真冬でも太陽の降り注ぐクイーンズランド州北部

カランバ(Karumba)、ケープ・ヨーク(Cape York)、トロピカル・ノース・クイーンズランド、クイーンズランド州。 © Tourism Queensland

真冬でも太陽の降り注ぐクイーンズランド州北部

今年の冬は友人を羨ましがらせてみたいと思いませんか?  クイーンズランド州北部に行くんだ、と話してみてください。気候はよく、ヤシが茂っていて、泳ぎに適した海があるんだと、それとなく言ってみるのです。グレート・バリア・リーフ(Great Barrier Reef)でシュノーケリングやダイビング、ウィットサンデー諸島(Whitsundays)でヨットを楽しみ、デイントリー熱帯雨林(Daintree Rainforest)でトレッキングをして、時間に遅れずに戻りましょう。アウトバックや緑濃いアサートン高原(Atherton Tablelands)を通ってサバンナ・ウェイ(Savannah Way)をドライブし、遠く離れたガルフ・サバンナ(Gulf Savannah)に向かってください。この熱帯の楽園は、平均気温が摂氏25度で青緑色の海にクラゲがいない6月から9月が最高です。

太陽の光が一杯のケアンズ(Cairns)には、真冬のさまざまな楽しみがあります。静かなミッション・ビーチ(Mission Beach)で海辺の楽しみの王道を行き、派手さはなくても熱帯の魅力十分のポート・ダグラス(Port Douglas)に夢中になり、パーム・コーブ(Palm Cove)で本物のリゾートを満喫してください。ケアンズ、バックパッカーにぴったりの町エアリー・ビーチ(Airlie Beach)、ケープ・トリビュレーション(Cape Tribulation)だけでなく、これらの町はいずれもクイーンズランド州北部でもっとも有名な観光地、世界遺産に登録されたグレート・バリア・リーフ(Great Barrier Reef)を訪ねるためのすばらしい拠点です。

側を通り過ぎる色とりどりのサンゴや水玉模様のお腹をしたモンガラカワハギ、囚人服と同じストライプ柄のハタタテダイは忘れられない思い出になります。1日コースでダイビングの基本を習ってもよし、ケアンズ(Cairns)とタウンズビル(Townsville)の間に点在するダイビングスクールで一週間かけてPADIのダイビング免許を取るのもよいでしょう。シュノーケリングか底面ガラスの舟で、静かな驚異の世界を見つめてください。ケアンズから水上機かヘリコプターに乗って観光することも可能です。グリーン島(Green Island)、ウィットサンデー諸島(Whitsunday Islands)、すばらしい形をしたハートリーフ(Heart Reef)を空から観光し、人のいない小島に降りて昼食をします。
ウィットサンデーズ(Whitsundays)の詩情にあふれる、大部分が無人の島々をヨットで回ってみてください。デイドリーム(Daydream)、ハミルトン(Hamilton)、へイマン(Hayman)、リンデマン(Lindeman)各島のリゾートでリラックスしてみてはいかがでしょうか。サウス・モール島(South Molle Island)かロング・アイランズ島(Long Island)の熱帯雨林でブッシュウォークをし、ホワイトへイブン・ビーチ(Whitehaven Beach)で白砂の上に自分の名前を書きましょう。

サンゴとリゾートを満喫したら、熱帯雨林でトレッキングをしてみてください。ケアンズから観光列車に乗ればほんの1時間半でいけるキュランダ(Kuranda)のジャングルのような風景の中で、カルメン・ミランダ蝶やオウムを見ることができます。あるいは北上してオーストラリア最大の熱帯雨林があり、多種多様な動植物の生息地である世界遺産デイントリー(Daintree)に向かってドライブしましょう。

デイントリーから4WDで北上すると、虹色のサンゴ礁と入り組んだ熱帯雨林が出会う場所、ケープ・トリビュレーション(Cape Tribulation)まで行くことができます。もっと自然を探検したい方はさらに北に向かい、ケープヨーク半島(Cape York Peninsula)の荒野の中で立ち入り可能な場所まで行ってみましょう。レークフィールド国立公園(Lakefield National Park)とブラック・マウンテン国立公園(Black Mountain National Park)の鬱蒼とした湿地と森林でブッシュウォークやバードウォッチングを楽しみ、希少な野生動物を観察しましょう。キャンプをするかロッジに泊まって、4WDでのドライブや魚釣り、古いアボリジニの文化遺跡を訪ねて日々を過ごしてみてください。

クイーンズランド州の湿潤熱帯地域(Wet Tropics)をうねるように進む150以上のウォーキング・コースをいくつか歩いて、身体を鍛えてください。ミッション・ビーチ(Mission Beach)に近いウールーヌーラン国立公園(Wooroonooran National Park)の滝とシダに囲まれた池を通って歩きましょう。ユーベナンギー国立公園(Eubenangee National Park)では観察記録のある170種の鳥のうち何種類かを探してみてください。あるいはその昔アボリジニのジルバル(Jirrbal)族やマム(Mamu)族が歩いた道を通って、ミスティ山脈(Misty Mountains)の雨林を通り過ぎましょう。

海岸部を歩き終わったら、今度は内陸部の秘境を探検します。レンタカーでケアンズ(Cairns)からノーザン・テリトリーの州境へと延びるサバンナ・ウェイ(Savannah Way)に出ます。マリーバ(Mareeba)でワインと夕食を楽しんでください。オーストラリアでもっとも幅の広いミルストリーム滝(Millstream Falls)に感動したり、世界でもっとも長く連なる溶岩地層のウンダラ火山国立公園(Undara Volcanic National Park)の洞窟で迷子になってみましょう。歴史あるクロイドン(Croydon)やジョージタウン(Georgetown)の廃坑で金を探してください。ノーマントン(Normanton)周辺の湿地でクロコダイルを探したり、ブージャムラ国立公園(Boodjamulla National Park)に人知れずたたずむ渓谷やアボリジニのロックアートを探すのもよいでしょう。

もちろん、友だちに写真を見せびらかすのは少し考えものです。この冬みんなが行きたがった所だと判っているのですから。

オーストラリアの考え