メルボルンの気候

ビクトリア州(Victoria)の気候は、北西部の高温で乾燥した地域から、北東部のアルプスの雪山まで、多様な気候帯が特徴です。 メルボルンは、天気が変わりやすいことで有名で、「1日の中に四季がある」とよく言われます。 暖かい日から暑い日まである夏、温暖で穏やかな春と秋、涼しい冬があり、全体的には温帯性気候です。 夏の平均気温は25度、冬は14度です。 降水量は5月から10月に最も多くなります。 ここは、メルボルンへの旅行計画に役立つ、気温、降水量、季節の特徴やイベントに関する情報を紹介します。 メルボルンの気候
Site Requires Javascript - turn on javascript!

メルボルンの気候

気温、降水量、季節の特徴やイベント情報を知って、メルボルンへの旅行の計画に役立てましょう。


ビクトリア州(Victoria)の気候は、北西部の高温で乾燥した地域から、北東部のアルプスの雪山まで、多様な気候帯が特徴です。 メルボルンは、天気が変わりやすいことで有名で、「1日の中に四季がある」とよく言われます。 暖かい日から暑い日まである夏、温暖で穏やかな春と秋、涼しい冬があり、全体的には温帯性気候です。 夏の平均気温は25度、冬は14度です。 降水量は5月から10月に最も多くなります。 ここは、メルボルンへの旅行計画に役立つ、気温、降水量、季節の特徴やイベントに関する情報を紹介します。

メルボルンの天候は変わりやすく、一般的に12月~2月(夏)は暑く、3月~5月(秋)にかけて涼しくなり、6月~8月(冬)は寒く、9月~11月(春)に再び暖かくなります。 メルボルンの気温が最も高くなるのは例年1月と2月で、暑くて乾燥した日が続き、平均気温は15~26度程度です。 メルボルンの年間降水量の平均は約600mmです。 6月と7月が最も寒く、10月が最も湿度が高い月です。 どんな天候にも備えられるようにするコツは、傘を持ち歩き、必要に応じて脱ぎ着できる服装をすることです。

メルボルンでは、年間を通して国内の主要イベントが多数開催されます。 夏には、グランド・スラムの全豪オープン・テニス選手権(Australian Open Tennis championship)が1月に開催されるのをはじめとして、有名なスポーツ・イベントが行われ大いに盛り上がります。 また、夏になると誰もが屋外へと繰り出し、セント・キルダ・ビーチ(St Kilda Beach)などのベイサイド・ビーチで遊んだり、ポート・フィリップ湾(Port Phillip Bay)で潮風に吹かれて夕涼みをしたりするのが見られます。 有名なメルボルン・サンドベルト(Melbourne Sandbelt)地帯でゴルフを楽しむのにもよい季節です。 秋は、メルボルンにたくさんある公園や庭園を散策し、輝くばかりの紅葉を満喫するのもよいでしょう。 F1 オーストラリア・グランプリ(Formula 1™ Australian Grand Prix)は3月に開催されます。 3月にはこの他にも、メルボルン・ファッション・フェスティバル(Melbourne Fashion Festival)やメルボルン・フード&ワイン・フェスティバル(Melbourne Food & Wine Festival)などの食やファッションの様なイベントが開かれます。 毎年イースター(3月か4月)には、グレート・オーシャン・ロード(Great Ocean Road)ベルズ・ビーチ(Bells Beach)で開かれるリップカール・プロ・サーフィン大会(Ripcurl Pro surfing competition)に世界中から大物選手が集まり、技を競い合います。

冬季の日中の平均気温は、7度まで下がることもあります。平均最高気温は14度です。 室内のアクティビティを楽しんだり、メルボルンにある数多くのアート・ギャラリーや、劇場を巡ったりするのもよいでしょう。 サウスバンク(Southbank)のメルボルン・アート・センター(Melbourne Arts Centre)で、演劇を鑑賞してみましょう。 メルボルン博物館(Melbourne Museum)や国立ビクトリア美術館(National Gallery of Victoria)で、世界中から集められた素晴らしい展示品を探してみませんか。 メルボルン国際ジャズ・フェスティバル(Melbourne International Jazz Festival)は、居心地のよい複数の会場で、6月に開かれます。 暖かい服装をして、何万人もの地元の人々に混じって、メルボルン・クリケット・グラウンド(Melbourne Cricket Ground)で開催されるオージー・フットボール(AFL)の試合に熱狂しましょう。

