美しきブルー・マウンテンズで過ごす3日間

シドニーを目の前に控えた高原地帯へと向かい、素晴らしい眺めと古い村々、グルメを楽しみましょう 美しきブルー・マウンテンズで過ごす3日間
Site Requires Javascript - turn on javascript!

美しきブルー・マウンテンズで過ごす3日間

シドニーを目の前に控えた高原地帯へと向かい、素晴らしい眺めと古い村々、グルメを楽しみましょう


原文:Georgia Rickard & Marc Llewellyn

楽しみ方

  • 世界遺産登録されたドラマチックなスリー・シスターズの奇岩群を眺める
  • 多雨林地帯と寒冷気候の植物を集めた庭園を散策する
  • 地元の美味しい食べ物に舌鼓を打つ
     

基本情報

  • 滞在期間:3日間
  • 距離:285キロ(177マイル)
  • 交通手段:車
  • 最寄り都市:シドニー
  • 予算:$$$

カトゥーンバ(Katoomba)でアール・デコの専門店を訪れ、この町の文化に触れましょう。世界遺産ブルー・マウンテンズ国立公園では自然の美しさに息を呑み、カンガルーの群れの中で乗馬を楽しみましょう。

1日目:シドニーからルーラ、カトゥーンバへ

シーニック・ワールドのケーブルカー、カトゥーンバ、ブルー・マウンテンズ、ニュー・サウス・ウェールズ

午前

シドニー(Sydney)の中心部、または空港でレンタカーをしたら、西へ90分ほど車を走らせ、ブルー・マウンテンズの町、カトゥーンバ(Katoomba)へと向かいましょう。カトゥーンバは、素晴らしいアール・デコ建築とひと味違ったショッピングを楽しめることで知られています。ミスター・ピックウィックス・ファイン・オールド・ブックス(Mr Pickwick's Fine Old Books)やピーチツリー・アンティークス(Peachtree Antiques)といった店では、初版本やヴィンテージの服、一点ものの食器類などが見つかります。カトゥーンバから車で5分の場所にある美しい庭園で知られるルーラ(Leura)では、さらにショッピングが楽しめます。この村ではザ・キャンディ・ストア(The Candy Store)に立ち寄るのをお忘れなく。メイン・ストリート沿いにはたくさんのカフェが並んでいます。チーズの盛り合わせが美味しいルーラ・ガレージ(Leura Garage)でタパス風の昼食を楽しんだあと、カトゥーンバに戻る前にブルー・マウンテンズ・チョコレート・カンパニー(Blue Mountains Chocolate Company)に立ち寄ってみましょう。ここでは滑らかなクーベルチュール・チョコレートを使って、オリジナルのドリンクを作ることができます。

午後

切り立った崖の上にあるカトゥーンバの町は、スリー・シスターズ(Three Sisters)の奇岩群を眺めるのには絶好のスポットです。町の中心部から車か徒歩でエコー・ポイント(Echo Point)にある展望台へと向かい、スリー・シスターズと世界遺産に登録された多雨林とドラマチックな断崖が地平線いっぱいに広がるその先の眺めを楽しみましょう。日没後、午後11時までに再びこの場所を訪れると、ライトアップされたスリー・シスターズを眺めることもできます。次は、シーニック・ワールド(Scenic World)へ。ここでは世界で最も険しい山間部を急降下するトロッコ列車に乗ったり、素晴らしい眺めを楽しめるロープウェイに乗ることができます。峡谷の底に到着したあとは、2.4キロ(1.5マイル)におよぶ古代の多雨林の中を歩きます。パレット・ダイニング(Palette Dining)でディナーかカクテルを楽しんでから、ビクトリア調のリリアンフェルス・リゾート・アンド・スパ(Lilianfels Resort & Spa)か美しい古代世界の広がるハイドロ・マジェスティック(Hydro Majestic)に滞在しましょう。

