ウェーブ・ロック、西オーストラリア州にある不思議な岩

ウェーブ・ロック、西オーストラリア州にある不思議な岩

「こんな体験したことある? 時がたつのも忘れて、ウェーブ・ロックの不思議な模様に見入ること。しかもその27億年も前にできた岩の上に、この両足で立つこと!」

ハイデン(Hyden)の近くにあるウェーブ・ロック(Wave Rock)を見たのが、キアン・ホウの一番の思い出です。西オーストラリア州南西部一帯をバックパックを背負って探検している途中のことでした。ホウはクアラルンプールから友人2人と旅行にきて、周辺を巡っていました。海辺の町アルバニー(Albany)でザトウクジラを眺めた時も、とても感動したそうです。

「まずパースを観光しました。みんな気楽なやつばかりなんで、ほとんど計画を立ててなかったんです。パースの次は車を借りて東へ走り、ハイデンに向かいました。そこからアルバニー(Albany)に向けて南下しました。そこから今度は海岸沿いを西へ向かってパースに戻りました。ちょうど長方形の形に走ったことになります。」とホウ。

一行はサウスウェスト・ビーチス・アンド・ゴールドフィールズ・ドライブ(South-West, Beaches and Goldfields Drive)をほとんど走ったことになります。もし時間があって7泊8日の旅程が組めれば、エスペランス(Esperance)の白いビーチを眺めたり、格調高い金鉱の町カルグーリー(Kalgoorlie)に行くこともできました。一行はそれほど時間がとれなかったので、ゆるやかにうねる農地やひなびた小麦地帯の中を4時間走って、まっすぐハイデンに向かいました。

ウェーブ・ロックはこの町にあり、毎年何千人もの観光客がこの岩を見ようとやってきます。高さは15メートル、長さ110メートルの花崗岩の崖で、まさに巨大な波が静止しているように見えます。地理学者の説によると、この岩は27億年以上前に、長年の風雨と化学的浸食の結果形成されたものだそうです。

一帯には他にもザ・ハンプス(The Humps)、ヒッポス・ヨーン( Hippo’s Yawn)、マルカス・ケーブ(Mulka’s Cave)などといった奇岩があり、アボリジニの岩絵が多数、残されています。周辺には野鳥も多く、地元の野生動物公園では珍しい白色のカンガルーが飼育されています。6月から10月にかけては景色のいい18コースのゴルフコースが営業していますし、9月から12月にかけては、金色の平原に色とりどりのワイルドフラワーが咲き乱れます。町には開拓博物館や自然観察園、さまざまなレース生地をコレクションして売る店もあります。

一行はハイデンから4時間走ってアルバニーに到着します。州南部の荒々しい海岸沿いにある町で、回遊中のザトウクジラを見ることもできました。それは「3人にとって全く未知の経験でした」。3人はしばらく時間をとって、明るい緑色の海、おもしろい形の岩、白いビーチ、背の高い木々が茂る森、広大な国立公園といった景色をゆっくり楽しんだ後、マーガレット・リバー( Margaret River)経由でパースに戻りました。

マレーシアに戻って、再び「学校に行ってひたすら講義」を受ける日常生活に戻ったホウは、友人2人と西オーストラリア州南西部をめぐったドライブ旅行のことを、懐かしく思い出しています。今度行く時はレッド・センターか、ダーウィンとトップ・エンドに行こうと考えていますが、それは「自然の奥深くまで入っていけるから」だということです。

「オーストラリアはまばゆいばかりに美しい国で、ほしいものは何でも揃っています。大都市、フレンドリーな人々、調和のとれた生活、野生動物、大自然、そしてアウトバック。私はマレーシア人ですが、パース旅行はあまりにも感動的だったので、オーストラリアのすばらしさを世界にPRしようと思います



他の「イチオシ体験」を表示

自然を愛する人々の町、キャンベラ
ゴールド・コーストで過ごした夢のような休暇
ホバートのハネムーン - どこへ行っても日帰り圏内
カリジニは地質学の別天地
パースからピナクルズへ
世界遺産オペラハウスで眺める朝日
オーストラリアの冒険旅行 - レッド・センターからタスマニアまで
家族で楽しんだマーガレット・リバー
カカドゥの刻々と変化する自然

タンガルーマ、モートン島
タスマン国立公園
キンバリー、オーストラリアの感動的な思い出
バレー・オブ・ザ・ジャイアンツ
感動の連続、オーストラリア・ワーキングホリデー体験
タスマニア旅行の思い出
グレート・オーシャン・ロード沿道の楽しみ
ウェーブ・ロック、西オーストラリア州にある不思議な岩

その他の観光情報