南オーストラリア州

南オーストラリア州

アデレード・フェスティバルやアデレード・ヒルで有名な南オーストラリア州。 カンガルー島で野生動物との出会いを楽しんだあとは、エア半島でアシカと一緒に泳ぎましょう。 フルリオ半島で、バロッサ、クレア・バレー、マクラーレン・ヴェイルのワイナリーを巡りましょう。 南オーストラリア州のアウトバックには、フリンダース山脈、シンプソン砂漠、しばしば干上がるエア湖があります。

まずは、ノース・テラス(North Terrace)の街をそぞろ歩きして、優美なコロニアル調の建物を見ながら、建ち並ぶ美術館や図書館を見学。ランドル・モール(Rundle Mall)で思い切りショッピングを楽しみ、アデレード・セントラル・マーケット(Adelaide Central Market)で新鮮な地元の産物を味見して回るのもこの街での楽しみです。イースト・エンド(East End)にあるランドル・ストリート(Rundle Street)では、屋外のおしゃれなカフェやレストランの雰囲気を楽しんでください。また、にぎやかなチャイナタウンの異国情緒ある街を散策してみてはいかがでしょうか。活気あふれるグレネルグ(Glenelg)でイルカと一緒に泳いだり、ヘンリー(Henley)の桟橋で釣り糸を垂れてみるのはアウトドア派向け。エルダー公園(Elder Park)でサイクリングをしたり、ライミル公園(Rymill Park)のローズガーデンの横をボートで通りすぎていくこともできます。国際的な音楽祭WOMADelaideが開かれる広々とした植物公園(Botanic Park)ではピクニックも楽しめます。ポート・アデレード(Port Adelaide)にある博物館やマーケット、歴史あるハーバーを訪れたり、家族で楽しめるセマフォー(Semaphore)で歴史的建築物や色彩豊かな夏のショーを見るのも一案です。アボリジニ文化展示館(Aboriginal Cultures Gallery)では、世界最大のアボリジニの民芸品コレクションを見学することも。また、カウルナ族のガイドが同行するアデレード植物園(Adelaide Botanic Gardens)でのカルチャーツアーに参加するのもいいでしょう。

アデレード・ヒルズ
アデレード・ヒルズ

アデレード・ヒルズ(Adelaide Hills)

絵画のように美しい農園と美しい村落が長年、芸術家たちにインスピレーションを与えてきたアデレードの丘陵をドライブしましょう。オーストラリアに現存するドイツ系開拓者最古の村ハーンドーフ(Hahndorf)には、ドイツ・ババリア地方風のシャレーや、パン屋、工房、ギャラリーなどの観光スポットが。また、有名な風景画家ハンス・ヘイゼン卿(Sir Hans Heysen)のアトリエ兼邸宅だった優雅な邸宅シーダーズ(Cedars)も必見です。ベーレンバーグ・ストロベリー・ファーム(Beerenberg Strawberry Farm)では、ジャム、ピクルス、チャツネ、マスタード、マリネ、ソースなどを味見しながら購入することができ、観光客に人気。道路脇の屋台では、地元の新鮮な果物や野菜を買うこともできます。クリスマスには何メートルにも続く色とりどりのライトアップでデコレーションされるのはロベサル(Lobethal)の町。ここではマーケットを訪れてみるのがお楽しみです。

ヤルンバ(Yalumba)、セペルツ(Seppelts)、ペンフォールズ(Penfolds)、トゥー・ハンズ(Two Hands)など世界的に有名なワイナリーを見学し、ブッチャー(Butcher)、ベーカー(Baker)、ワインメーカー・トレイル(WineMaker Trail)といった観光スポットで地元産のワインを試飲してください。近くの歴史ある村ゴーラ(Gawler)では、なだらかな丘陵と手入れが行き届いた数々のワイナリーの間に点在する石造りの教会、ギャラリー、博物館などを見学することもできます。長い歴史のあるワイナリーや地ビール醸造所などの見学ツアーはいかがでしょうか。アート好きなら、数あるアーティストのスタジオで作業を見学させてもらい、この地方の名高い工芸品を購入することもできます。でも、何といってもバロッサの一番の楽しみ方は、ユーカリの木の下でこの地方の銘ワイン、バロッサ・シラーズ(Barossa Shiraz)やイーデン・バレー・リースリング(Eden Valley Riesling)のグラスを傾けながら、のんびりと時間をかけてランチを楽しむことでしょう。

