オーストラリアの動物

リアにはたくさんの固有動物が生息しています。コアラやカンガルーのようにとても有名な動物もいれば、旅行者には馴染みのない動物もいます。 オーストラリアの動物
Site Requires Javascript - turn on javascript!

オーストラリアの動物

オーストラリアにはたくさんの固有動物が生息しています。コアラやカンガルーのようにとても有名な動物もいれば、旅行者には馴染みのない動物もいます。 


オーストラリアの動物園や野生動物公園では、多くの動物と間近にふれあうことができます。運が良ければ、動物たちを自然の生息地で見つけることができるかもしれません。

オーストラリアの在来動物の多くが、オーストラリアだけで見ることができるものです。オーストラリアは、単孔類、有袋類、有胎盤類という3種類の哺乳類がすべて棲息する数少ない大陸のひとつで、代表的なエミューをはじめ、800種以上の鳥類が棲息しています。その他、2種類のクロコダイル、4,000種の魚類、50種類の海洋哺乳類を含むオーストラリアの動物を発見することは、オーストラリアを訪れる多くの人々にとって、ひとつのハイライトとなります。

@Australia

オーストラリアの動物を見てみましょう

哺乳類

オーストラリアの哺乳類動物は、世界のどの場所とも異なるユニークなものです。フクロアリクイ、フクロネコ、タスマニアン・デビルは一般的には家で飼われている猫と同じサイズになりますが、ディンゴ(別名ワイルドドッグ)は、オーストラリア最大の肉食哺乳類です。 

ディンゴはタスマニア以外のオーストラリア全域に棲息し、主にクイーンズランド州の フレーザー島、西オーストラリア州の キンバリー地域、ノーザン・テリトリー、南オーストラリア州の砂漠で見られます。

フクロアリクイは 西オーストラリア州 のみで見られ、タスマニアン・デビルは野生動物公園とタスマニア原生地域のみで見られます。 

絶滅危惧種のフクロネコは、自然の中で見つけるのは困難ですが、オーストラリア南東部およびタスマニア州、クイーンズランド州北部の限られたエリアの湿地帯の森に棲息しています。ビルビーは、西オーストラリアのフランソワ・ペロン国立公園で見られます。

有袋類

オーストラリアには、カンガルー、ワラビー、コアラ、ウォンバットなど140種類以上の有袋類が生息しています。カンガルーやワラビーの55種類の在来種は、500グラムから90キログラムまで、体長と体重に大きく幅があります。 

カンガルーやワラビーは、オーストラリア・アルプスにあるナマジ国立公園​やコジオスコ国立公園、ニュー・サウス・ウェールズ州のペブリー・ビーチ、タスマニアのフレシネ国立公園で見ることができます。

オーストラリア在来種のコアラは熊の一種ではありません。コアラは、キャンベラ付近の ティドビンビラ自然保護区、ニュー・サウス・ウェールズ州のポート・スティーブンス、クイーンズランド州のローンパインコアラ保護区で見ることができます。

ウォンバットも有袋類です。穴を掘って生活するどっしりとした動物で、 ​​​​ 体重が36キログラムにもなることがあります。野生のウォンバットは、ニュー・サウス・ウェールズ州のブルー・マウンテンズ国立公園、ビクトリア州のウィルソンズ岬、タスマニア州のクレイドル・マウンテン - セント・クレア湖国立公園で見ることができます。

単孔類

オーストラリアだけに生息するもう一種の動物が単孔類、または卵生哺乳類と呼ばれるものです。カモノハシは、アヒルのようなくちばし、毛皮があり水をはじく身体、水かきがある足を持つ川に棲む独特な動物です。河畔に孔を掘って棲息しています。見つけることは困難ですが、キャンベラの近くにあるティドビンビラ自然保護区、ビクトリア州のグレート・オトウェイ国立公園内にあるエリザベス湖、ニュー・サウス・ウェールズ州北部およびクイーンズランド州などの、東海岸の小川や穏やかな川で見ることもあります。

ハリモグラも、オーストラリアの単孔類です。ヤマアラシやハリネズミのような刺に覆われていますので、触ろうとしないでください!カンガルー島は野生のハリモグラを見つけるのに最適な場所です。

