション・ツアーは、まずキャンベラ・ディープ・スペース・コミュニケーションズ・コンプレックスでの宇宙への旅から始めましょう。市の中心部から車で40分の場所にあり、南半球で一番大きなものを含む4つの巨大なアンテナが立っているこの建物を見逃す人は誰もいないはずです。  ここでは大きな月の石を眺めたり、宇宙に関する映画を見たり、宇宙飛行士の着る服の数々を見たり、また宇宙からの最新情報を知ることもできます。 

CSIRO(連邦科学産業研究機関)ディスカバリー・センター(CSIRO Discovery Centre)では、地球上での科学の進歩について学びましょう。タッチセンサー式の3Dコンピュータを実際に触ってみたり、バーチャル・リアリティ・シアターを体験したり、また人の体の感触だけで医療の進歩を発見したり、新世代の羊を見ることもできます。

もっと体験型のリサーチがしたいときは、オーストラリアではここでしかできない、6メートルの高さからのフリー・フォールや、家族全員で乗れるバーチャル・ローラー・コースターが楽しめるこの場所がお薦めです。  クエスタコン - 国立科学技術センターには、子供から好奇心旺盛な大人までワクワクさせる、7つのインタラクティブな展示ギャラリーが揃っています。  ここでは、激しい地震を体験したり、目の前で稲妻ができるのを見たり、竜巻がどのように発生するのかを理解したり、ボールを投げたり、音の物理を学んだりと、いろいろな発見が楽しめます。 

キャンベラは、科学やテクノロジーについて抱いていた疑問にわかりやすく答えてくれる街です。 

その他の観光情報