ワイナリーやレストラン、緑の丘陵、教会、石造りの建物の間を通る25キロのリースリング・トレイル(Riesling Trail)は散策したり、サイクリングに最適な観光ルート。セブンヒル(Sevenhill)のワイナリーでは、イエズス会の神父達が醸造した聖餐用ワインを味わうことができます。ハートランド・ヘリテージ・トレイル(Heartland Heritage Trail)に沿って、ブラ(Burra)、カプンダ(Kapunda)、ミンタロ(Mintaro)など、古い建物が修復された歴史あふれる町までドライブしましょう。ここでは、荘厳なマーティンデール・ホール(Martindale Hall)というジョージア王朝様式の大邸宅を見学することができます。クレアではバンガリー・ステーション(Bungaree Station)に泊まり、この地方の牧畜の歴史について学んでみることもできます。トゥー・ウェルズ(Two Wells)のアボリジニの歴史を探り、南オーストラリア州最古の町ゴーラ(Gawler)で古い蒸気機関車を見たりするのもいいでしょう。グルメの町オーバン(Auburn)では、レストラン、カフェ、パブめぐりを堪能してください。セブンヒル(Sevenhill)の色とりどりの市場で地元の食材を買ったり、ソーン・パーク(Thorn Park)で料理講習に参加するといったお楽しみもあります。

ベアード湾(Baird Bay)でアシカと一緒に泳ぎ、ワイアラ(Whyalla)周辺ではシュノーケリングで巨大なイカと泳ぐなんていかがですか。もっとスリルを求める方には、ポート・リンカーン(Port Lincoln)南沖でのホホジロザメを見るケージ・ダイビングなどという刺激敵な体験もあります。5月から10月にかけて、グレート・オーストラリア・バイト海洋公園(Great Australian Bight Marine Park)ではセミクジラが見られることも。また、ポイント・ラバット自然保護区(Point Labatt Conservation Park)では、岩の上にいるアシカの姿が年間を通して見られます。レイク・ニューランド自然保護区(Lake Newland Conservation Park)の天然の塩湖では、数百羽の水鳥が集まる様子が圧巻です。さらにカウェル(Cowell)のカキ養殖場を訪ねたり、セデューナ(Ceduna)やコフィン・ベイ(Coffin Bay)で釣りをしたり、またワイアラからチャーター船に乗り込んで海釣りを楽しむこともできます。内陸部に向かい、ゴーラ・レンジズ(Gawler Ranges)の色鮮やかな火山性の岩山、キラキラと光る塩湖、ワイルドフラワーや野性動物などを楽しみましょう。さらに4WDで、ナラボー平原(Nullarbor Plain)の奥深くまで進むこともできます。木がまったく生えていないこの広大な平原は、冒険心を持つ人の心を揺さぶっることでしょう。

フルリオ半島
フルリオ半島

フルリオ半島(Fleurieu Peninsula)

