西オーストラリア州のワイルドフラワー

マウント・ブルース(Mt Bruce)の近くに自生するムラムラの花、カリジニ国立公園(Karijini National Park)。 © Tourism Western Australia

西オーストラリア州のワイルドフラワー

単調な毎日や荒涼とした風景を忘れましょう。西オーストラリア州の冬はすべての固定観念を打ち破ってくれます。6月から9月までは、12,000種以上のワイルドフラワーが西オーストラリア州中に咲き誇ります。鮮やかな色彩のあふれるニンガルー・リーフ(Ningaloo Reef)に向かいましょう。ジンベエザメと一緒に泳いだり、熱帯魚やサンゴを見下ろしながらシュノーケリングを楽しむことができます。ジェラルドン(Geraldton)に程近く、荒々しさが魅力のカルバリー国立公園(Kalbarri National Park)や、パース(Perth)のキングス・パーク(Kings Park)の生命力に満ちた色彩を堪能しましょ。そのうちマーガレット・リバー(Margaret River)や、その周辺の洞窟やワイナリーに行きたくなります。ビブルマン・トラック(Bibbulmun Track)沿いのそびえ立つカリーの森を通ってそれらを訪ねるか、アルバニーを起点にまばゆいばかりの多様な自然の中に足を踏み入れましょう。ワイルドフラワーを求めて日帰りのハイキングに出かけてみましょう。もっと長いツアーに参加して、たくさん開催されているフラワー・フェスティバルのひとつで地元の人たちと一緒に咲き誇る花を愛でることもできます。

4WDに乗ってブルーム(Broome)からピルバラ(Pilbara)まで走りましょう。州内の花の見頃は例年6月からです。熱帯のスコールが初めて降ったあと、固有種のハイビスカスやブルーベル、スティッキー・カシア、ムラムラ、固有種のフクシアが泥だらけの赤い大地の上に咲き競います。カリジニその他の国立公園の中で一泊してください。ロックフィグやレモングラス、シルバー・カジェプトを、滝の下や涼しくて深い池の畔で見つけることができます。

7月以降は630種以上のワイルドフラワーがケープ・レンジ(Cape Range)一帯に咲き誇り、ベストシーズンを迎えます。ケープ・レンジ国立公園(Cape Range National Park)でブッシュウォーキングやロッククライミング、4WDのドライブを楽しみましょう。太古から続く赤色の渓谷が、一面にヒナギクの花の咲き乱れる丘を貫き、ターコイズ色の海へと続いています。ここは冬でも平均気温が25度もあり、近くのニンガルー・リーフ(Ningaloo Reef)では7月になってもジンベエザメと一緒に泳ぐことができます。ワイルドフラワーを見たあとはビーチからニンガルー・リーフの色とりどりのサンゴまでシュノーケリングに出かけたり、コーラル・ベイ(Coral Bay)からゲーム・フィッシングに繰り出しましょう。

8月には、海沿いをカルバリー国立公園まで下ることもできます。この季節はバンクシアやグレビレア、カンガルー・ポー、赤花のユーカリの開花期です。花の中をブッシュウォーキング、ロッククライミング、カヌーに出かけ、途中にあるネイチャーズ・ウィンドウ(Nature’s Window)の赤い岩の額縁から、眼下の景色を眺めましょう。

9月初旬からは、州南西部の春は壮大なピカソの絵のような感激を与えてくれます。パースのキングス・パークで1ヵ月にわたって開催されるワイルドフラワー・フェスティバルも見逃せません。最大で1,700種もの固有植物が咲き誇ります。ここからマーガレット・リバーに向かいましょう。ワイナリーが点在し、波の砕ける海、地下洞窟、壮大なジャラー、マリー、カリーの森があります。ツアーに参加するかブッシュウォーキングを楽しんで、パープル・タッセル、ファン・フラワー、フレームピーなどの花を探してみましょう。9月中旬に開かれるマーガレット・リバー-オーガスタ・オーキッド・ショー(Margaret River–Augusta Orchid Show)で、希少種のかわいいランの花を鑑賞してください。

ワイルドフラワーの見どころは海岸沿いに南下していきます。南西部道路とビブルマン・トラックの交差点周辺には見どころがたくさんあります。ペンバートン(Pemberton)を起点に、ピンクの花をつけたボロニアや黄花のキンポウゲの咲き乱れる背の高いカリーの森をハイキングしてみましょう。金属の針のついた靴を履いて天に届きそうな「グロスター・トゥリー(Gloucester Tree)」に登ってから、これらの花のじゅうたんを眺めに出かけることもできます。アルバニーを出発し、ポロンガラプ国立公園(Porongurup National Park)の花崗岩のドーム周辺のワイルドフラワー観察コースを歩いたり、1,800種以上もの花の咲く植物が生息しているフィッツジェラルド・リバー国立公園(Fitzgerald River National Park)を訪れてみてください。エスペランス(Esperance)近郊にあるケープ・ル・グラン国立公園(Cape Le Grand National Park)の花崗岩の峰や、ヒースの茂みの間に点在する海辺のワイルドフラワー見学もおすすめです。9月に開催されるエスペランス・ワイルドフラワー・フェスティバル(Esperance Wildflower Festival)で室内に展示される400種以上のワイルドフラワーを見物するのもよいでしょう。

今年の冬は、いつもと一味違った経験をしてみませんか。西オーストラリア州が誇るすばらしい自然の中の観光地でワイルドフラワーをめぐる旅をして、暗くなりがちな冬に彩りを添えましょう。

その他の観光情報