メルボルンのクラフトビールバー トップリスト

メルボルンの人々はコーヒーと同じぐらいビールが大好きで、ブティックビールを味わえるバーが数多くあります。 メルボルンのクラフトビールバー トップリスト
Site Requires Javascript - turn on javascript!

メルボルンのクラフトビールバー トップリスト

メルボルンの人々はコーヒーと同じぐらいビールが大好きで、ブティックビールを味わえるバーが数多くあります。


原文: ポール・チャイ

オーストラリアでクラフトビールの人気はますます高まっており、クラフトビールを楽しめる場所もたくさんあります。メルボルンでも、エールを飲みながらキャラバンのデリバリーフードを食べたり、倉庫を改造したビアホールで賑やかに飲んだり、郊外の酒場でビールの飲み比べ大会に参加したり、様々なスタイルで楽しむことができます。ビールファンなら是非メルボルンへ行きましょう。

メルボルンの景色を満喫する

サンダー・ロード・ブルーウィングの蒸留所

メルボルン近郊の北部の街ブランズウィックにある サンダー・ロード・ブリューハウスでは、店内にある巨大な樽で、ホップ・スター・エキストラ・ペール・エールや、生産数限定のスモーク・ハウス・ラガーなどを醸造しています。同じく銀色のキッチンは、ヴィンテージのエアストリームのトレイラーを改造したもので、チリチキンウィング、シューストリングフライのブルーチーズのアイオリソース添え、塩味または塩キャラメル入りの大きなプレッツェルなどの料理を提供しています。混んでいない時に、向かいにある古い建物、ブルーストーン・ブルワーズ・コテージについて尋ねてみましょう。コテージの内部にあり醸造に使う道具などを見学できるかもしれません。

ツー・バーズ・ブルーイングのザ・ネスト

メルボルン西部の郊外にあるツー・バーズは、友人同士であるジェイン・ルイス氏とダニエル・アラン氏の2人が、アメリカでのロードトリップでクラフトビールに惚れ込み、それをきっかけに設立したブルワリーです。古い板金工場を改装した​ ザ・ネスト ​では、サンセット・エールや、パクチーの香りがしてメキシコ料理によく合うタコ・ビールなど、2人の自慢のビールが味わえます。ここの料理はビールによく合い、ソルト&ビネガー風味のポーククラックリング、黒こしょう風味のビーフジャーキー、スモークチポトレポテトなどの軽食や、チャバッタに乗ったキューバ風プルドポークなどのボリュームのあるメニューもあります。

ストンピング・グラウンド・ブルワリー・アンド・ビアホール

メルボルン近郊のコリングウッドにある広大な倉庫を改造したスペースでは、ドイツのビアホールの賑やかな雰囲気が上手く再現されています。むき出しになった配管や裸電球など、インダストリアルなスタイルのお洒落なインテリアで、壁を覆うツタが雰囲気を和らげています。店のスペースの半分は開閉式のルーフがあるビアガーデンで、子供が遊べる木の小屋もあります。 ストンピング・グラウンド が醸造する24種類の生ビールを味わうことができ、コクの深いダブル・ショット・コーヒーIPAなど、コクや苦味のレベル順に並んでいます。バーフードのおすすめは、ンドゥーヤ (イタリアのポークスプレッド)とホットハニーをトッピングしたピザ、「ノット・ア・ニューヨーカー」です。

ムーン・ドッグ・ブルワリー

 ムーン・ドッグ・ブルーイング ​のダイブバーは、メルボルン北東部のアボッツフォードにあり、雑然とした棚や卓球台、いくつものミスマッチなソファが置かれています。バーの雰囲気と同じく、ビールも個性的です。なぜなら、ムーン・ドッグはビール醸造の限界に挑むことを得意とするブルワリーだからです。変わり種ビールの1つ、コーヒーとタバコの風味がするコールド・ウォー・ドリップは、スモーキーなコーヒーの味が意外に美味しいビールです。

フォレスターズ・ビ―ル・アンド・ミュージック・ホール

コリングウッドにある フォレスターズのライブと生ビールは、典型的なメルボルン体験です。広々とした個性的な空間にはビールをテーマにした壁画、そして2つのバルコニーがあり(その1つは巨大な貝の形をしたライブのステージ)、50種類以上あるクラフトビールは、オーストラリアや他の国から取り寄せたものが多くなっています。生ビールのセレクションは常に変わりますが、バイロン・ベイのストーン&ウッド・ブルワリー産のクラウド・キャッチャーや、ニュージーランドのブルワリーであるノマドのブリーク・シーズンが特におすすめです。

