ニュー・サウス・ウェールズ州(New South Wales)、シドニー空港 © Sydney Airport

ニュー・サウス・ウェールズ州(New South Wales)、シドニー空港 © Sydney Airport

オーストラリアのビザと入国要件に関するよくある質問

次を読む

渡航時の新型コロナウイルス感染症対策と出入国の状況について

オーストラリア国民とニュージーランド国民以外は入国にビザが必要です。ニュージーランドのパスポートを所持している方は、到着後にビザの申請をすることができます。日本を含めその他の国のパスポートを所持している方は、年齢にかかわらず、ご出発前にビザを取得しておく必要があります。オーストラリアのビザには、観光ビザ、ワーキングホリデービザなどいろいろな種類があり、最寄りのオーストラリア大使館または領事館で申請できます。また、オーストラリア内務省(Department of Home Affairs)のウェブサイトでも各種ビザの申請が可能です。

オーストラリアへ旅行する方に対して、さまざまな種類のオーストラリアビザが用意されています。どのオーストラリアビザを申請するのかは、滞在期間、所有するパスポートの発効国、滞在目的によって異なります。また、特定の財務上および医療上の要件を満たすこと、申請時にオーストラリア国外にいること、滞在期間中、健康保険に加入していることが必要です。 

電子入国許可(ETA)ビザ(サブクラス601)
このビザは、最大1年間何度でもオーストラリアを訪問でき、一度の訪問につき3ヶ月間滞在できます。さまざまな国や地域のパスポートを所持する方が申請でき、オーストラリア国外に居住する方に限られます。申請方法・手順に関する「ステップ・バイ・ステップガイド」は、こちらをご覧ください。

イービジター(eVisitor)ビザ(サブクラス651)
観光または商用を目的とし、複数の訪問に有効で、12ヶ月以内で一度の訪問につき最大3ヶ月滞在できる無料のビザです。欧州連合その他のヨーロッパ諸国のパスポートを所持する方が申請でき、延長はできません。

訪問ビザ(サブクラス600)
訪問ビザは、イービジター(eVisitor)ビザまたは電子入国許可(ETA)ビザを取得できない方に向けたビザです。観光または商用を目的とし、オーストラリアに3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月滞在できます。申請には手数料が必要です。

申請手続きは、取得するビザによって異なる場合があります。

電子入国許可(ETA)ビザ(サブクラス601)は、オーストラリアのETA(Australian ETA)アプリを利用した場合のみ申請が可能です。申請方法・手順に関する「ステップ・バイ・ステップガイド」は、こちらをご覧ください。

その他のビザについて、オンラインで申請するにはイミアカウント(ImmiAccount)を作成してください。作成後、申請手続きを完了することができます。お手続きには十分な時間が必要となりますので、旅行の日程に余裕をもって申請書をご提出ください。また、補足情報の提供をお願いする場合があります。観光ビザが承認されると書面で通知され、パスポートに電子的にリンクされます。オーストラリアのビザの種類、ビザ要件、申請方法などの詳細については、内務省(Department of Home Affairs)のウェブサイトをご覧ください。

オーストラリアにすでに入国していて、有効な電子入国許可(ETA)ビザ(サブクラス601)を持っている場合は、訪問ビザ(サブクラス600)などの他のビザを申請することによって滞在期間を延長できます。イービジター(eVisitor)ビザ(サブクラス651)は延長できません。

詳細は、内務省(Department of Home Affairs)のウェブサイトをご覧ください。

オーストラリアのワーキングホリデーメーカープログラムでは、参加国のパスポートを所持している30歳(場合によっては35歳)未満の訪問者がオーストラリアで旅行や仕事をすることを認めています。ワーキングホリデービザの有効期間は1年間、または一定の条件を満たす場合は最長3年間となります。

ワーキングホリデービザの詳細は、こちらをご覧ください。

オーストラリアに留学するには、学生ビザ(サブクラス500)の申請が必要となります。オーストラリアに留学する学生の親、親族、または法的後見人の場合は、学生ガーディアンビザ(サブクラス590)を申請できます。オーストラリアに短期留学する場合は、訪問ビザを取得できる可能性があります。トレーニングビザ(サブクラス407)は、現在の職業や高等教育の研究分野、専門分野でのスキル向上を目的として、職場環境での職業訓練を受けることができます。テンポラリーアクティビティービザ(サブクラス408)は、特定のプログラムやプロジェクトのために、オーストラリアへの一時的な入国を許可します。

内務省(Department of Home Affairs)のウェブサイトをご覧になり、ご自分の状況に適したビザを申請してください。

学生ビザを取得している在留外国人は、オーストラリアに留学中および学習コースの合間に限られた数時間のみ働くことができます。就労制限に関する情報はこちらをご覧ください。

その他の関連記事