オーストラリアのオパール

オパール、ウムーナ・オパール・マイン&ミュージアム(Umoona Opal Mine & Museum)、クーバー・ピディ(Coober Pedy)、南オーストラリア州。 © FROSAT & Singing Bowl Media

オーストラリアのオパール

虹色の光を放つ宝石、オパール。オーストラリアの国の宝石です。   アボリジニの伝説によれば、この石のめくるめくような色彩は地上に虹が落ちてきた時に生まれたものだといわれています。  オーストラリアのオパール産出量は世界の95%を占めているため、この美しい宝石はオーストラリアならではの土産物として人気です。  オパールには最もよく見かけるクーバー・ペディ(Coober Pedy)産のホワイト・オパール、いわゆる「ミルキー」オパールから、ライトニング・リッジ(Lightning Ridge)産の貴重なブラック・オパールまで、さまざまな種類があります。  有名なオパール鉱山に旅行に行くか、各地にある専門店で購入して、その輝きをぜひ、楽しんでください。

オーストラリアの主要都市にはどこでもオパール専門店があり、宝飾品に加工されたオパールや自由に加工できる原石を買うことができます。  最も高価なのがブラック・オパール、次いでボルダー・オパール、クリスタル・オパール、ホワイト・オパールの順に続きます。  このような序列付けは、濃い色をした石の方が色が鮮やかだという考えに基づいています。もちろん個々の石によっては例外もあります。 

オパールを探しなら、ぜひ南オーストラリア州ニュー・サウス・ウェールズ州クイーンズランド州のアウトバック一帯にあるオパール鉱山を訪れてみてください。  いずれもかつて広大な内陸海だった盆地の中にあります。  オパールはこの太古の海底を彷彿とさせる光を放っています。色は蛍光性のブルー・グリーンで、サンゴを思わせる縞模様がついています。  この宝石は「砂漠の火」とも呼ばれ、オーストラリアで最も暑く、最も住みにくい地域に埋蔵されています。 過酷な環境のためオパール鉱山訪問は、気温が比較的低い4月から9月までの間にしか行くことができません。 

南オーストラリア州にある一風変わった鉱山の町クーバー・ペディでは、住民の大部分が過酷な夏のな暑さを避けるため、地下で暮らしています。  地下にあるユニークなホテルに泊まったり、地下にある家や教会、お店などをめぐってみてください。地上ではオパール鉱山や採掘場や、切削作業の実演を見学しましょう。  また、4WDをレンタルして、アンダムーカ(Andamooka)、ミンタビー(Mintabie)、ロクスビー・ダウンズ(Roxby Downs)など、他のオパール鉱山の町に行くこともできます。  これら南オーストラリア州の鉱山の産出量をあわせると、世界のホワイト・オパール、またはミルキー・オパールの産出量のほとんどを占めることになります。  

ブラック・オパールは世界中のコレクター垂涎の的となっている宝石で、シドニーの北西800キロのところにあるライトニング・リッジで採掘されています。   ここは1800年代から鉱山で一旗あげようと集まってきた人々でにぎわっていますが、今ではそうした人々に加えて、アウトバックを体験するためにやってきた観光客も大勢います。 ボールド・ヒル(Bald Hill)の鉱山を見学したり、土産物のオパールを購入したり、かつてのオパール採石場跡に作られたゴルフコースでゴルフを楽しんでみてください。   さらに、天然鉱泉でくつろいだり、あちらこちらに残された掘削穴を眺めながら歩いたり、珍しい野鳥を観察することもできます。   この町はブラック・オパール・エオデオ(Black Opal Rodeo)やイースター期間中に開催される面白いヤギ・レースや、7月に行われるライトニング・リッジ・オパール・フェスティバル(Lightning Ridge Opal Festival)の会場でもあります。

町からさらに内陸方面に向かうと、ホワイト・クリフス(White Cliffs)までオパール探索の道が続いています。ここは、かつてはオパール採掘でにぎわった町ですが、今ではわずか数百人の人口しかありません。  夏の間、地元の人たちが暮らしているという廃坑を探索したり、半透明でくっきりした色彩を放つオパールの結晶を見ることができます。

ボルダー・オパールはクイーンズランド州でしか産出されません。クイルピー(Quilpie)、ヨーワ(Yowah)、オパールトン(Opalton)など奥深いアウトバックの町まで行けば、手にすることができます。 7月に開かれるヨーワ・オパール・フェスティバル(Yowah Opal Festival)では、原石や研磨済みのオパールを買ったり、オパールトンに行って1899年に採掘された史上最大のオパール原石を見ることができます。

オパールはアウトバックまで探しに行くことも、大都市のお店で選んで買うこともできます。  いずれにせよ、このオーストラリアならではの宝石は、オーストラリア旅行のまぶしい思い出を心に刻んでくれることでしょう。

その他の観光情報