オーストラリアで今までにない体験を楽しみましょう

オーストラリアで今までにない体験を楽しみましょう

オーストラリアには、ワクワクするような体験が盛りだくさんです。 シドニー(Sydney)ではヘリコプターでビーチの上を遊覧飛行しましょう。小さな潜水艇からグレート・バリア・リーフ(Great Barrier Reef)を眺めるのもおすすめです。 野生生物を観察できるエコツアー、カンガルー島(Kangaroo Island)へのセイリング、キンバリー(Kimberley)でのクルージングもいかがですか。 オーストラリアの都市と景観を楽しむ方法は無限大です。

ここでは、オーストラリアで休暇を過ごすための23のアイデアをご紹介します。

ノーザン・テリトリー

1.

バムルー・プレインズ(Bamurru Plains)の新しいヘリコプター・ツアーで空へと舞い、マリー・リバー(Mary River)の氾濫原や、北オーストラリア海岸線の絶景を上空から楽しみましょう。 カササギガン、シラサギ、リュウキュウガモ、イリエワニ、バタンインコの群れなど、多種多様な野生生物をいつもとは違った角度から眺めることができます。

2.

タリ・ウィル(Tali Wiru)ツアーに参加して、アウトバックの空の下で食事をしてみませんか。エアーズ・ロック(Ayers Rock)リゾートでの忘れがたいオープンエア・ディナーになること間違いありません。 定員20人のアットホームなタリ・ウィル(Tali Wiru)エクスペリエンスは、たきぎを囲んでシャンパンとカナッペを楽しむことから始まります。砂丘の頂上まで散策した後は、4つのフルコース・ディナーとプレミアムなオーストラリア・ワインが用意されています。

クイーンズランド州

3.

グレート・バリア・リーフ・サブマリン(Great Barrier Reef Submarines)の小さな新型潜水艇に乗り込めば、泳がなくても海中の散歩を楽しめます。この潜水艇は、フィッツロイ島(Fitzroy Island)から出発しています。 ツアーは日中と夜間に実施されています。潜水艇には、操縦者1人に加えて、最大2人の定員が乗り込めます。

4.

スカイポイント・クライム(SkyPoint Climb)で、270メートルの上空から息を呑むようなゴールド・コースト(Gold Coast)の景色を眺めましょう。 この観光コースでは、物知りのガイドが、有名な観光スポットについて説明してくれます。さらに、黄金色に輝くビーチや、高層ビルの街並み、木々に覆われたヒンターランドなどの絶景スポットでは、それらの地元にまつわるとっておきの秘密を教えてくれます。 

5.

世界遺産のラミントン国立公園(Lamington National Park)に佇む豪華な宿泊施設のスカイ・ロッジ(Sky Lodges)で、スパと景色を楽しみましょう。 2012年2月にオープン予定のこのセルフサービスのコンドミニアムには、専用の暖炉、テレビ、スパ・バスが装備されており、絶景も楽しめます。 スカイ・ロッジ(Sky Lodges)には、環境に優しいエコなデザインも採用される予定です。

ニュー・サウス・ウェールズ州

6.

ダーリング・ハーバー(Darling Harbour)のワイルド・ライフ・シドニー(WILD LIFE Sydney)を散策し、野生生物を身近に体験してみませんか。  かつてシドニー・ワイルドライフ・ワールド(Sydney Wildlife World)と呼ばれていたワイルド・ライフ・シドニー(WILD LIFE Sydney)では、オーストラリアの代表的な地域を歩いてめぐり、その地域に住む動物たちを眺めることができます。 オーストラリアにある8つの特徴的な生息環境を進んでゆくと、オーストラリアで最も愛されている動物や、怖がられている動物たちに出会うことができます。 さらに、毎週土曜日と日曜日には、コアラ・ルーフトップ(Koala Rooftop)でコアラと一緒に朝食を楽しめます。これぞ、オーストラリアといえる雰囲気を満喫しましょう。

7.

静かな田舎町、ダボ(Dubbo)のタロンガ・ウェスタン・プレインズ動物園(Taronga Western Plains Zoo)を散策するのはどうですか。 この動物園では、オージー・ウォークアバウト(Aussie Walkabout)展示コーナーが改装オープンされ、ワラビーやコアラ、クォッカを眺めながら散策できるようになりました。  さらに、地元の芸術家、ルイス・バーンズ(Lewis Burns)やネイサン・ペッカム(Nathan Peckham)らが手がけた新しいアボリジニの壁画も楽しめます。

8.

