オーストラリアの大自然

カーティス・フォールズ(Curtis Falls)、タンボリン国立公園(Tamborine National Park)、クイーンズランド州。 © Tourism Queensland

オーストラリアの大自然

オーストラリアの美しい自然を間近で楽しみましょう。他の場所では見られない鳥や植物、動物たちが、15か所の世界遺産地域や、500ヵ所以上の国立公園内に数多く生息しています。

またレッド・センターや西オーストラリア州のキンバリー地方に広がるアウトバックでは、世界を一変させてしまうような、大自然の偉大なパワーが感じられます。クイーンズランド州のグレート・バリア・リーフでは色とりどりの魚たちを眺めながらシュノーケリングが楽しめ、野生動物の安息の地、カンガルー島ではコアラやカンガルー、アザラシ、ペリカン、ペンギンを眺めることができます。さらにオーストラリアに生息する鳥類の3分の1がいると言われているカカドゥ国立公園では、湿地や滝が見どころの一つです。ゴンドワナ大陸時代の植物が何種類か生き残っているデインツリー・レインフォレストで、遥かな古代に夢を馳せてみるのもいいでしょう。5月から11月にかけては、西オーストラリア州で咲き誇るワイルドフラワーを眺めながら、ホエールウォッチングを楽しむことができます。

ドライブもよし、ブッシュウォーキングもよし。自然を楽しむのにぴったりの旅は数え切れないほどあります。タスマニアにある有名なオーバーランド・トラックのハイキング、緑に覆われたゴールド・コースト内陸部のトレッキング、シックス・フット・トラックで楽しむブルー・マウンテンズ探索などを、ぜひとも楽しんでみてください。

オーストラリアを代表する自然の神秘、ウルル-カタ・ジュタ、マクドネル山脈、キングス・キャニオンは、すべてオーストラリアのレッド・センターにあります。これらすべてには、言わずと知れたアウトバックの街アリス・スプリングズからアクセスすることができ、太古の昔に形成された山脈や限りなく続くアウトバックへの日帰りツアーの数々を満喫することができます。ウルルは、ラクダの背中に乗って眺めたり、太古の川フィンク川の横を4WDでドライブしながら楽しむことができます。満天の星空の下でのキャンプや、マクドネル山脈のグレン・ヘレン渓谷(Glen Helen Gorge)でのスイミングもお勧めです。シンプソン砂漠では、アボリジニ・アートの精神世界を体験することができます。ララピンタ・トレイルで地域固有の動植物に大接近したり、レッド・センター・ウェイをドライブしながら色彩に富んだな絶景を楽しんでください。

ブルーム(Broome)のケーブル・ビーチ(Cable Beach)ではラクダに揺られながら美しい夕陽を眺め、バングル・バングル山脈(Bungle Bungle Range)の上を遊覧飛行して景色を楽しみましょう。 雄大なアーガイル湖(Lake Argyle)をクルーズすれば、バカニア諸島(Buccaneer Archipelago)辺りで打ち上げる、ビルよりも高い波を見ることができます。4WDでギブ・リバー・ロード(Gibb River Road)に沿って渓谷や迫力あるギブ川を越えていったり、ブルームから人里離れたダンピア半島(Dampier Peninsula)までの赤土のダート・ロードを走ってみたりするコースもお薦めです。キンバリーへようこそ -ここには、果てしなく広がる水平線、太古の昔に形作られた渓谷、奇妙な形をした奇岩の数々、人を歓迎してくれる岩でできたプール、そして金色に輝く砂浜などが待っています。

クイーンズランドの沖合いに広がるグレート・バリア・リーフは、ポート・ダグラス(Port Douglas)からバンダバーグ(Bundaberg)まで2千kmもの長さを誇ります。ヤシの木が茂る自然のままの島々を渡り、虹色に彩られたサンゴ礁や海洋生物を間近で見てみましょう。 