鳥類

オーストラリアには800種類以上の鳥類が棲息し、その半分はオーストラリア以外では見られないものです。小さなミツスイから、体長2メートルにも及ぶ大きな飛べない鳥エミューまでその種類は幅広く、熱帯雨林でヒクイドリを、湿地帯でワライカワセミを、硬葉樹林やサバンナの森林ではエミューを見ることができます。南オーストラリア州のカンガルー島や、ビクトリア州 のフィリップ島ではペンギンに間近に迫ることができます。クイーンズランド州南東部のウーランビン国立公園やゴンドワナ大陸の熱帯雨林ではコトドリの冬の鳴き声を聞くことができます。

オーストラリアには55種類のオウムが生息し、様々な種類のコカトゥー、ナナクサインコ、インコ、オカメインコ、セキセイインコが郊外や都心部で見られます。

爬虫類

オーストラリアには他のどの大陸よりも数多くのヘビがおり、世界の25種類の毒ヘビのうち実に21種類がオーストラリアに生息しています。しかし、すべてのヘビが毒を持っているわけではなく、美しいパイソンや樹上性ヘビもいます。オーストラリアはクロコダイルでも有名で、世界の他の場所では見られない淡水クロコダイルと、イリエワニの2種類がいます。キンバリー地域、カカドゥ国立公園やケープ・ヨーク半島は、野生のクロコダイルを見つける絶好の場所です。 

世界の7種類のウミガメのうち、ヒラタウミガメ、アオウミガメ、タイマイ、オサガメ、アカウミガメ、ヒメウミガメの6種類がオーストラリアに生息しています。ウミガメを見つけるには、西オーストラリア州のニンガルー・リーフブルームのエコ・ビーチが最適です。

オーストラリアには、エリマキトカゲやアゴヒゲトカゲなど、たくさんのトカゲ、「ドラゴン」、ゴアナ(オオトカゲ)がいます。モロクトカゲは、西オーストラリア州の砂漠、シャーク・ベイ、カーナヴォン、エクスマスで見られます。 

海洋生物

オーストラリアの海には、世界の2万2千種類の魚類のうち4千種類、世界の58種類の海藻のうち30種類が棲息しています。世界最大のサンゴ礁の生態系もあり、世界遺産に登録されている グレート・バリア・リーフには、映画『ファインディング・ドリー』に出てくるきれいなクラウンフィッシュのような、カラフルな魚類が無数に棲息しています。オーストラリアには1,700種類のサンゴも生息しています。

より大きな海洋生物には、ザトウクジラ、セミクジラ、シャチ、ジュゴン(別名マナティー)、数種類のイルカ、数多くのサメがいます。5月から11月に東海岸で移動中のクジラを見たり、西オーストラリア州のニンガルー・リーフで気性の優しいジンベイザメと泳いだりすることができます。

カンガルー島は、美しい野生のオーストラリアンオットセイを見る絶好の場所です。

オーストラリアの動物

オーストラリアの野生動物と出会う、ユニークなプラン9選

オーストラリアの野生動物と出会う、ユニークなプラン9選

ジンベイザメと並んで水に浮かんだり、木の上で昼寝をするコアラを観察したり、水中に潜むクロコダイルを探したり。オーストラリアはその素晴らしい野生動物と、彼らとの出会いのチャンスが多いことで最もよく知られています。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 Add to your favourites add favourite
オーストラリアの動物園

オーストラリアの動物園

オーストラリア固有の動物は、世界中から訪れる旅行者に人気があります。オーストラリアの多くの動物園が世界でも最高のレベルの動物園です。 オーストラリアには公営の動物園も私営の動物園もあります。 オーストラリアの動物園の中には、ビッグ・キャットや象などの国外の動物を展示しているところがある一方、オーストラリア固有の動物や鳥類に重点を置いている動物園もあります。 オーストラリア国内の動物園や野生動物保護区は、環境教育や、絶滅危惧種の動物の保護に関する研究の一端も担っています。 多くの動物園では、特別イベントや、バックステージ・ツアー、動物を間近に見学できる宿泊イベントなどを開催しています。 コアラ、カンガルー、その他オーストラリアの珍しい動物に会える場所をご紹介します。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 Add to your favourites add favourite