ボンダイ・ヘリコプター(Bondi Helicopters)の新しい遊覧飛行ツアーで、有名なシドニー(Sydney)の海岸線を空から眺めてみましょう。 参加者全員が窓側のシートに座れるので、美しい海岸線、マロウブラ(Maroubra)やクージー(Coogee)のビーチ沿いに立ち並ぶ息を呑むような絶壁を満喫できます。

南オーストラリア州

9.

カンガルー・アイランド・セイリング(Kangaroo Island Sailing)ツアーに参加して、カンガルー島(Kangaroo Island)への豪華なセイリング旅行を体験してみませんか。 全長21メートル、ケッチ帆装式の豪華なレディー・ユージン(Lady Eugenie)号に乗り込めば、カンガルー島(Kangaroo Island)への3日間の冒険旅行の始まりです。パッケージには、陽光差すフルリオ半島(Fleurieu Peninsula)の素晴らしい海岸線の眺め、黄昏時のロマンチックなセイリングなど、すべてが揃っています。社員旅行向けのパッケージもご用意しています。

10.

バロッサ・トライク・ツアー(Barossa Trike Tours)の新しいトライク・アンド・ハイク(Trike ‘n’ Hike)ツアーでは、おいしい食事とサイクリングを一度に楽しめます。 カイザーシュトゥール保護公園(Kaiser Stuhl Conservation Park)をサイクリングして、400種を超える原生植物や、クロカンガルー、時折顔を出すハリモグラ、多種多様な野鳥など、豊富な野生生物たちを観察できます。 ツアーにはバロッサ(Barossa)地区の無料送迎サービスが含まれています。またオプションで、最近オープンしたアーティサンズ・オブ・バロッサ(Artisans of Barossa)セラー・ドアに立ち寄ることもできます。郷土料理に舌鼓を打ち、地元特選ワインのテイスティングを楽しむのはいかが。

11.

 ローンスリー・パーク(Rawnsley Park)で最近始まった3日間または5日間のウォーキング・ツアーに参加して、フリンダース山脈(Flinders Ranges)のおすすめスポットめぐり。 ローンスリー・パーク・ステーション(Rawnsley Park Station)のオーナー、トニー・スミス(Tony Smith)とブッシュウォーキングの作家、キム・ティルブルック(Kym Tilbrook)のガイドで、野生生物を間近で観察し、ローンスリー・ブラフ(Rawnsley Bluff)の頂から顔を出す美しい朝日を眺めることができます。 大満足のウォーキング・デイの締めくくりには、おいしい食事を囲み、豪華なエコ・ビラか、キャビンスタイルの宿泊施設でリラックスしましょう。

 

タスマニア州

12.

ホバート(Hobart)周辺のグルメを紹介するグルメニア・フード・ツアー(Gourmania Food Tours)に参加して、美味しいウォーキングを楽しみませんか。 地元のカフェ、デリ、人気のレストランに立ち寄り、腕のいい料理人とのふれあいを通して、タスマニアの豊かで美味な食材を味わっていただけます。

13.

ホバート(Hobart)から西へ車で1時間、タスマニア州、ダーウェント・バレー(Derwent Valley)の28ゲーツ(28 Gates)で、ラグジュアリーな農場ステイを体験するのはいかが。 この宿泊施設は、1862年から6代にわたって続いてきた家族が所有する放牧地の中にあります。建物はかつて馬屋と穀物庫として使用されていましたが、改装されて3つのベッドルームを備えた豪華なプレミアム宿泊施設へと姿を変えています。

14.

新しい超常現象探検(Paranormal Investigations)ツアーに参加し、ポート・アーサー史跡(Port Arthur Historic Site)で肝試しに挑戦。 ツアー中、参加者は専用の検知器を使って、ゴーストの存在や超常現象の活動を調べることができます。

ビクトリア州

15.

建築愛好家のみなさんには、メルボルンの有名なアールデコ調建築物について著名な建築専門家から学べる新しいツアーをおすすめします。 MELツアーズ(MEL Tours)のメルボルン・アールデコ・アーキテクチャ(Melbourne Art Deco Architecture)ツアーでは、市内のアールデコの歴史や、アールデコがデザインに与えた影響について学ぶことができます。また、両大戦期に建てられたメルボルン(Melbourne)の代表的建築物の建設方法や、テナントの歴史などについても知ることができます。

16.

