ピンクの湖(Pink Lake)、西オーストラリア州(Western Australia)

湖ヒリアー、ミドル島、エスペランス、西オーストラリア州。© Ockert le Roux

ピンクの湖、西オーストラリア州

西オーストラリア州には、珍しい「ピンクの湖」がたくさんあります。

ヒリアー湖(Lake Hillier)もピンクの湖の1つで、エスペランス(Esperance)沖のルシェルシュ群島(Recherche Archipelago)の中で最も大きいミドル島(Middle Island)にあります。

上空からだと風船ガムのようなピンク色に見えます。 ヒリアー湖は長さ600mで、砂で縁取られ、さらにその周りをペーパーバークとユーカリの木々が茂った森で囲まれています。 植物に覆われた幅の狭い砂丘によって、青い南洋と隔てられています。

湖の色がピンクである理由は、完全には解明されていません。 科学者は、塩表面に生息する細菌が作り出す染料による色ではないかと推測しています。

ミドル島のピンクの湖については、冒険家マシュー・フリンダーズ(Matthew Flinders)の1802年の日誌に記述があります。 フリンダーズは、周辺の海を見渡すためにミドル島の頂上(現在のフリンダーズ・ピーク(Flinders Peak))まで登ったときに、この珍しい湖を偶然発見しました。 ミドル島とピンクのヒリアー湖は、手付かずの自然の中にあります。 この湖は上空からしか見ることができません。 エスぺランス発のクルーズに参加して、ルシェルシュ群島と多くの野生生物を観察することもできます。

エスぺランスから7kmの場所にあるピンク・レイク(Pink Lake)もまた、ピンクの湖の1つです。ピンク・レイクは、オーストラリア屈指の海岸沿いの絶景を背にしています。

天候の条件がそろうと、湖の色は薄いピンクになります。これは、水中に密集する藻類によるものです。 ピンク・レイクの展望台まで歩いて行くと、湖の美しい眺めを満喫できます。

固有種の鳥や渡り鳥が多数いることから、ピンク・レイクは、バードライフ・インターナショナル(BirdLife International)により重要野鳥生息地(IBA)に指定されています。

乗馬、ウォーキング、サイクリング、釣り、スキューバ・ダイビング、ホエール・ウォッチング(5月から10月)、ウィンドサーフィン、アブセイリング、カヤック、4WDでのドライブ・ツアーなど、エスぺランスの楽しみ方はたくさんあります。

エスぺランス博物館(Esperance Museum)には、開拓者たちの遺品、難破船に残されていたもの、アメリカのSky Lab(スカイ・ラブ)の破片(1980年にエスぺランスの地上に落下したもの)、アボリジニの工芸品と骨董品など、この地域の歴史的資料が展示されています。 町の桟橋は釣りや散策に最適で、すぐ近くには人工岩礁があります。

エスぺランスをトワイライト・ビーチ・ロード(Twilight Beach Road)沿いに西へドライブすると、ウェスト・ビーチ(West Beach)、チャップマンズ・ポイント(Chapman's Point)、ブルー・ヘブン・ビーチ(Blue Haven Beach)、サーモン・ビーチ(Salmon Beach)、フォース・ビーチ(Fourth Beach)、トワイライト・ビーチ(Twilight Beach)の景色を楽しむことができます。 海岸付近ではアクアマリン色の海水がルシェルシュ群島の付近では紺碧に変わるのを眺めながら、柔らかい白砂を踏みしめ、花崗岩の岸壁沿いを散歩するのもよいでしょう。

「エスぺランスの医者(Esperance Doctor)」と呼ばれる風に吹かれて、高さ50m以上にまでなった砂丘を見ることもできます。 ロータリー展望台(Rotary Lookout)に行くと、エスぺランス、エスぺランス湾(Esperance Bay)、ピンク・レイク、沖合に浮かぶ島々の絶景を一望できます。

エスぺランスは、ケープ・ルグランド国立公園(Cape Le Grand National Park)、ストークス国立公園(Stokes National Park)、ケープ・アリッド国立公園(Cape Arid National Park)の玄関口でもあります。

エスぺランスは、パース(Perth)から南東へ720kmの場所、西オーストラリア州の南岸にあります。 パースから車で8時間、飛行機で2時間です。

その他のオーストラリア旅行のアイデア