オーストラリアの海に潜る

タートル・ベイ(Turtle Bay)、ほの暗いサンゴ礁、グレート・バリア・リーフ(Great Barrier Reef)、クイーンズランド州。 © Tourism Queensland

オーストラリアの海に潜る

周囲を海に囲まれ、島やリーフの豊かなオーストラリアは、ダイバーたちにとって夢の国です。オーストラリアの海は海洋生物の宝庫です。4,000種以上の魚が生息しており、海草の多様性は世界最高水準です。ニンガルー・リーフ(Ningaloo Reef)に生息する巨大でやさしいジンベエザメや、南オーストラリア州にあるエア半島(Eyre Peninsula)に生息するアシカ、イルカと泳いでみませんか。クイーンズランド州にある世界最大の生きたサンゴ礁、グレート・バリア・リーフ(Great Barrier Reef)でダイビングを習いましょう。シドニー(Sydney)にあるクロブリー(Clovelly)の波のこない風光明媚な海でシュノーケリングをするのもよいでしょう。モーニントン半島(Mornington Peninsula)の沖に沈む海草に覆われた潜水艦を発見したり、タスマニア東海岸にある海底洞窟を探検するのもおすすめです。オーストラリアの暖かい水が呼んでいます。さあ、ダイビングに出かけましょう。

ダイビングのおすすめスポット7カ所:

グレート・バリア・リーフ(Great Barrier Reef)、クイーンズランド州
グレート・バリア・リーフ、クイーンズランド州

1. グレート・バリア・リーフ(Great Barrier Reef)、クイーンズランド州

宇宙から見てわかるほど広大な生きた芸術作品で、世界遺産にも登録されているグレート・バリア・リーフ(Great Barrier Reef)を見逃す手はありません。ポート・ダグラス(Port Douglas)からバンダバーグ(Bundaberg)まで、およそ2,000キロにわたって続いています。ヘロン島(Heron Island)やリザード島(Lizard Island)でダイビングの好適地を見つけてください。ウィットサンデー諸島(Whitsunday Islands)の島々に泊って、水上飛行機からハート・リーフ(Heart Reef)のすばらしい景観を楽しむのもよいでしょう。ケアンズ(Cairns)かポート・ダグラス(Port Douglas)を拠点に、グリーン島(Green Island)やフィッツロイ島(Fitzroy Island)のリーフ・ガーデンを訪れましょう。さらに大陸棚の端にあるエージンコート・リーフ(Agincourt Reef)にも足を伸ばしてみてください。グラッドストーン(Gladstone)の近くにあるレディ・マスグレーブ島(Lady Musgrave Island)やフィッツロイ・ラグーン(Fitzroy Lagoon)で、ウミガメやヒトデ、カニのたくさん住んでいるサンゴの谷の中を泳ぎましょう。タウンズビル(Townsville)からは沈没船SS Yongala号を、マッカイ(Mackay)からはLlewellyn号を探検しに行くことができます。

ニンガルー(Ningaloo)、西オーストラリア州
ニンガルー、西オーストラリア州

2. ニンガルー(Ningaloo)、西オーストラリア州

世界最大のフリンジング・リーフ(裾礁)、ニンガルー海洋公園(Ningaloo Marine Park)で熱帯の色鮮やかな動植物を観察しましょう。ここには石珊瑚200種、軟質珊瑚50種のほか、500種以上の魚類が生息しています。  ブンデギ・ボンビーズ(Bundegi Bombies)の珊瑚礁自保護区でシュノーケリングやシャローダイビングをして、鮮やかな衣装を身にまとった魚たちと一緒に泳ぎましょう。  エクスマウス湾(Exmouth Gulf)の入り口にある、SF小説に出てきそうな海綿や、ウミウチワ、ムチヤギのいる海の近くで朝を迎えてください。ライトハウス・ベイ(Lighthouse Bay)で、カメやオニイトマキエイ、イルカ、ジュゴン、バットフィッシュ、エンゼルフィッシュ、カクレクマノミなどの魚と仲良く泳ぐのもすばらしいものです。ムリオン諸島(Murion Islands)で目の覚めるようなリーフ・ダイビングを楽しみ、派手な色をした海中の群衆を眺めましょう。4月から6月にかけては世界最大の魚、ジンベエザメと一緒に泳ぐこともできます。 

モーニントン半島(Mornington Peninsula)、ビクトリア州
モーニントン半島、ビクトリア州

3. モーニントン半島(Mornington Peninsula)、ビクトリア州

ポート・フィリップ・ヘッズ海洋公園(Port Phillip Heads Marine Park)で、アカエイやタツノオトシゴ、イカ、ウニ、メバル、ウィーディー・シードラゴンと一緒にダイビングを楽しみましょう。この不思議な海中の世界はメルボルン(Melbourne)から1時間のドライブで行けるモーニントン半島の沖合いにあります。ポープス・アイ(Popes Eye)にある小さな保護区域で、魚や鳥、アザラシの数の多さは驚くほどです。ソレント(Sorrento)では、イルカと一緒に泳ぎましょう。  8から18メートルの深度までもぐって、ケルプ・ベッズ・リーフ(Kelp Beds Reef)の海底にある崖や棚地、洞窟を横目に見ながら泳いでください。ウォールダイブや垂直降下、沈没した第1次世界大戦時の潜水艦探検が楽しめるポート・フィリップ・ヘッズでさらに深くまでもぐるのもよいでしょう。ポートシー・ピア(Portsea Pier)でダイビングを習い、ライ・ピア(Rye Pier)周辺のダイビング・コースで色とりどりの様々な魚たちを見つけてください。

