オーストラリアのマーケット

アデレードセントラルマーケット、アデレード、サウスオーストラリア州。© SATC

オーストラリアのマーケット

生鮮食品から手作り工芸品、流行ファッションまで何でも売っている活気に満ちたオーストラリアのマーケットに出かけてみませんか。古い街角の残るシドニーのロックス地区(Rocks precinct)にあるブティックで土産物を探したり、ホバートのサラマンカ・マーケット(Salamanca Markets)で地元の工芸作家、画家やガラス職人の作品を鑑賞しましょう。ブリスベンの多数のファーマーズ・マーケットで新鮮なオーガニック食品を買うことも、キャンベラで国内最大の絵画・工芸品マーケットを散策することもできます。ダーウィンのミンディル・ビーチ・サンセット・マーケット(Mindil Beach Sunset Markets)で世界五大陸のスパイスを試食したり、アデレード・セントラル・マーケット(Adeleide Central Market)で食材をそろえて完璧なるピクニックを楽しむのもいいでしょう。  メルボルンのローズ・ストリート・マーケット(Rose Street Markets)でユニークなファッション・アイテムを手に入れたり、フリーマントル(Fremantle)の活気あふれる週末のマーケットで大道芸人たちの芸を見ながら歩くこともできます。オーストラリア中のほとんどどこへいっても、活気のあるマーケットを見つけることができます。

チャイナタウンのパディーズ・マーケット(Paddy’s Market)では、水曜から日曜まで、極彩色の熱気入り乱れるマーケットが開催されます。 生鮮食品やおみやげ、衣類などが並ぶ中、それぞれの店から買い物客に呼び込みの声がかかります。新鮮なシーフードなら、連日ピアモント(Pyrmont)で開催されるシドニー・フィッシュ・マーケット(Sydney Fish Markets)に向かいましょう。シーフードの料理教室や、通常、関係者だけが入れる裏方を見学するツアーに参加することができます。   土曜日にはザ・ロックス・マーケット(The Rocks Markets)で上品な手造りのオーストラリア製工芸品やジュエリーなどのショッピングや、ロゼール(Rozelle)のウィークエンド・マーケットやグリーブ(Glebe)のマーケットでビンテージの掘り出し物を探しましょう。パディントン(Paddington)のサタデーズ・マーケット(Saturdays Markets)やボンダイ(Bondi)のサンデー・マーケット(Sunday Markets)では新進デザイナーを発掘したり、ビンテージ・シックな古着を買うこともできます。

毎週日曜日にキャンベラで開催される人気のオールド・バス・デポ・マーケット(Old Bus Depot Markets)では、あらゆる物が売られています。200以上の店舗で工芸品、家庭用品、手造りジュエリー、衣類から地元の生鮮食品、ワインまで何でも手に入ります。 食べ物の出店も数多くあり、このマーケットでランチを食べるのが地元の人の習慣です。また、毎週土曜日の午前中に開催されるキャピタル・リージョナル・ファーマーズ・マーケット(Capital Regional Farmers Market)では、果物や野菜、植物、花、シーフード、食肉、チーズなどが売られています。毎週土曜日には、ブラッドン(Braddon)のゴーマン・ハウス・マーケット(Gorman House Markets)でビンテージの掘り出し物や古本、ジュエリー、国際色豊かな食料品を探すことができます。 オーストラリア最大の工芸品のマーケットに行きたいなら、毎月第一日曜日にホール(Hall)に向かいましょう。

クイーン・ビクトリア・マーケット(Queen Victoria Market)は、南半球最大にして最古のマーケットとして知られています。生鮮食品やグルメ向けのデリの商品、手頃なプライスの衣類、その他あらゆる商品に囲まれ、大道芸人の音楽を聞きながら、地元の買い物客のにぎわいを体験してください。プラーラン・マーケット(Prahran Market)では、1864年からグルメをうならせる食料品が売られています。ユニークな手作りギフトがほしい方は、ビクトリアン・アート・センター(Victorian Arts Centre)のサンデー・マーケット(Sunday Market)か、フィッツロイ(Fitzroy)の中心に位置するローズ・ストリート・マーケット(Rose Street Markets)がおすすめです。日曜日にセント・キルダ(St Kilda)のエスプラナード・マーケット(Esplanade Markets)で地元のアーティストの作品を鑑賞したり、ドックランズ・サンデー・マーケット(Docklands Sunday Markets)を訪れてユニークなオリジナルの作品やビンテージの掘り出し物を探すのもいいでしょう。にぎやかなキャンバーウェル・サンデー・マーケット(Camberwell Sunday market)では、ビンテージ物と手作り作品が入り混じって売られています。

