オーストラリアのアボリジニ

ダーウィン・フェスティバル(Darwin Festival)、ノーザン・テリトリー。 © Tourism NT

オーストラリアのアボリジニ

オーストラリアのアボリジニの生活を体験して、その地域の魅力や周辺の旅を心から楽しんでください。

アボリジニたちは少なくとも5万年にわたって、豊かで生き生きとした生活を続けてきました。そんなアボリジニの目から見たオーストラリアが存分に味わえる場所やサービスをまとめてあります。

ノーザン・テリトリーのアボリジニの歴史が刻まれた土地を旅してください。レッド・センターではアナング族のガイドの案内で、ウルルのふもとを歩き回りましょう。アレンテ族の人々が2万年以上にわたって暮らしてきたアリス・スプリングスの町で、アボリジニの絵を見てまわってください。世界遺産カカドゥ国立公園でアボリジニの描いた複雑な岩絵を見学して、ドリームタイムの神話を学ぶこともできます。

世界最古の文化と間近にふれあうチャンスをつくるなら、レッド・センター・ウェイをドライブして、ウルルやカタ・ジュタ、キングス・キャニオンなどアボリジニの聖地に足を踏み入れてみましょう。あるいはサウス・オーストラリアン・ループを走ってフリンダース山脈を巡り、キャンプファイヤーの側でアドニャマタンハ族の万物創造の物語に耳を傾けてください。サバンナ・ウェイをドライブしてクイーンズランド州からノーザン・テリトリー、さらに西オーストラリア州を横切り、岩絵の描かれたアボリジニの遺跡を訪ねることもできます。

アート、ダンス、神話、音楽、そして大地そのものを通じて、5万年以上にわたって先住民アボリジニが伝えてきたものを、発見しましょう。 都市部では、アボリジニ・アートや現代のダンスを鑑賞することができます。また、アウトバックに向かえば、キャンプファイヤーをしながら万物創造のドリームタイム(Dreamtime)の言い伝えに耳を傾けることもできます。ブッシュウォーキングやシュノーケリングをしたり、ブッシュ・タッカーや槍作り、伝統的な方法での魚捕りを学んだりするのはいかがですか? この太古の土地とその精神性、そしてその不思議さを理解するために、アボリジニの人々の話を聞いてみましょう。

ノーザン・テリトリーでは、我を忘れるとともに、また本来の自分を発見もすることができます。ここには先住民アボリジニの豊かな文化に彩られた、荒々しいまでに美しい自然があります。 ウルル(Uluru)とカカドゥ国立公園(Kakadu National Park)では、その象徴的な美しさを見つけることでしょう。  写真のことなど忘れて  オーストラリアの中心に位置する壮麗で神秘的な岩山の前に立ったときや、トップ・エンド(Top End)の緑滴る熱帯雨林を探索しているとき、これまでにない感動を覚えることでしょう。 またノーザン・テリトリーは野生生物の宝庫でもあり、そこには色彩豊かなアウトバックとアウトドアでの冒険が待っています。

オーストラリアの赤土の大陸の真ん中で魂を癒してみませんか? オーストラリアを代表する自然の神秘、ウルル-カタ・ジュタ、マクドネル山脈、キングス・キャニオンは、すべてオーストラリアのレッド・センターにあります。これらすべてには、言わずと知れたアウトバックの街アリス・スプリングズからアクセスすることができ、太古の昔に形成された山脈や限りなく続くアウトバックへの日帰りツアーの数々を満喫することができます。ウルルは、ラクダの背中に乗って眺めたり、太古の川フィンク川の横を4WDでドライブしながら楽しむことができます。満天の星空の下でのキャンプや、マクドネル山脈のグレン・ヘレン渓谷(Glen Helen Gorge)でのスイミングもお勧めです。シンプソン砂漠では、アボリジニ・アートの精神世界を体験することができます。ララピンタ・トレイルで地域固有の動植物に大接近したり、レッド・センター・ウェイをドライブしながら色彩に富んだな絶景を楽しんでください。

ダーウィン(Darwin)から東へ約3時間のところにある、世界遺産のカカドゥ国立公園(Kakadu National Park)を探訪しましょう 。 このオーストラリア最大の国立公園では、5万年も前に描かれた最古のロック・アートを見学したり、岩だらけの急斜面や熱帯雨林を眺めることができます。アボリジニの文化について、先住民であるビニン族(Bininj)、別名ムンゴイ族 (Mungguy)の人々から学ぶこともできます。また湿地帯では何百万羽もの渡り鳥の群れを観察することができます。繊細なハスの花を眺めたり、有史以前の生き物を彷彿とさせるクロコダイルにも出会えるほか、雷鳴のように轟く滝やキラキラと輝く滝壺の水の美しさも楽しみましょう。魔法のように折々の変化を見せる四季を体験してください。繊細なハスの花から有史以前の生き物を彷彿とさせるクロコダイルまで、カカドゥにはさまざまな未知の宝物が待ち受けています。

アリス・スプリングは、マクドネル山脈(MacDonnell Ranges)と広大な砂漠に周囲を囲まれたオーストラリアのレッド・センター(Red Centre)に位置しています。アボリジニーのアランダ(Arrernte)族が2万年もの間生活してきたアウトバックの街として有名なアリス・スプリングズは、大陸横断電信線(オーバーランド・テレグラフ・ライン-Overland Telegraph Line)の基地に端を発しています。 モダンで陽気な今日のアリス・スプリングズの街は、開拓者の歴史、アドベンチャー精神をくすぐる地形、アボリジニーの芸術と文化に溢れています。また、ウルル・カタジュタ(Uluru-Kata Tjuta)やキングス・キャニオン(Kings Canyon)、シンプソン砂漠(Simpson Desert)、東西マクドネル山脈(East and West McDonnell Ranges)など、アウトバックの代表的な観光地への出発点にもなっています。

原住民