ワーキング・ホリデー・メーカー・プログラム

オーストラリア滞在中に働くことを考えていますか? 18歳から30歳までの方で、オーストラリアのワーキング・ホリデー・メーカー・プログラムに参加している国または地域のパスポートを持っている方は、オーストラリアで働きながら滞在できる12ヶ月間有効のビザを申請できる場合があります。 ワーキング・ホリデー・メーカー・プログラム
Site Requires Javascript - turn on javascript!

ワーキング・ホリデー・メーカー・プログラム

オーストラリア滞在中に働くことを考えていますか?

18歳から30歳までの方で、オーストラリアのワーキング・ホリデー・メーカー・プログラムに参加している国または地域のパスポートを持っている方は、オーストラリアで働きながら滞在できる12ヶ月間有効のビザを申請できる場合があります。

オーストラリア政府のワーキング・ホリデー・メーカー・プログラム(ワーキング・ホリデー・ビザとワーク・アンド・ホリデー・ビザを含む)は、若い旅行者が長期休暇を取り、短期雇用で収入を得ることができる文化交流プログラムです。オーストラリアの地方で働く場合、状況によっては滞在をさらに12ヶ月延長できることもあります。

オーストラリア政府移民・国境警備省が、ビザの申請を含むすべてのオーストラリア永住および一時居住に関する入国関連の管理を行っています。ウェブサイト(www.border.gov.au/Trav/Work)では、ワーキング・ホリデー・メーカー・プログラムの仕組み、参加国、オーストラリア入国に必要なビザの種類、取得資格、義務、申請方法など、必要な情報をすべて掲載しています。

ワーキング・ホリデー・ビザ(サブクラス417)&ワーク&ホリデー・ビザ(サブクラス462)

ワーキング・ホリデー・メーカー・プログラムには、ワーキング・ホリデー・ビザ(サブクラス417)とワーク&ホリデー・ビザ(サブクラス462)の2種類があり、居住国によって申請するビザが異なります。各ビザの該当国の一覧は以下のとおりです。

ワーキング・ホリデー・メーカー・プログラムに参加する場合は、入国前にビザを申請する必要があります。このような種類のビザで、最長12ヶ月間オーストラリアに滞在してフルタイム、パートタイム、臨時、シフト制、またはボランティアの仕事に就くことができます。ビザの有効期間中は、何度でもオーストラリアに出入国できます。

ワーキング・ホリデー中には、仕事に加え、最長4ヶ月間オーストラリアで学校に通うこともできます。

ビザの交付を受ける前に、所定の健康、人格、資金要件を満たし、オーストラリアの価値観を尊重してオーストラリアの法律に従うことを宣言する必要があります。また、帰国用または次の目的地への移動用航空券、またはオーストラリアを出発するための資金が必要です。自分の国の健康保険を持ってくることをお勧めします。

ワーキング・ホリデー・メーカー・プログラムは、オーストラリアでの長期雇用やフルタイム留学をお考えの方には適していません。オーストラリア入国の主な理由が求職や留学の場合、より目的に合ったビジネス・ビザや学生ビザについてお問い合わせください。

ビザ申請前に、オーストラリア政府移民・国境警備省のビザ要件をよくお読みになり、申請資格の有無と申請に伴う義務についてご確認ください。ビザの申請には手数料がかかります。この手数料は返金されません。

ビザの種類

下記の国の国籍保有者は、ワーク・アンド・ホリデー・ビザ(サブクラス462)を申請してください。

・アルゼンチン
・バングラデシュ
・チリ
・インドネシア
・マレーシア
・ポーランド
・トルコ
・タイ
・ウルグアイ
・アメリカ合衆国

下記の国の国籍保有者は、ワーキング・ホリデー・ビザ(サブクラス417)を申請してください。

・英国
・カナダ
・ベルギー
・デンマーク
・エストニア
・フィンランド
・フランス
・ドイツ
・香港
・イタリア
・日本
・マルタ
・オランダ
・ノルウェー
・アイルランド共和国
・キプロス共和国
・大韓民国
・スウェーデン
・台湾

その他の国にも協定を交渉していますので、オーストラリア政府移民および入国管理局ウェブサイトで最新情報を確認してください。www.border.gov.au

セカンド・ワーキング・ホリデー・ビザ

滞在を延長してワーキング・ホリデーを続けたい場合、セカンド・ワーキング・ホリデー・ビザを申請してさらに12ヶ月滞在できる可能性があります。

現在ワーキング・ホリデー・ビザ(サブクラス417)を所有している、または以前所有していたことがあり、このファースト・ワーキング・ホリデー・ビザ(サブクラス417)の期間中に3ヶ月間オーストラリアの地方で特定の仕事をした方に申請資格があります。従事している仕事や仕事先の地方がが確実に基準の範囲内であることを確認しましょう。

セカンド・ワーキング・ホリデー・ビザの申請は、ファースト・ワーキング・ホリデー・ビザの期間中または後日行うことができます。
セカンド・ワーキング・ホリデー・ビザを申請するための詳細は、www.border.gov.au/visas/Pages/417-Working-Holiday.aspxをご覧ください。

合法的就労

オーストラリア政府は、オーストラリア国民以外の就労に関して厳しい法律を設け、法律に違反した場合の罰則を定めています。適切なビザなしでの就労は行わないでください。ワーキング・ホリデー・ビザの期限が終了しているにもかかわらずオーストラリア内に滞在している場合、または他のビザの申請をしていない場合、拘留されたり、場合によっては国外退去を命じられる可能性があります。また、オーストラリアに一定期間入国禁止になる可能性もあります。

ワーキング・ホリデーの終了時にオーストラリアで一時的な滞在や永住を希望する方には、他のビザの選択肢もあります。

ワーキング・ホリデー・メーカー・ビザを含め、オーストラリアで就労するための詳細については、オーストラリア政府移民および入国管理局のウェブサイトwww.border.gov.au/Trav/Workをご覧ください。

オーストラリア政府観光局は、monster.comの協力を得て、ワーキング・ホリデー滞在者向けに求人サイトを立ち上げました。

オーストラリア政府のHarvest Trailウェブサイトには、オーストラリアの地方の収穫労働求人情報が掲載されています。www.harvesttrail.org.au

オーストラリア政府のワーキング・ホリデー・メーカー・ビザ・プログラムについて、お問い合わせの多い、よくある質問(FAQ)をいくつかまとめましたので、こちらをクリックしてご覧ください。

他の旅行者のオーストラリア・ワーキング・ホリデー体験談は、www.facebook.com/AustralianWorkingHoliday#!/AustralianWorkingHolidayでご覧いただけます。