イースト・コースト・ダイブ・トレイル(East Coast Dive Trail)、タスマニア州
イースト・コースト・ダイブ・トレイル、タスマニア州

4. イースト・コースト・ダイブ・トレイル(East Coast Dive Trail)、タスマニア州

ビナロング・ベイ(Binalong Bay)やタスマン半島(Tasman Peninsula)など、タスマニア東海岸にある11のすばらしいダイビング・スポットでダイビングを楽しみましょう。  ターコイズ色に透き通った海は10~40メートルの深さまで見通すことができます。ビチェノ(Bicheno)近郊のワウブス湾(Waubs Bay)でショア・ダイビングをして、ビッグベリー・シーホースやウィーディー・シードラゴンを見つけてください。ガバナー・アイランド自然保護区(Governor Island Marine Nature Reserve)でジュエルド・アネモネ(イソギンチャクの仲間)やバタフライ・パーチの群れを見ながら遊泳しましょう。アイル・ド・フォク(Isle de Phoque=アザラシの島)の美しい海底洞窟の中を泳ぐこともできます。ここにはアザラシの大規模なコロニーがあります。マリア島(Maria Island)の近くに沈められたTroy D号の船体や、ボートを離れてウォーターフォール湾(Waterfall Bay)の巨大なリーフや海底洞窟をダイビングで探検するのもよいでしょう。フォーテスキュー湾海草林(Fortescue Bay Kelp Forest)や、1915年に深さ40メートルの海底に沈められたSS Nord号の周囲を泳ぎまわってみてください。

ベアード・ベイ(Baird Bay)、南オーストラリア州
ベアード・ベイ、南オーストラリア州

5. ベアード・ベイ(Baird Bay)、南オーストラリア州

エア半島(Eyre Peninsula)にあるのどかな町、ベアード・ベイで、人のなつっこいアシカやバンドウイルカと一緒に泳いだり、シュノーケリングやダイビングを楽しんだりしましょう。  生息環境が脅かされているアシカのコロニーがあることで有名になった漁村です。アシカたちは近くの波のこないラグーンの中に住んでいます。手が届くほど近くの澄み切った海の中で、水とたわむれる親子たちを眺めましょう。アシカたちの憂いをたたえた茶色い目をのぞき込むと、一緒に遊ぼうよと誘われているような気がします。遊ぶのは好きだがアシカほどには群れたがらないイルカと一緒に、もう少し深い海でダイビングをするのも楽しいものです。近くのポート・リンカーンではイカやマグロと一緒に泳ぐこともできますし、ケージダイビングをすれば、ホオジロザメと一緒に泳ぐことも可能です。 

ダーウィン港(Darwin Harbour)、ノーザン・テリトリー
ダーウィン港、ノーザン・テリトリー

6. ダーウィン港(Darwin Harbour)、ノーザン・テリトリー

心地よいダーウィン港でダイビングをして、魚たちと第2次世界大戦で沈んだ船の中を泳ぎましょう。およそ2週間ごとに潮流が変化し、この海中の秘密を見つけることができるようになります。藻に覆われた船体のあいだを泳いでみてください。1942年の空爆で沈没し、今はコーラル・トラウトやカラクサオオセ、ジューフィッシュ、バラクーダの住みかになっています。港の両側に続く浅海性リーフの中に住むサンゴ虫やソフトコーラル、ハープコーラル、ベーズスポンジ、ホヤなどを眺めましょう。ダーウィン名物の鮮やかなオレンジ色の夕日を目に焼きつけてから、温かくなめらかな海の中で夜のダイビングをしてください。  夜の薄明の中で、パイプウニやすばやく姿を変えるタコを探すこともできます。

クロブリー(Clovelly)とゴードンズ・ベイ(Gordons Bay)、ニュー・サウス・ウェールズ州
クロブリー とゴードンズ・ベイ、ニュー・サウス・ウェールズ州

7. クロブリー(Clovelly)とゴードンズ・ベイ(Gordons Bay)、ニュー・サウス・ウェールズ州

クロブリーやその隣のゴードンズ・ベイの絵のように美しい岩だらけの海峡で、虹色の魚たちの行き交う様子を眺めましょう。シドニーの中心街からわずか8キロのところにあり、ブルー・グロッパーやフエダイなどタイの仲間、カマスの仲間、イースタンブルーデビル、コブシメ、コチなどがたくさん海中を泳ぎまわっています。波のこないクロブリー・プール(Clovelly Pool)か、クロブリーの北端にあって少し波のあるシャークス・ポイント(Sharks Point)沖で、夜のダイビングを楽しんで下さい。500メートルの長さのアンダーウォーター・ネイチャー・トレイル(Underwater Nature Trail)で、岩礁や砂にへばりつくようにじっとしている魚たち、海草の森を見ながらゴードンズ・ベイをくまなく泳ぎましょう。  海中でよく見られる面白い生き物のなかでも、ウィードフィッシュやタツノオトシゴ、テンジクザメ、ネコザメ、さらにヒトデやアメフラシ、ウニなどがよく見られます。

オーストラリアの海に潜る

その他の観光情報