ポスト・オフィス・ホテル

北部の街コバーグにある ポスト・オフィス・ホテル は、1850年代に創設されたメルボルンの有名な青石の刑務所にちなんで名付けられたバーです。コバーグ・ラガーや、比較的新しいペントリッジ・ペール・エールが楽しめます。刑務所が閉鎖された後はアパートとして使われており、そこに暮らす住人が、ポスト・オフィス・ホテルのフロントバーで飲んでいたり、グラフィティが描かれた隣接のビアガーデンでペントリッジ・エールを味わっています。

ジャンクション・ビアホール・アンド・ワインルーム

​ ザ・ジャンクション は西部の街ニューポートに立地し、数え切れないほどのクラフトビールが楽しめ、「#ワンスタンダードドリンク」(車を運転する人向け)や「サムシング・ア・リトル・ディファレント」(チャレンジしたい人向け)など、まるでディレクトリのようにカテゴリー分けされています 。改装を終えたシンプルでリラックスできる空間には、リサイクルした木製のバーカルウンターや明るいビアガーデンがあります。50種類以上揃うビール中から次に何を飲むかゆっくり選びましょう。

ジ・エールハウス・プロジェクト

ジ・エールハウス・プロジェクト は「ビールマニア」とも言えるような店ですが、シンプルにまとまっています。12種類のマイクロブルワリービール(種類は入れ替わる)と、定番のタップ・テイクオーバー(1つのブルワリーのビールを複数のビールサーバーから飲める)が楽しめます。むき出しのレンガに"craft beer"という文字が大きく書かれているので、何をしに来たかを忘れることはありません。バーガーやチキンウィングなどのフードメニューは、エールに良く合います。

クッキー

メルボルンをこよなく愛する​クッキー は、クラフトビールの潮流をいち早く察知した大御所です。ビールの種類の多さには元々定評がありましたが、今では200種類以上の生ビールや瓶ビールがメニューに並びます。壁一面にポスターが貼られた薄暗いビールバーは、いつも活気に溢れています。店内の半分はタイ料理のレストランになっており、スパイシーなジャングルカレーやタイのおつまみは、クッキーが誇る幅広い種類のビールに良く合います。クッキーは、ビールファンとパーティー好きにの人々にとっては名所のような存在です。

ザ・ローカル・タップハウス

南海岸の郊外の街セント・キルダにある ザ・ローカル・タップハウス は、長年に渡ってビールファンにブティックブルワリーの魅力を伝えています。ベルギーのビールカフェを思わせるインテリアですが、近隣のヤラ・バレーにあるハーグリーブス・ヒルや、シドニーのバッチ・ブルーウィング、メルボルンのコリングウッドにあるストンピング・グラウンドなどから仕入れた地産のビールが揃っています。

関連記事をもっと読む

メルボルン、セント・キルダのローカルガイド

メルボルン、セント・キルダのローカルガイド

1世紀以上に渡ってメルボルンで不動の人気を誇っている、シーサイドの街セント・キルダが、その魅力をさらにパワーアップ。クールなバーや定評あるレストラン、オーシャンフロントの楽しい催し物は必見です。

詳細を表示

メルボルンの楽しみ方トップ10

メルボルンの楽しみ方トップ10

メルボルンの路地裏散歩は、この多様な街の1つの側面でしかありません。 クリケットやサッカーもぜひお楽しみください。 芸術と文化も吸収できます。 高級ダイニングか、それともパブで極上のバーガーを味わうか。 地元デザイナーのファッションか、それともベイサイドをサイクリングするか。 どちらが好みでも、メルボルンは選択肢がいっぱいです。

詳細を表示

メルボルンの安くて美味しい店トップ9

メルボルンの安くて美味しい店トップ9

安く美味しく楽しめる、メルボルンお勧めのレストラン9店。

詳細を表示

コーヒー好きのためのメルボルン・ガイド

コーヒー好きのためのメルボルン・ガイド

メルボルンの街はコーヒーに夢中です。多数の有名な販売業者が本拠地を置くこの街では、コーヒー豆が幅広い人気を得ているため、コールド・ドリップ、エアロプレス、カッピングなどの言葉をよく耳にします。

詳細を表示

メルボルンから行く日帰り旅行トップ6

メルボルンから行く日帰り旅行トップ6

ワールドクラスのワイナリー、壮大な海沿いのドライブ、ミネラル豊富な温泉―すべてメルボルンから日帰りのドライブ旅行で楽しめます。

詳細を表示

旅行をしましょう

設備のタイプ
ホテルのランク
料金帯
タイプ
メインコース

料金は目安です

酒類販売許可証
申し訳ありません。 この条件での検索結果は現在ご利用いただけません。ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございません。後ほど再度お試しください。
loading