カリジニは地質学の別天地

カリジニ国立公園は、アメリカ人の地質学者、ジルとポールがとりわけ気に入った場所です。夫妻は子どもたちと一緒に、6週間かけてキャンプをしながら西オーストラリア州各地をまわりました。 カリジニは地質学の別天地
Site Requires Javascript - turn on javascript!

カリジニは地質学の別天地

カリジニ国立公園は、アメリカ人の地質学者、ジルとポールがとりわけ気に入った場所です。夫妻は子どもたちと一緒に、6週間かけてキャンプをしながら西オーストラリア州各地をまわりました。

「こんな体験したことある? 西オーストラリア州、カリジニ国立公園のウェアノ渓谷で、縞模様のある古代の鉄鉱石の露頭を見ながら歩くこと。」

カリジニ国立公園(Karijini National Park)は、アメリカ人の地質学者、ジルとポール夫妻が特に気に入った場所です。夫妻は自分の十代の子ども2人を連れて、6週間かけてキャンプをしながら西オーストラリア州各地をまわりました。ポールは忙しい時間をぬって今回の旅行をしようと決め、3ヶ月間シドニー大学に籍を置いてから、家族と一緒にパースに飛びました。そこで車をレンタルして、北へと向かったのです。

「主人も私も地質学を研究しているので、地質学的に見てこれほど興味深いところをハイキングできて、とても楽しかったです。子どもたちも大きくなって一緒に歩けるようになったので、とても気に入ってくれました」とジル。

一家は周囲に広がる太古の景色に感動しながら、カリジニ国立公園内を歩きました。この公園は、西オーストラリア州ピルバラ地方(Pilbara)のトム・プライス(Tom Price)という小さな町の近くにあります。ジルの言葉を借りると、「まったく信じられないような場所」だそうです。一家はここで一週間過ごし、赤っぽい岩に覆われた渓谷や大瀑布、澄んだ水をたたえた泉などを見てまわりました。ジルが写真を撮ったのはここで、息子のエリックがウェアノ渓谷(Weano Gorge)にある「先カンブリア時代の鉄の露頭」をよじ登っているところです。

Stromatolites, Shark Bay, WA

「キャンプでまわったのは、いろいろなものを見るためにお金をなるべくかけたくなかったからです。でもおかげで家族どうしの距離が今まで以上に近くなりました。それと、どこへ行ってもキャンプをしている他の人たちから自然や文化に関する話を聞けたことも、大きな収穫でした」とジル。

今回の旅行で、一家は他にもパースの北にあるナンブング国立公園(Nambung National Park)に行き、ピナクルズ(Pinnacles)という石灰岩の尖塔や、「ジェラルトン(Geraldton)の町を飲みこむほどの勢いで広がる砂丘」を見学しました。また世界遺産のシャーク・ベイ(Shark Bay)に行ってモンキー・マイア(Monkey Mia)で人なつっこいイルカとふれあい、さらにハメリン・プール(Hamelin Pool)で原始の生命体ストロマトライトの姿に感動しました。

一家はさらに北上してコーラル・ベイ(Coral Bay)で一泊し、遊覧船に乗ってニンガルー・リーフ(Ningaloo Reef)にシュノーケリングをしに行って、回遊中のクジラやアカエイの姿を眺めました。カリジニ以外でもう一ヵ所気に入ったのが、エイティーマイル・ビーチ(80 Mile Beach)の南端です。ここではアボリジニたちが昔ながらの生活習慣を守って、今も生き々と暮らしています。ビーチは全部で220キロの長さがあり、北はポート・ヘッドランド(Port Hedland)から南は真珠で有名な港町ブルーム(Broome)まで広がっています。一家はこのブルームにも行きました。

北上を続けてきた一行ですが、行った場所の中で最も北にあるのがキンバリー(Kimberley)のゲイキー渓谷(Geiki Gorge)です。そこから内陸方面に曲がってカリジニ国立公園とトム・プライス方面に戻り、地元の鉄鉱山を見学。さらに南下し、ゴールデン・アウトバック地方では金山の町として有名なカルグーリー(Kalgoorlie)を訪れて、近くにある廃墟の町グワリア(Gwalia)でアメリカの大統領を務めたハーバート・フーバーがかつて働いていたというフーバー・ハウス(Hoover House)を見学しました。

南西部の海沿いで印象的だったのは、エスペランス(Esperance)とケープ・ルグラン国立公園(Cape Le Grand National Park)、ラッキー・ベイ(Lucky Bay)です。ラッキー・ベイ沿いに広がる砂浜はまるで夢のようだったそうです。その他ウォルポール(Walpole)の近くで巨大なティングル・ツリーを眺め、カルガーダプ洞窟(Calgardup Cave)やルーウィン岬(Cape Leeuwin)を見てまわってから、パースまで戻りました。

「オーストラリアはあまりにもすばらしいので、いつも帰りたくなくなります。子どもたちはもうすぐ大学に行くようになりますが、今回の旅行のことを忘れることは決してないでしょう。お金持ちではないので贅沢ばかりするわけにはいきませんが、子どもたちとこんなに思い出に残る旅行をすることができました。本当にそうしてよかったと思います。研究生活を終えたら夫婦でもう一度行って、髪に白髪が混じり始めた初老夫婦がするような旅行をしてみたいものです」

他の「イチオシ体験」を表示

ゴールド・コーストで過ごした夢のような休暇

ゴールド・コーストで過ごした夢のような休暇

「こんな体験したことある? サーファーズ・パラダイスの太陽と海と砂の中で思いっきり遊ぶこと。」

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 add favourite
ホバートのハネムーン - どこへ行っても日帰り圏内