春には、オーストラリアで最も格式の高い競馬イベントである、メルボルン・カップ・カーニバル(Melbourne Cup Carnival)が開催され、街には活気があふれます。 ヤラ・バレー(Yarra Valley)とダンデノン丘陵(Dandenong Ranges)周辺のブドウ園と保養地を巡るのにもよい季節です。

メルボルンの気温と降水量

12月 1月 2月
最高気温
ºC | ºF
24.2 76 25.9 79 25.8 78
最低気温
ºC | ºF
12.9 55 14.3 58 14.6 58
平均日照時間
第5十分位(中央値)降水量(mm)
59.3 47.3 48.1
第5十分位(中央値)降水量(mm)
7.2 5.6 5.1

3月 4月 5月
最高気温
ºC | ºF
23.9 75 20.3 69 16.7 62
最低気温
ºC | ºF
13.2 56 10.8 51 8.7 48
平均日照時間
第5十分位(中央値)降水量(mm)
50.4 57.3 56
第5十分位(中央値)降水量(mm)
6.1 7.9 9.7

6月 7月 8月
最高気温
ºC | ºF
14.1 57 13.5 56 15 59
最低気温
ºC | ºF
6.9 44 6 43 6.7 44
平均日照時間
第5十分位(中央値)降水量(mm)
49.2 47.6 50.1
第5十分位(中央値)降水量(mm)
9.5 9.8 10.5

9月 10月 11月
最高気温
ºC | ºF
17.2 63 19.7 67 22 72
最低気温
ºC | ºF
8 46 9.5 49 11.2 52
平均日照時間
第5十分位(中央値)降水量(mm)
58 66.2 60.3
第5十分位(中央値)降水量(mm)
10.4 10.2 8.3

その他の休暇のアイデア

休暇の予定を立てる際に、この周辺に他の見所があるか、見てみましょう。

メルボルン

メルボルン

秘密の裏通りや屋上、文化の中心フェデレーション・スクエア、活気あるバー、ブティック、飲食店、有名なMCGなど、メルボルンはさまざまな見所があります。 セント・キルダ、王立植物園、自由な雰囲気のブランズウィック・ストリート、国中が熱狂するスプリング・レーシング・カーニバル。 オーストラリア・グランプリのような世界クラスのイベントもあります。 モーニントン半島とフェアリー・ペンギンが見られるフィリップ島への日帰りツアーもお勧めです。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 add favourite
ビクトリア州

ビクトリア州

メルボルンから荒々しいグレート・オーシャン・ロード、ぶどう畑が続くヤラ・バレー、マセドン山脈の近く、絶景のモーニントン半島に向かいます。 フィリップ島でフェアリー・ペンギンに会い、ハウスボートでマレー川を下り、ウィルソンズ岬と90マイル・ビーチで砂浜を歩きましょう。 ベンディゴとハイ・カントリーの町ではゴールドラッシュ時代を追体験し、グランピアンズ国立公園では太古の景観の中をハイキングしましょう。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 add favourite
メルボルンで過ごす最高の3日間

メルボルンで過ごす最高の3日間

メルボルンはカルチャー派やスポーツ・ファン、ファッション・マニア、食通たちのおかげで、ゆっくり寝ているのがもったいないほど刺激的な街。大通りから離れてひっそりとたたずむ路地裏はメルボルンの名物。細い裏道でカフェやバー、ブティックを探してみてください。そして、サウス・バンク(Southbank)の川沿いの雰囲気や、おしゃれなカフェ、クリエイティブな人々の集るフェデレーション・スクエア(Federation Square)などへ行ってみてください。ヤラ川(Yarra River)をクルーズしたり、王立植物園(Royal Botanic Gardens)の芝生や湖のあいだを散歩することもできます。市内には高級品の町サウス・ヤラ(South Yarra)やビーチサイドの町セント・キルダ(St Kilda)、流行の先端を行く町フィッツロイ(Fitzroy)など、さまざまな雰囲気をもった地区がたくさんあり、それぞれの雰囲気を存分に楽しんでください。その後、モーニントン半島(Mornington Peninsula)まで日帰りで、ビーチやワイナリー、ギャラリー、ゴルフコースをめぐりましょう。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 add favourite
メルボルンの楽しみ方トップ10

メルボルンの楽しみ方トップ10

メルボルンの路地裏散歩は、この多様な街の1つの側面でしかありません。 クリケットやサッカーもぜひお楽しみください。 芸術と文化も吸収できます。 高級ダイニングか、それともパブで極上のバーガーを味わうか。 地元デザイナーのファッションか、それともベイサイドをサイクリングするか。 どちらが好みでも、メルボルンは選択肢がいっぱいです。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 add favourite