Site Requires Javascript - turn on javascript!

まだ知らないメルボルンへ

日本航空の成田ーメルボルン線はJALSKY SUITE 787機材を使用。足元まで十分広いベッドポジションで個室のようなプライベート空間を実現したビジネスクラス。前席の背もたれが倒れてこない構造により、さらにゆとりのある上質な居住空間をお楽しみいただけるプレミアムエコノミークラス。そしてSKYTRAX社が主催する2018年「ワールド・エアライン・アワード」において、「ベスト・エコノミークラス・エアラインシート」を受賞したエコノミークラス。3種類の座席を用意し、機内でもそれぞれのお客さまに快適な機内空間をお届けします。

メルボルンのレーンウェイ(裏路地)を散策

メルボルンの中心部には石畳の裏路地が張り巡らされたようにあり、カフェ、個性的なブティックが集まっています。フリンダース・ストリート駅を出発し、デグレーブス・ストリートを通り抜けて、あちこちに点在する美しいアーケードやストリートアートを楽しみましょう。そこからコリンズ・ストリートへ向かい、おしゃれなブロック・アーケードへ行きましょう。カフェインが必要になったら、こじんまりしたブラザー・ババ・ブダンパトリシアへ。どちらもリトル・バーク・ストリートにあります。

ルーフトップバーでカクテルを楽しむ

メルボルンに数多くあるルーフトップバーで、素晴らしい景色を眺めながら乾杯しましょう。地上高くそびえるこれらのバーは、街の中心部や、ボヘミアンな雰囲気のフィッツロイやカールトンのあちこちにあって、ドリンクを片手に夕日を 眺めることができます。地元の人に人気があるのは、目を見張るようなルーフトップテラスが自慢のフィッツロイのネイキッド・イン・ザ・スカイ、街の中心部のカーティン・ハウスの屋上を優雅に飾るルーフトップ・バー、そしてその近くにある非常にユニークなマダム・ブリュッセルなどです。

活気に満ちたメルボルンのアート&カルチャーを満喫

ビクトリア国立美術館(NGV)はオーストラリア最古のギャラリー(1861年創立)で、7万点以上の作品を所蔵しており、魅力的な国内外の展覧会やイベントを数多く開催しています。オーストラリア映像博物館(ACMI)では、映画、テレビ、デジタル文化の世界に包まれてみましょう。またタクシーでブリーンのハイデ近代美術館へ行き、オーストラリア人アーティストたちの感性に触れましょう。夜になったらメルボルンに数多くある劇場のひとつでパフォーマンスを鑑賞。ミュージカルからコメディ、キャバレーまでさまざまなショーを見ることができます。ジャズ の気分なら、メルボルン中心部にあるバーズ・ベースメントジャズクラブで地元や世界各地からのミュージシャンの演奏を楽しみましょう。

メルボルンが世界のスポーツの中心地と言われる理由を探る

メルボルンはオーストラリアのスポーツの中心地であり、そのスタジアムは伝説的ですらあります。メルボルン・クリケット・グラウンド(MCG)でファンと一緒に熱狂しましょう。3月から9月までは オーストラリアン・フットボール・リーグ の試合、11月から2月まではクリケットの国際試合を観戦できます。11月第1火曜日には、フレミントン競馬場のコース脇に座って、メルボルン・カップの興奮に酔いしれましょう。またF1オーストラリアン・グランプリ​が開催される日は、アルバート・パークがハイスピードのレーストラックに変貌し、ワクワクするような体験をお届けします。メルボルンのスポーツイベントの詳細はこちらをご覧ください。

ブドウ園を眺めながら食事を楽しむ

多くのワイナリーでは、ワインに情熱を注ぐのと同様に併設のレストランにも力を入れており、レストランからはブドウ畑やなだらかな丘、湖などが一望できる美しい景色も楽しめます。ポート・フィリップ・エステート(Port Phillip Estate)のダイニング・ルームでは、シェフのスチュアート・デラー氏が旬の素材にこだわって創り出すヨーロッパ風の料理が味わえます。2品または3品のコースでゆっくり楽しみましょう。ブドウ園やオリーブ園が見渡せるモンタルト(Montalto)は受賞歴を誇るレストランで、早めに予約を入れてテイスティングメニューを堪能するのもおすすめです。11ヘクタールに渡るウィロー・クリーク・ヴィンヤード・エステートには豪華なジャカロープ・ホテル(Jackalope Hotel)があり、この地域で最も魅力的なレストランの1つで食事を楽しむことができます。ドゥート・ドゥート・ドゥート(Doot Doot Doot)で調理される食材は、家庭菜園で収穫されたものか、地元で生産されたもので、シェフのガイ・スタナウェイ氏がモーニントン半島の地産地消とはどういうものかを実際に示してくれます。

至福のひとときを過ごす

自分へのご褒美に、ゆっくりリラックスする時間を過ごしましょう。ペニンシュラ・ホット・スプリングス(Peninsula Hot Springs)には、バスハウスとスパ・ドリーミング・センターという2つの施設があり、両施設とも地下から吹き出す天然ミネラル温泉のプールやプライベートの浴室を備えています。バスハウスには洞窟のプール、ハマム(トルコ式風呂)、冷水のプランジプール、ミネラル温泉のシャワーなど、数々のオプションがあります。スパ・ドリーミング・センター(16歳以上)では、プライベートプールとスパトリートメントが利用できます。60分のコド・マッサージ(伝統的な先住民アボリジニの手法をヒントにしたリズミカルなマッサージ)で、気の流れを整えましょう。レッド・ヒル・スパ(Red Hill Spa)エンドタ・スパ(Endota Spa)など、モーニントン半島には他にもたくさんのデイスパがあります。

試合を見る

毎年1月、世界最強のテニスプレーヤーたちが、全豪オープンテニスでの勝利をかけてメルボルンに集結します。会場はメルボルン中心街のすぐそばにあるメルボルン・パークで、複数のスタジアムと屋外コートを備えています。テニス界のスーパースターやお気に入りの選手を直接見るには、中価格帯のチケットなら、7,500席のマーガレット・コート・アリーナで、さらに高額なチケットなら、大会の"センターコート"である15,000席のロッド・レーバー・アリーナで試合を観戦できます。