ホバートのハネムーン - どこへ行っても日帰り圏内

「こんな体験したことある? 静かに流れ落ちる滝のそばでひとときを過ごして、岩を伝う水の音に耳をすませること。」

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 add favourite
自然を愛する人々の町、キャンベラ

自然を愛する人々の町、キャンベラ

「こんな体験したことある? キャンベラの周囲に広がるブッシュやそこに住む動物たち、フレンドリーな人々と出会うこと。おかげでオーストラリアが大好きに。これほど印象的な国は世界のどこを探してもぜったいない!」

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 add favourite
パースからピナクルズへ

パースからピナクルズへ

「こんな体験したことある? オーストラリアに行って、何と砂漠のまん中を悠々と歩いているエミューを見ること!」

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 add favourite
世界遺産オペラハウスで眺める朝日

世界遺産オペラハウスで眺める朝日

「こんな体験したことある? シドニー湾の朝日の中に浮かび上がるシドニーオペラハウスのシルエットを眺めること。」

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 add favourite
オーストラリアの冒険旅行 - レッド・センターからタスマニアまで

オーストラリアの冒険旅行 - レッド・センターからタスマニアまで

「こんな体験したことある? 夜明けにラクダの背中に乗って、大好きなオーストラリアのまん中にあるこの国の象徴、ウルルの日の出を見に行くこと。」

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 add favourite
家族で楽しんだマーガレット・リバー

家族で楽しんだマーガレット・リバー

「こんな体験したことある? バッセルトン桟橋周辺を走って、景色が色とりどりに変化する様子を眺めること。涼しい夜風が頬をなでて、気持ちのいい1日の終わり。」

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 add favourite
カカドゥの刻々と変化する自然

カカドゥの刻々と変化する自然

「こんな体験したことある? カカドゥ国立公園、イエロー・ウォーターの日の出。現実を超えた美しさとのどかさ。」

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 add favourite
タンガルーマ、モートン島

タンガルーマ、モートン島

こんな体験したことある? まぶしく光る白い砂丘を、頭を下にして滑りおりること。昔ながらのボディーボードに乗って、風を切って、砂けむりを舞いあげながら。」 モートン島(Moreton Island)の砂丘を豪快に滑りおりたのが、いちばん楽しいひとときだった。クレアはそういいます。この島はモートン湾内にあり、ブリスベンからは1時間もかかりません。マレーシアで公立病院の麻酔医としてヘトヘトになるまで働いているだけに、日頃と全く違う場所に来られたことは、いい気分転換になりました。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 add favourite
タスマン国立公園

タスマン国立公園

タスマン国立公園の波に浸食された海岸を眺めて衝撃を受けたのは、アンディが「びっくりするほど」楽しい体験の連続だったという12日間のドライブ旅行が終わりに近づいた頃でした。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 add favourite
キンバリー、オーストラリアの感動的な思い出

キンバリー、オーストラリアの感動的な思い出

旅行写真家のブライアンは、オーストラリアの代表的な観光地の大半に行ったことがありました。それでも西オーストラリア州、キンバリー地方の壮大な景色には心の底から感動しました。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 add favourite
バレー・オブ・ザ・ジャイアンツ

バレー・オブ・ザ・ジャイアンツ

「こんな体験したことある? バレー・オブ・ザ・ジャイアンツでとてつもなく背の高いジャイアント・ティングル・ツリーを見ること。びっくり以外に言いようがある?」 チャイと夫人のリディアは、2人ともマレーシア人の技術者。ウォルポール(Walpole)近郊のバレー・オブ・ザ・ジャイアンツに行って、大自然の底知れない大きさに心を打たれました。この時の体験はその後の旅の途上でも幾度となく話題になりました。2人はパースを起点に、西オーストラリア州の南西部一帯をドライブ旅行している途中だったのです。リディアの両親と妹も一緒でした。野生動物と出会ったり、見上げるばかりのカリーの木の下を歩いたり、地元の料理やワインを味わったりして、同じことばかりの日常から「脱け出し」ました。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 add favourite
感動の連続、オーストラリア・ワーキングホリデー体験

感動の連続、オーストラリア・ワーキングホリデー体験

「こんな体験したことある? リマーカブル・ロックの巨大な自然のオブジェに感嘆しながら、南極の風を全身で受け止める。」

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 add favourite
タスマニア旅行の思い出

タスマニア旅行の思い出

「こんな体験したことある? 友だちといっしょにきれいな夕日を眺めること。海と太陽と砂が違うようにみんな違う個性をもった仲間なのに、みんなでいっしょに。きっといつまでも忘れない。」

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 add favourite
グレート・オーシャン・ロード沿道の楽しみ

グレート・オーシャン・ロード沿道の楽しみ

「こんな体験したことある? この美しい国の果てしない広大さに気づいて、心の底から驚いたこと。はしゃぎまわっている子どもでさえ、それに気がついて立ちつくすほど。」

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 add favourite
ウェーブ・ロック、西オーストラリア州にある不思議な岩

ウェーブ・ロック、西オーストラリア州にある不思議な岩

「こんな体験したことある? 時がたつのも忘れて、ウェーブ・ロックの不思議な模様に見入ること。しかもその27億年も前にできた岩の上に、この両足で立つこと!」 ハイデン(Hyden)の近くにあるウェーブ・ロック(Wave Rock)を見たのが、キアン・ホウの一番の思い出です。西オーストラリア州南西部一帯をバックパックを背負って探検している途中のことでした。ホウはクアラルンプールから友人2人と旅行にきて、周辺を巡っていました。海辺の町アルバニー(Albany)でザトウクジラを眺めた時も、とても感動したそうです

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 add favourite