2日目:カトゥーンバからブラックヒースへ

ユーロカ・ホームステッドを馬で出発しメガロング・バレーを歩く様子、ブルー・マウンテンズ、ニュー・サウス・ウェールズ州

午前

車を15分ほど走らせると、ブラックヒース(Blackheath)の町に到着します。アノニマス(Anonymous)で美味しい朝食をとったあとは、キャビン・アンド・コー(Cabin & Co)で日用雑貨やインテリア用品を探しましょう。ディス・リトル・ピギー・ウィギー(This Little Piggy Wiggy)で、ヤギのチーズのハニー・トリュフ添えや天然酵母のパン、手作りのジャム、レリッシュ(ピクルスの一種)などのピクニック用の食材を調達するのもよいでしょう。ランチも楽しめるビクトリー・シアター・アンティーク・センター・アンド・カフェ(Victory Theatre Antique Centre and Café)に立ち寄るのもお勧めです。

午後

丘を下って、ホース・トレッキングで知られるユーロカ・ホームステッド(Euroka Homestead)のある、メガロング・バレー(Megalong Valley)へと向かいましょう。馬に乗って古びた羊の毛刈り小屋を通り過ぎ、なだらかな平原を走り抜け、あちらこちらで聞こえる鳥たちのさえずりに耳を澄ましたり、パドックで食事中のカンガルーを眺めたりといった体験ができます。ホース・トレッキングではシックス・フット・トラック(Six Foot Track)と呼ばれるカトゥーンバからジェノラン鍾乳洞(Jenolan Caves)を3日間かけて歩くハイキング・コースの一部を辿ります。週末には、近隣のドライリッジ・エステート(Dryridge Estate)のワイン農園まで馬で出かけ、美しい山々を眺めながらワインやチーズを楽しむこともできます。ブラックヒースに戻ったあとは、ヴェスタ(Vesta)で地元の食材を用いたメニューを味わいましょう。ここで提供される料理はすべて120年も使いこまれたスコッチ・オーブンを使って調理されています。ここでは、リリアンフェルス・リゾート・アンド・スパ(Lilianfels Resort & Spa)かハイドロ・マジェスティック(Hydro Majestic)にもう1泊するとよいでしょう。

3日目:ブラックヒースからマウント・ウィルソン、ビルピン、シドニーへ

ビルピン、ブルー・マウンテンズ、ニュー・サウス・ウェールズ州

午前

シドニーに戻る前にオーストラリア出身の映画監督、バズ・ラーマンが『華麗なるギャツビー』を撮影した庭園があることで知られる、マウント・ウィルソン(Mount Wilson)に立ち寄ってみましょう。エキゾチックな植物が揃うウィンディリッジ・ガーデン(Windyridge Garden)やウィルデンスタイン・ガーデンズ(Wildenstein Gardens)でのんびりしたあとは、ブルー・マウンテンズ・ボタニック・ガーデン・マウント・トマー(Blue Mountains Botanic Garden Mount Tomah)へ向かってベルズ・ライン(Bells Line)を進みましょう。ここでは、世界中の冷涼気候の植物を見ることができます。併設のトマー・ガーデンズ・レストランは、シドニーのボンダイ・ビーチ(Bondi Beach)にあるレストラン、ショーンズ・パノラマ(Seans Panaroma)の有名シェフ、シーン・モーラン氏(Sean Moran)が経営する、知る人ぞ知るスポットになっています。

午後

次の行き先はリンゴで有名な町、ビルピン(Bilpin)です。「ローカル・ハーベスト(The Local Harvest)」と書かれた看板を探してみましょう。波形の屋根の物置小屋を利用したこの店では、ビルピンの名物の焼きたてのアップル・パイを提供しています。この近辺では1月から6月にかけてはクルミやマンダリン、柿やブルーベリー摘みなども楽しむことができます。シドニーの中心地まで車で90分ほどの距離にあるビルピンには、山岳地帯にあ多雨林を望めるラブ・キャビン(Love Cabins)やスタイリッシュなグルメ体験のできるファーム・パノラマ(Farm Panaroma)など、魅力的な宿泊施設がたくさんあります。

ブルー・マウンテンズへの旅を予約する

設備のタイプ
ホテルのランク
料金帯
タイプ
メインコース

料金は目安です

酒類販売許可証
申し訳ありません。 この条件での検索結果は現在ご利用いただけません。ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございません。後ほど再度お試しください。
loading