ミシェルトン(Michelton)、マンリー(Manly)、ニューファーム(New Farm)のパワーハウス(Powerhouse)で開催されるパワーズ・ファーマーズ・マーケット(Powers Farmers Markets)で、エコバッグを旬の生鮮食品でいっぱいにしましょう。露店の売り子たちは全員、生産者か、調理したか、または商品にした人たちです。ロックリー・サタデー・マーケット(Rocklea Saturday Market)では、もっと多くの生鮮食品や花、植物、ライフスタイル商品や工芸品が売られています。人気の高いウェスト・エンド・マーケット(West End Markets)は毎週土曜日にイチジクの木の下で開催され、さまざまな商品や生鮮食品が並びます。毎週金曜日の夜と、土曜日・日曜日に開催されるサウス・バンク・ライフスタイル・マーケット(South Bank Lifestyle Market)では、地元のデザイナーの商品を探したり、おいしい軽食を味わったり、活気にあふれた川辺の空気を満喫してください。

州内の生産者から集めた高級食品が売られるアデレード・セントラル・マーケット(Adelaide Central Markets)の昔ながらのにぎわいは見逃せません。火曜日から土曜日までの営業で、完璧なピクニックの支度から各国料理の食材までそろえることができます。おしゃれなカフェで一級品のコーヒーを楽しむのも最高です。金曜日、週末と祝日に営業するブリックワークス・マーケット(Brickworks Markets)では、衣類から食料品まで何でも手に入ります。  同じ期間中、ロベサル(Lobethal)のアデレードヒルズ・マーケット(Adelaide Hills Markets)では、グルメ食品、工芸品、衣類、家具、そして家庭用品が売られています。買い物に疲れたら、中庭でリラックスして生演奏のステージを楽しんでください。

毎週土曜日の朝、歴史あるサラマンカ・プレース(Salamanca Place)の石畳みの広場で開催されるサラマンカ・マーケット(Salamanca Markets)で生鮮食品やタスマニアの工芸品などの買い物を楽しみましょう。  地元のガラス職人、陶芸家、木工職人や画家の一点物の作品を買うことができます。パラソルの下でコーヒーを飲みながら大道芸人の音楽をBGMに、気さくな地元の生産者からオーガニック栽培のリンゴについておしゃべりするのもいいでしょう。日曜日には、グレノーキー(Glenorchy)で活気あふれるホバート・ショーグラウンド・マーケット(Hobart Showground Market)が開催され、新鮮な果物や野菜、ガーデニング用品や手頃な土産物などが売られます。木こり大会、ドッグ・ショーや馬の競りなどが行われるのもこのマーケットの特徴です。水曜日から日曜日まで営業するムーナーズ・アイランド・マーケット(Moonah’s Island Markets)では、生鮮食品の特売が見逃せません。

フリーマントル(Fremantle)で行われるにぎやかな週末のマーケットには、150を超える露店が並びます。開催場所は壮大なビクトリア様式の市庁舎です。地元産のオパールや西オーストラリア州のワイルドフラワーを買ったり、アンティーク家具を手に取ったり、掘り出し物の衣類を買ったり、インド洋産の新鮮なシーフードの試食をすることもできます。また毎週末にフリーマントル・ハーバー(Fremantle Harbour)で古いコンテナを使って開催されるEシェッド・マーケット(E-Shed Markets)では、手造りのギフトや土産物を見つけることもできます。 週末にはパース・カルチュラル・センター(Perth Cultural Centre)のマーケットへ果物や野菜、花、工芸品、衣類、ジュエリーやオーガニック食品を買いに行ったり、 スビアコ(Subiaco)やアルバニー(Albany)、カラムンダ(Kalamunda)のファーマーズ・マーケットで最高に新鮮な地元の味を堪能するのもいいでしょう。

ダーウィン
ダーウィン

ダーウィン

5月から10月まで開催されるミンディル・ビーチ・サンセット・マーケット(Mindil Beach Sunset Market)は、エキゾチックな食べ物の屋台が並び、のんびりとしたトロピカルな雰囲気が楽しめることで有名です。世界の五大陸から集まったスパイシーな名物料理に舌鼓を打ち、真っ赤な夕焼けを心に刻みましょう。観光客必見の地元の名物を扱うこのマーケットでは、世界各地から集められた手工芸品も売られています。一風変わった品物や中古商品を探すなら、4月から12月の間、毎週日曜日に開催されるナイトクリフ・マーケット(Nightcliff Markets)に行きましょう。また、ミッチェル・ストリート(Mitchell Street)の夜のマーケットで先住民族アボリジニの芸術と触れあったり、土曜日に開かれる色彩豊かなパラップ・マーケット(Parap markets)では工芸品ショッピングと同時に朝食を食べることもできます。ダーウィンで最も長い歴史を誇るラピッド・クリーク・マーケット(Rapid Creek Markets)は毎週日曜日の開催で、食べ物と雑貨が並びます。

オーストラリアのマーケット

その他の観光情報