空を旋回するピンク色のペリカンを、シール・ベイ(Seal Bay)では岩の上で遊ぶアザラシを、そして木の上の眠たそうなコアラを見ることができます。 砂浜の特別観覧席に陣取り、コガタペンギンの群れや夫婦が、毎晩ペネショー(Penneshaw)の岸にまるで巡礼のように通っていくのを眺めることもできます。 リグリア・ハニーや放し飼いの鶏とその卵などの新鮮な農産物、またケープ・ウィロビー(Cape Willoughby)からキングスコートにかけて30にも上るワイン農家が手塩にかけたワインを、心ゆくまで楽しみましょう。 歴史ある宿泊施設に泊まり、ケープ・ウィロビー、ケープ・ボーダ(Cape Borda)、ケープ・デュ・クーディ(Cape du Couedic)などを巡って、南オーストラリアでは最も古い灯台のいくつかを見学してみましょう。 ストークス・ベイ(Stokes Bay)でスイミングを、ビボンヌ・ベイ(Vivonne Bay)ではサーフィンを、そしてエミュー・ベイ(Emu Bay)ではフィッシングを楽しみましょう。 ケリー・ヒル保護区(Kelly Hill Conservation Park)内の鍾乳洞や、フリンダーズ・チェイス国立公園(Flinders Chase National Park)の中にあるリマーカブル・ロックス(Remarkable Rocks)の景色を楽しむドライブに出かけましょう。

このオーストラリア最大の国立公園では、5万年も前に描かれた最古のロック・アートを見学したり、岩だらけの急斜面や熱帯雨林を眺めることができます。アボリジニの文化について、先住民であるビニン族(Bininj)、別名ムンゴイ族(Mungguy)の人々から学ぶこともできます。また湿地帯では何百万羽もの渡り鳥の群れを観察することができます。繊細なハスの花を眺めたり、有史以前の生き物を彷彿とさせるクロコダイルにも出会えるほか、雷鳴のように轟く滝やキラキラと輝く滝壺の水の美しさも楽しみましょう。魔法のように折々の変化を見せる四季を体験してください。繊細なハスの花から有史以前の生き物を彷彿とさせるクロコダイルまで、カカドゥにはさまざまな未知の宝物が待ち受けています。

オーストラリアの世界遺産に登録された神秘的な雨林を探検しましょう。森林はオーストラリア国中のあらゆる気候帯に広がっています。  クイーンズランド州のデインツリー・レインフォレスト(Daintree Rainforest)で熱帯の木々の中を歩いたり、タスマニアの冷温帯林でトレッキングを楽しんだりしてみてください。バイロン・ベイ(Byron Bay)に近いゴンドワナ多雨林( Gondwana rainforest)で、恐竜時代から変わらずここに生えている植物を観察しましょう。

オーストラリアはどこを旅行しても大自然がすぐ手に届くところにあります。国立公園は550ヵ所、世界遺産も15ヵ所に及びます。世界遺産のカカドゥ国立公園で湖沼群や野生動物を見学したり、ダーウィンからネイチャーズ・ウェイを走って、リッチフィールド国立公園のドライブを楽しんでください。グレート・アルパイン・ウェイを走ってオーストラリア・アルプスを横切ったり、ギプスランドのビーチや国立公園を楽しむのもおすすめです。タスマニアをひとめぐりして、島の東側に広がるのどかなビーチやピンク色の岩肌をした山々、青い海、西側に広がる世界遺産の深い森や自然の趣を残す川を見てまわりましょう。オーストラリアの自然の美しさを心ゆくまで味わいたいなら、ウォーキング・コースを歩かない手はありません。

オーストラリアの長距離ウォーキング・コースを歩いて様々な場所を訪れ、心を解放してください。日帰りで短い行程だけを行くもよし、数週間、いや数ヶ月かけて長いコースの端から端まで歩き通してみるのもよいでしょう。オーバーランド・トラックを通ってタスマニアの誇る世界遺産の原生地を端から端まで歩いたり、ララピンタ・トレイルでノーザン・テリトリーの西マクドネル山脈を越えるのもおすすめです。ヘイゼン・トレイルのうち南オーストラリア州を通っている部分を歩いてみてください。フルリオ半島からフリンダース山脈まで行くことができます。世界遺産ブルー・マウンテンズで3日間まるまる過ごすのもよし、ゴールド・コーストでゴンドワナ大陸時代を偲べる雨林をハイキングするのもよいでしょう。ビクトリア州のウィルソンズ岬を歩いたり、ビバルマン・トラックを歩いて西オーストラリア州南西部の 美しさを存分に味わうこともできます。

オーストラリアには、世界最古の熱帯雨林や、世界のおよそ3分の1を占める海洋保護区など、全部で19のユネスコ世界遺産があります。