広々としたエア半島(Eyre Peninsula)を満喫する

エア半島(Eyre Peninsula)、南オーストラリア州。 © SATC & Caroline Fisher

広々としたエア半島(Eyre Peninsula)を満喫する

人混みを離れ、エア半島の手付かずの自然の残る景観、豊かな野生生物、そして最高の海の幸を楽しみましょう。
ビーチでの場所の取り合いなど、ここでは無縁です。  2,000 kmにわたって海岸線が続くエア半島では、好きなだけスペースを取ることができます。 

高波から守られた入り江や湾を散策したり、人気のない砂浜でフィッシングを楽しんだり、また石灰岩の断崖に立って沖をいく大きなクジラを探したりと、いろいろなアクティビティを楽しむうちに時の経つのも忘れるほどです。 

さらに国立公園や、太古の昔に形成された洞窟や不毛地帯、そして美しいナラボー(Nullarbor)平原へ足を踏み入れたなら、時間はいくらあっても足りません。  この有史以前に形成された平原には、木々がまったくない代わりに、さまざまな野生動物や何千年にもおよぶアボリジニの歴史が息づいています。  そのほど近くには、15億年の地質学上の驚異といえるゴーラ山脈(Gawler Ranges)や、太古の昔の丘に囲まれた、息を呑むほどに美しい乾燥塩湖のレイク・ゲアドナー湖(Lake Gairdner)があります。

遊び好きな野生のアシカやイルカと一緒に泳いでみませんか?  高波から守られているワイアラ(Whyalla)の海では、海のカメレオンと呼ばれる巨大なイカと並んで、シュノーケルやダイビングを楽しみましょう。  また、ポート・リンカーン(Port Lincoln)の南の沖合いでケージ・ダイビングに挑戦すれば、グレート・ホワイト・シャークに大接近できます。

陸ではカンガルーやエミュー、空高く舞い上がるワシなどとの出会いが待っています。  エア半島では、あらゆる種類の動物達と1対1で向き合うことは、決して特別なことではなく、ごく日常的なことなのです。  ゴーラー山脈では4WDでサファリ・ツアーに出かけ、この地に固有の珍しい種類の動物が自然のままの生息地で遊んでいる様子を観察しましょう。  5月から10月にかけては、ナラボー平原から雄大なミナミセミクジラの姿を眺めることもできます。

釣れる魚の量とその種類の豊富さから、エア半島は、釣り好きには堪えられない場所です。  また、魚は釣るよりも食べる方が好きという人にとっても、ここではオーストラリアでも最高の海の幸を楽しめます。  4月には、ストリーキー・ベイ(Streaky Bay)にあるファーマー・アンド・フィッシャーマンズ・マーケットで、漁船から水揚げしたばかりのキス、フエダイ、サヨリ、クルマエビ、ロブスターなどを買うこともできます。  また、ワイアラからセドゥナ(Ceduna)までの景色のよいルートをドライブしながら、シーフードと水辺のカルチャーを体験する旅を楽しむのもよいでしょう。

エア半島の広々とした空間と、手付かずの自然を思い切り満喫してください。ここにないものといえば、人混みくらいのものです。

その他の観光情報