ラピッド・ベイ(Rapid Bay)の桟橋からダイビングやシュノーケリングに挑戦、水中のタツノオトシゴに会いにいってみてください。ヤンカリラ湾(Yankalilla Bay)沖に潜れば、沈没した旧軍艦ホバート号の機関室や砲塔の周りを泳ぎまわることもできます。また、ビクター・ハーバー(Victor Harbor)では、回遊中のクジラやよちよち歩きのペンギンを観察したり、ポート・エリオット(Port Elliot)のホースシュー・ベイ(Horseshoe Bay)では海水浴やボディボード体験も。さらに断崖絶壁の頂上でバイクに乗ったり、歩いたり、登るといったスリリングな体験もできます。グールワ(Goolwa)を出発したら、マレー川(Murray River)を一気に下るか、またはクーロン(Coorong)の輝くばかりの浅瀬を湿原の鳥類を眺めながらゆっくりカヌーで下ってみましょう。グールワ、ケープ・ジャービス(Cape Jervis)、クリスティーズ(Christies)、ミドルトン・ビーチ(Middleton Beach)は、白い砂浜をのんびり歩く楽しみはもちろんのこと、フィッシングやサーフィンなどのアクティブなスポットも待っています。ワイン造りの里、マクラーレン・ヴェイル(McLaren Vale)では、ワイナリーやアーモンド果樹園を訪ねたり、アートや工芸品のギャラリーをぜひ、のぞいてみてください。

アウトバックの町、ホーカー(Hawker)に滞在し、荒々しく、雄大なフリンダース山脈の魅力を数日かけて堪能します。大自然が創り上げた円形競技場、ウィルピナ・パウンド(Wilpena Pound)の縁まで歩いて行ってみるか、あるいはその景観を空からの遊覧飛行で楽しみましょう。ヘイゼン・トレイル(Heysen Trail)の一部になっているルートに沿って、パラチルナ峡谷(Parachilna Gorge)の一番上まで歩いて登るのもよいでしょう。ブラキナ峡谷(Brachina Gorge)の古代の海底から見つかった化石を見たり、アーカルー・ロック(Arkaroo Rock)でアボリジニのアートを鑑賞してください。ウィルピナ・パウンド・ステーション(Wilpena Pound Station)では、この地方の牧畜の歴史を探索してみましょう。さらに砂漠の奥地に進むと、奇妙な地底の町クーバー・ピディ(Coober Pedy)や、フロンティアの町アンダムーカ(Andamooka)でオパール捜しに挑戦することもできます。ウードナダッタ・トラック(Oodnadatta Track)に沿って、その昔アボリジニが行き来した砂漠の道や鉄道ザ・ガン号がかつて走ったルートをたどりながら、干上がった塩湖のエア湖まで4WDでドライブ。あるいは、ストレゼレッキー・トラック(Strzelecki Track)に沿って壮大な砂漠の風景の中に入り、クーンジー湖(Coongie Lakes)やダルハウジー・スプリング(Dalhousie Springs)などの美しい湿地帯を通り抜けて行くルートも魅力です。これらはいずれも人里離れた辺境の地を行くルートです。4WDと充分な計画が欠かせません。

この島には、カンガルー、コアラ、ワラビー、ペンギン、ハリモグラ、野鳥などが生育しています。 シール・ベイ(Seal Bay)では、絶滅危惧種のオーストラリア・アシカが集まる場所を歩いてみましょう。 木の上を見れば、眠そうにしているコアラがいるかもしれません。 リグリアン・ハニーや放し飼いの鶏とその鶏卵などの新鮮な農産物、またケープ・ウィロビー(Cape Willoughby)からキングスコート(Kingscote)にかけて30軒も点在するワイン農家が手塩にかけたワインを、心ゆくまで楽しんでください。この島では、息を呑むほどの美しい風景が楽しめます。 荒々しい断崖、切り立った岬の間にある静かな入江、自然のままの広大なブッシュランド、なだらかな丘陵の農地など、目を見張る景色が溢れています。リマーカブル・ロック(Remarkable Rocks)とアドミラル・アーチ(Admirals Arch)は、オーストラリアでも有数の魅力を持つ、海岸沿いのランドマークです。 ストークス・ベイ(Stokes Bay)の人気のないビーチで泳いだり、ビボンヌ・ベイ(Vivonne Bay)ではサーフィン、そしてエミュー・ベイ(Emu Bay)では釣りを楽しめます。 ケリー・ヒル自然保護公園(Kelly Hill Conservation Park)では地下洞窟のツアーに参加してみましょう。また、フリンダーズ・チェイス国立公園(Flinders Chase National Park)では大自然の魅力を思う存分体感できます。 カンガルー島には、通常のホテルのほかにも、崖の上の5つ星リゾート・ホテルや簡易宿泊所があり、あらゆる旅行者のニーズに応えます。

