デイントゥリー・レインフォレストの春

雨林を流れる小川、デインツリー・レインフォレスト(Daintree Rainforest)、クイーンズランド州。 © Tourism Queensland

デイントゥリー・レインフォレストの春

ケアンズから北へ2時間走った場所に広がる世界遺産の森デイントゥリーには、もう1億3,500万回も春がめぐってきたことになります。しかし誰も、繰り返される自然の営みに飽きるということはありません。デイントゥリーは世界最古の熱帯雨林であるばかりでなく、地球上でもっとも多様な動植物が生息する場所でもあります。春はそれらの動植物がいちばん生き生きと活発に輝く季節。気候も快適で、雨季の嵐もまだ先のこと。渡り鳥たちが夜明けのコーラスに加わって鳴く声を聞き、誰もいない静かなビーチで泳ぎ、森のはずれに咲くランの花を眺めましょう。

デイントゥリーの熱帯雨林では、オーストラリアに生息する両生類、有袋類、爬虫類のうち1/3と、コウモリやチョウのうちおよそ2/3にあたる固有種を見ることができます。熱帯雨林の中に作られた空中遊歩道や、バラエティに富んだハイキング・コースを歩けば、デイントゥリーのさまざまな生物と間近に触れあうことができます。色鮮やかなチョウやニオイネズミカンガルー、また、恥ずかしがり屋で希少種のヒクイドリに出会えたらラッキーです。首回りが青く、頭に大きな飾りがついた巨大な鳥です。植物なら、6億年前から群生するザミア・ファーンと呼ばれるシダの生命力に深い感銘を受けることでしょう。太古の時代、歩きまわる恐竜たちから身を守るために、地下茎が発達した植物です。アクティビティとして人気があるのは、マングローブの続くデイントゥリー・リバーに棲息するクロコダイルを観察するジャングル・クルーズ。キラキラと澄んだ輝く川の流れを泳ぐカメを発見することもあります。デイントゥリーにはケアンズ、ポート・ダグラス(Port Douglas)、ケープ・トリビュレーション(Cape Tribulation)、クックタウン(Cooktown)といった主要な町から行くことができます。日帰りも可能ですし、森の中にあるエコ・ロッジ、あるいはデイントゥリー・リバーのほとりにある絵のように美しい村、デイントゥリー・ビレッジ(Daintree Village)に滞在することもできます。

さらに、この広大な熱帯雨林には約430種もの野鳥も生息、そのうち13種がこの一帯の固有種です。森の中のエコ・ロッジに滞在すれば鳥の鳴き声が目覚まし代わりになり、明け方には川の上を滑空しながら鳴く野鳥たちの声を聞くことも楽しみのひとつです。また、春の時期は縄張りを守ったり、相手の気を引こうとしたりするため、鳥たちの鳴き声は他の季節よりも声高になります。森の中はまるでオーケストラのよう。ワンプーアオバトのテノール歌手のような声やミミグロネコドリの高鳴き、オビロヨタカのカエルのような鳴き声が耳を楽しませてくれます。9月頃にはかわいらしいウロコ・ミツスイや、オーストラリアのカワセミが登場。11月、雷を伴った嵐の季節がやってくると、カッコウが姿を現し、朝鳴く鳥の声はますます騒がしくなっていきます。

デイントゥリーの魅力は熱帯雨林だけではありません。遠浅のトロピカルな美しい海を望む、手つかずのビーチも大きな特徴で、北部のケープ・トリビュレーションには数多くのビーチが続きます。ここは、熱帯雨林がもうひとつの世界遺産グレート・バリア・リーフと出会う場所で、 森と海、2つの世界遺産が隣りあう世界でも唯一の貴重な場所でもあります。ココナッツ・ビーチ(Coconut Beach)でゆったりとくつろいだり、ドノバン・ビーチ(Donovans Beach)まで自転車で走ったり、ノアズ・ビーチ(Noahs Beach)の砂浜の周辺でキャンプを楽しむなど、リゾート気分が味わえます。本格的な冒険気分を楽しみたいなら、ケープ・トリビュレーションを発着として、ブルームフィールド・トラック(Bloomfield Track)を4WDでドライブするのもお薦めです。

また、魅力たっぷりなオーストラリア太古の体験を存分に味わいたいなら、この地域の伝統的土地所有者、アボリジニのクク・ヤランジ族(Kuku Yalanji)のガイド同行のツアーに参加してみてはどうでしょう。モスマン渓谷(Mossman Gorge)にある、古くから伝わる彼らの森の中の道を、ガイドの案内で歩きながら、食料や薬、寝るための岩陰、聖なる場所など彼らが9,000年以上にわたって森の中で暮らしてきた知恵とはどんな方法によるものだったのかを学ぶことができます。途中、バラマンディを釣ったり、アボリジニの伝統食を味わったりするほか、パワースポットである神聖なる滝を訪れた際には、春はバラリジ(Buluriji)と呼ばれる寒い季節が終わった9月頃に始まり、11月のワンガリジ(Wungariji)という温かい季節のあいだ中続く、というクク・ヤランジ族の区別する5つの季節とはどんなものかも教えてもくれます。
 
デイントゥリーの大自然は、数百万年もの太古の昔からそうだったように、これからも変わることなく続きます。そして、春も必ずめぐってきます。この生命に満ち溢れた季節を存分に楽しみましょう。

その他の観光情報