グランピアンズ・リージョナル・ワイン・ツアーズ(Grampians Regional Wine Tours)主催の半日および1日のプライベート・ツアーに参加し、グランピアンズ、ピレネー地域でワインと食事を楽しむのはいかが。 たぐいまれな冷気候ワインを楽しめるこのツアーには、自分だけのワイン・ツアーを計画し、コースの途中で地元の他のアトラクション・スポットをめぐることができるオプションも用意されています。

17.

 ケープ・コンラン・コースタル・パーク(Cape Conran Coastal Park)を探訪するギプスランド・ハイカントリー・ツアー(Gippsland High Country Tours)の新しいエコツアーで、大自然を満喫し、野生動物を眺めるのもおすすめです。 壮大なコースタル・パークを巡る4日間のツアーのハイライトは、夜行性の野生動物を観察できるナイト・ツアーです。

西オーストラリア州

18.

クーリ・ベイ(Kuri Bay)で贅沢な夜を過ごしてみませんか。オーストラリアで最も歴史ある真珠の養殖場クーリ・ベイ(Kuri Bay)が、大自然に囲まれた豪華なロッジに生まれ変わります。 キンバリー(Kimberley)の海岸の奥まった場所にあるこのロッジを訪れるには、ブルーム(Broome)からヘリコプターか水上飛行機に乗らなければなりません。道中は、空からの素晴らしい眺めを楽しむことができます。 部屋は5室のみ。建物は伝統的なブルーム(Broome)様式で、すべての部屋にベランダがあり、ファンによる冷房が備えられています。クーリ・ベイ(Kuri Bay)の自慢は、地元の食材を活かした料理と豊かな自然環境です。 この豪華な宿泊施設は、2012年4月にオープンの予定。

19.

エコ・ビーチ(Eco Beach)に新たなビーチ・ハウスが登場しました。プライベートな空間を満喫できるオーシャン・フロントのこのビーチ・ハウスは、家族や小さなグループでの宿泊にぴったりです。 インド洋とキンバリー(Kimberley)のブッシュランドを臨む崖の上に建つ2軒のビーチ・ハウスは自炊設備を備えており、ウッド・デッキで行き来することができます。屋外には共有のリビング・スペースもあります。

20.

 豪華なチャーター・ボート、カリブー(Caribou)にご乗船ください。船に宿泊して、食事付きの旅を楽しみませんか。 この船旅は、これまでに賞も受賞しているファラウェイ・ベイ(Faraway Bay)のイースト・キンバリー・ウィルダネス・リトリート(East Kimberley Wilderness Retreat)の企画によるものです。チャーター・ボートで行けば、映画「オーストラリア」で有名になったキング・ジョージ川(King George River)の双子の滝など、人里離れた僻地でも一泊することができます。

オーストラリア首都特別地域

21.

バーリー・グリフィン湖(Lake Burley Griffin)の湖畔、ランドマーク、オーストラリアを代表する施設の数々を一味違ったツアーで巡ってみませんか。おすすめするのは、セグ・グライド・ライド(Seg Glide Ride)が主催するセグウェイに乗って出かけるガイド付きのツアーです。 ツアーを始める前に、参加者は個別のトレーニングを受けます。ツアーは午前10時より一定の間隔で一日中催行されています。

22.

オーストラリアの歴史資料に興味があるなら、キャンベラ(Canberra)のオーストラリア国立図書館(National Library of Australia)に新たに開設されたトレジャー・ギャラリー(Treasures Gallery)は外せません。  貴重なコレクションには、ジェームズ・クック(James Cook)が記したエンデバー号(Endeavour)の航海日誌、ジェーン・オースティン(Jane Austen)の手紙、「ワルチング・マチルダ」のオリジナル原稿などが含まれます。

23.

 キャンベラ(Canberra)のオーストラリア国立美術館(National Gallery of Australia)では、オーストラリア先住民の芸術作品を集めた世界最大のコレクションを堪能できます。 また、明け方や夕方にジェームズ・タレル(James Turrell)のインスタレーション作品「スカイスペース(SkySpace)」を訪れて、今までに見たこともない日の出や日没を体験するのもおすすめです。