クイーンズランドのダイビング天国

ピクシー・ガーデン(Pixies Garden)、グレート・バリア・リーフ(Great Barrier Reef)、クイーンズランド州。 © Tourism Queensland

クイーンズランドのダイビング天国

クイーンズランドの海岸沿いで、 ベストなダイビング・スポットを探す。
ダイビング・スポットの探索は、冒険好きな旅行者にとってはたまらない旅の思い出になるでしょう。  静寂で鮮やかな色彩のパラダイスが、水面下であなたを待っています。  初心者、経験者を問わず、万華鏡のようなサンゴ礁、浅瀬、岩礁、難破船、そして豊かな海洋生物たちに魅了されることでしょう。

地上での生活を忘れて、この水中パラダイスを思い切り楽しんでください。  クイーンズランドの玄関先には、グレート・バリア・リーフ(Great Barrier Reef)が広がっています。  州の海岸線に沿って2,000km以上も伸びるこの世界遺産の大自然は、世界最大の規模を誇るサンゴ礁です。

そのあまりの大きさに、どこから潜っていいのかわからなくなります。  最もスマートな方法は、グレート・バリア・リーフの玄関口として人気のあるケアンズ(Cairns)から出発する方法です。   ここには、数多くのダイビング・スクールがあり、日帰りツアーや宿泊ツアーにも参加できます。  エイジンコート・リーフ(Agincourt Reef)の大陸棚周辺では、シュノーケリングやダイビングを楽しむことができ、コッド・ホール(Cod Hole)で巨大なタラに餌をあげたり、人のいないサンゴ礁を探検したりできます。  拠点を移動するなら、ダイブクルーズ船に乗るか、グリーン(Green)、フィッツロイ(Fitzroy)、リザード(Lizard)、ダンク(Dunk)、ベダラ(Bedarra)など島々のリゾート地での宿泊がお勧めです。  熱帯雨林とサンゴ礁が出会う町ポート・ダグラス(Port Douglas)は、コーラル・シー(Coral Sea)の最北部を探検するのに最適の拠点になります。  ダイビング・スポットの冒険は、まだまだ終わりません。 

南に移動するなら、海岸沿いのタウンズビル(Townsville)や美しいマグネティック島(Magnetic Island)がお勧めです。  ここからは、1911年に沈没した難破船ヨンガラ号(SS Yongala)を探検したり、この付近のグレート・バリア・リーフで海底の渓谷、峡谷、洞窟の探検、またはセンセーショナルなまでのウォール・ダイブを楽しみましょう。  ここのダイビング・スポットには、フィッシュ・ホール(Fish Bowl)、コリドア(Corridor)、ズー(Zoo)、マジック・パッセージ(Magic Passage)、キャベッジ・パッチ(Cabbage Patch)、アトランティス(Atlantis)などの名前が付けられています。 

人がほとんど住んでいないヤシの木が茂る74のトロピカルな島々で構成されるウィットサンデーズ(Whitsundays)に到着すると、この冒険の旅も最高潮に達します。  白いシリカの砂浜とターコイズ色のクリアな海が織り成す、まるで絵葉書のようなハミルトン島(Hamilton Island)のホワイトヘブン・ビーチ(Whitehaven Beach)は必見です。  ここからは、エリザベス(Elizabeth)、ブラック(Black)、フェアリー(Fairy)、ネット(Net)、ナックル(Knuckle)、オブリエ(Oublier)など、さまざまなサンゴ礁を体験できます。  きっとお気に入りのスポットが見つかるでしょう。  海水は一年中暖かいため、ダイビングやシュノーケリングをいつでも楽しめます。  透明度は冬が一番高く、11月~5月の間はクラゲが発生するため、それに応じてプランを立ててください。 

マッカイ(Mackay)まで行くと、シュノーケリングやダイビングの日帰りツアーや宿泊ツアーに参加できます。  無人島スコウフェル島(Scawfell Island)の美しいサンゴの庭を探検したり、沈没の80年後に発見された歴史的な難破船ルウェリン号(Llewellyn)を探検するのもお勧めです。 

セントラル・グレート・バリア・リーフ(Central Great Barrier Reef)はあまり観光地化されていないため、ぜひ自分の目で浅瀬のサンゴ礁、海底山脈、深い海溝、洞窟を探してみてください。  この海域では、オリーブ・ミナミウミヘビ、絶滅が危惧されているアカウミガメやアオウミガメ、タイマイ、ウツボ、サメ、マンタなどが生息しているため、水中カメラは必携です。  

本土の港グラッドストーン(Gladstone)からダイブ・オペレーターについてカプリコーン・リーフ(Capricorn Reef)やバンカー・リーフ(Bunker Reef)を探検したり、ヘロン島(Heron)やウィルソン島(Wilson)でのんびりするのもいいかもしれません。  フィッツロイ・リーフ(Fitzroy Reef)の広大な礁湖では、ヒトデ、サンゴ礁のカニ、軟体動物などの、海洋生物を見ることができます。  この地域一番人気のウィスタリ・リーフ(Wistari Reef)でドリフト・ダイビング、ハリアーズ・ボミーHarrie’s Bommie)で洞窟探検、イェプーン(Yeppoon)からケッペル諸島(Keppel Islands)に渡ってあまり知られていないサンゴ礁を発見など、楽しみは尽きません。 

グレート・バリア・リーフ南端の美しい町コーラル・コースト(Coral Coast)に到着すると、日常生活が遠い世界のように感じられます。  壮大なウーンガラ海洋公園(Woongarra Marine Park)の海岸からは、そのまま潜ることもできます。  レディ・エリオット島(Lady Elliot)やレディ・マスグレイブ島(Lady Musgrave)の付近に広がる鮮やかなサンゴの渓谷では、巨大な魚と一緒に泳ぐことができ、11月~5月にかけては毎晩産卵に訪れるウミガメが有名です。 

グレート・バリア・リーフの探検が終わっても冒険の旅は終わりません。  サザン・クイーンズランド(Southern Queensland)には、まったく新しいダイビング・スポットが待っています。  フレーザー・コースト(Fraser Coast)からゴールド・コースト(Gold Coast)にかけては、難破船によって人工的にできたサンゴ礁や岩棚が広がっており、巨大な魚も生息しています。  イルカが泳ぐ姿、のんびりと漂うジュゴンやアカウミガメ、カラフルな熱帯魚やサンゴ、またはシロワニ(Grey Nurse Shark)という珍しいサメを見ることもできるかもしれません。  フリンダーズ(Flinders)のサンゴの暗礁や洞窟の中を泳いだり、難破船ブリスベン号(HMAS Brisbane)に住み着いている海洋生物を探してみる、世界で2番目に大きい砂の島モレトン島(Moreton Island)でシュノーケリングを楽しむ、などもお勧めです。 

クイーンズランドの海岸線に広がる海は、想像を越えた魔法のような世界です。  ここでは、礁湖、洞窟、サンゴの庭、難破船での浅瀬ダイビング、ドリフト・ダイブ、ウォール・ダイブ、スイミングを楽しみました。  そしてマンタ、ウミガメ、サメ、この海域特有の魚にも出会いました。  いまだかつてないオーシャン・アドベンチャーを体験したとしても、まだクイーンズランドをすべてエンジョイしたわけではありません。  クイーンズランドには、終わることのない冒険の旅が待っています。 

その他の観光情報