ライムストーン・コースト
ライムストーン・コースト

ライムストーン・コースト(Limestone Coast)

11月には鉄のような灰色から鮮やかなターコイズ・ブルーに湖水の色が変わる、マウント・ギャンビア(Mount Gambier)のブルー・レイク(Blue Lake)の美しさはため息ものです。世界遺産に登録されたナラコート洞窟(Naracoorte Caves)では、ぜひ、化石層やその見事な景観を楽しんでください。ここでは赤外線を使って、コウモリの棲む洞窟の中を見ることもできます。ラグーンやクーロング(Coorong)の河川をカヌーやヨットで進み、そこに棲む数百種類の湿地帯の鳥を間近で観察したり、アボリジニの歴史を学んだりすることもできます。また、ユーウェンス・ポンド自然保護区(Ewens Ponds Conservation Park)にある湧き水の出る石灰岩の池や、ピッカニニー・ポンド自然保護区(Piccaninnie Ponds Conservation Park)にある澄みきった湖でシュノーケリングや洞窟内ダイビングを楽しんではいかがでしょうか。オーストラリア最長の桟橋の上を歩いたり、ビーチポート(Beachport)の美しい港にある塩分濃度の高いプール・オブ・シローム(Pool of Siloam)でぷかりと水面に身を浮かせてみるのも貴重な体験です。絵のように美しい伊勢エビ漁の町、キングストン(Kingston)やリゾート・タウンのローブ(Robe)では、フィッシング、ダイビング、ウィンドサーフィン、セーリングなどを楽しむことができます。

マナム(Mannum)やレンマーク(Renmark)からハウスボートと呼ばれるレンタルボートをチャーターして、のんびりと自分たちで川下りを楽しみましょう。あるいは、豪華なクルーズやクラシックな蒸気式外輪船に乗って、砂岩の断崖や、背の高いレッド・ガムの木や枝垂れ柳がゆれる風景を満喫してください。マレー・ブリッジ(Murray Bridge)のたもとにあるスタート・リザーブ(Sturt Reserve)ではピクニックをしたり、タイレム・ベンド(Tailem Bend)やスワン・リーチ(Swan Reach)にあるパブに食事に寄るのも楽しいでしょう。バーメラ(Barmera)近くのレイク・ボニー(Lake Bonney)では、水上スキー、ジェットスキー、カヌー、セーリング体験も。マレー・リバー国立公園(Murray River National Park)では、ベリ(Berri)かライラップ(Lyrup)に宿泊して、ロック・ルナ(Loch Luna)、コウィラ/ラル(Chowilla/Ral)、カタラプコ・クリーク(Katarapko Creek)など、水鳥がたくさん集まる水郷をカヌーで下っていくこともできます。サイクリングなら景色のいいイースト・フロント・ロード(East Front Road)を走ったり、マレー・ブリッジからレール・アンド・リバー・ウォーク(Rail and River Walk)へと走り抜けるのがお薦めです。ヌガルカット自然保護区(Ngarkat Conservation Park)内を4WDで走れば、運が良ければ絶滅危機種の鳥、マリーファウルを見つけることができるかもしれません。歴史ある村、ロクストン(Loxton )を訪ねたら、古きよき時代の面影のあるモーガン・ワーフ(Morgan Wharf)や、ヌガングラク族のアボリジニ・ガイドの案内で彼らの神話ブラック・ダック・ドリーミングが生まれた場所を見学してください。

地図を使って必見スポットやアクティビティを見つけよう

States
States

その他の観光情報

南オーストラリア州に関する詳細

詳細については、ツーリズム・サウス・オーストラリア(Tourism South Australia)の公式ウェブサイトをご覧ください。