ブラッドンのローカルガイド

キャンベラで一番クリエイティブな人々の後について行くと、ブラッドンのロンズデール・ストリートに辿り着くはず。心に残るお食事、チャーミングなショップ、地ビール醸造所のエール、その他アーティスティックなものが集まるブラッドンの中心地です。 ブラッドンのローカルガイド
Site Requires Javascript - turn on javascript!

ブラッドンのローカルガイド

キャンベラで一番クリエイティブな人々の後について行くと、ブラッドンの ロンズデール・ストリートに辿り着くはず。心に残る食事、チャーミングなショップ、地ビールのエール、その他アーティスティックなものが集まるブラッドンの中心地です。


文章: ​ジェニファー・ピンカートン

かつては、自動車のディーラーが並ぶ工業地区だったブラッドン (キャンベラの中心街の北端にある郊外の街) は、カリスマ的な変貌を遂げました。過去の片鱗がいまだに残るものの、ブラッドンの個性は新世代のショップや施設の設立とともに刷新され、お洒落で、遊び心があり、若いクリエイターやトレーダー、ブルワー、ロースターが集まる街となりました。ブランチを食べて、デザイン指向のショップをじっくり廻り、自分へのご褒美としてくつろぎのトリートメントを堪能し(散髪、ヒゲ剃、美容など)、夕日を見ながらクラフトビールを味わい、フードトラックやグルメパブ、高級レストランでお食事を楽しむ。そんな1日がブラッドンにはあります。

交通手段

キャンベラの中心地からブラッドンまでは、徒歩で約10分です。ガレマ・プレースの活気あふれるカフェ街を巡ったり、ショッピングコンプレックスの キャンベラ・センター と平行に走るブンダ・ストリートをのぞいたり。数百メートル北には、ブラッドンのアートの中心地 ロンズデール・ストリートがあります。
 

必見ポイント

  • キャンベラ随一の地ビール醸造所 ベントスポークで、クラフトビールやサイダーを試してみる
  • 新しく建てられたオリビルディングで、ロンズデール・ストリート・トレーダーズのカラフルな店をのぞいてみる
  • フードトラックが並ぶ常設マーケット ザ・ハムレットで、エキゾチックなB級グルメを楽しむ

ブラドン 見どころ

ブラッドンのアクティビティトップリスト

ロンズデールの屋台でコーヒーを飲む
すべてキャンベラで焙煎した14種類のコーヒーをブレンドする ロンズデール・ストリート・ローズターズ ( ロンズデール・ストリート・イートリー 内)は、「街で一番美味しいコーヒーを飲みたい」というキャンベラ市内からの常連客に人気の店です。コーヒー専門店からスタートしたこの店は、活気あふれるカフェへと変貌しました。お腹が空いたら、ペイストリー(4.50ドル)やパニーニサンドイッチ(12ドル)などフードメニューもチェックしましょう。 23 ローンズデール・ストリート, ブラッドン

オリビルディングでショッピング
 ロンズデール・ストリート・トレーダーズと呼ばれる小さなショップの、シャープなデザインを集めたオリビルディング。花屋の マクソム+ウィットニー の可憐な花や精緻なテラリウム(観葉植物)をのぞいた後は、 ホームウェアショップの ハイブ や ハンサムプリティー へ。どちらも陶器やアートプリント、ジュエリー、ギフトウェアが並んでいます。ファッション関係なら、アナとダイアナの姉妹が経営する アイトリップ・アイスキップ がお勧めです。男性には、 グルームドの靴磨き(15ドル)や散髪(45ドル)、熱いおしぼりが気持ちいいヒゲ剃り(25ドル)はいかがでしょうか。締めくくりには、フルジー・デザート・ラボのクリーミーなココナッツ&キャラメルジェラート(4.50ドル)をどうぞ。 30 ローンズデール・ストリート、 ブラッドン

エルク&ピーでブランチ
レストラン&バー エルク&ピ ーでは、ブルーのクッションを敷いたベンチに席を取り、中米をテーマとしたお料理を満喫しましょう。卵料理とベーコンという普段のメニューは忘れて、ブラックビーンズ、コーン、目玉焼き、トルティーヤチップス、アボカド、チョリソー、サルサ、ハーブ入りサワークリームを盛り合わせたウエボス・ランチェロス(18ドル)を召し上がれ。 21 Lonsdale Street, Braddon

ブロウラボで美しく
白い階段を登ってロフトスタイルの ブロウラボへ。ひと味違うビューティーバーです。サロンというよりはアートスタジオのような、オープンプランの空間の ブロウラボは、眉毛美容(40ドル)の専門サロンですが、メイクアップ(120ドル)、まつ毛カラー(29ドル)、美顔ワックス(15~17ドル)も展開しています。大きなイラストや観葉植物が壁を飾る、あたたかく楽しく、アットホームな雰囲気です。人気の店ですので、ご予約をお忘れなく。 26 エローラ・ストリート、 ブラッドン

ザ・ハムレットをゆっくり散策
街の端のロンスデール・ストリートに歩いて行くと、フードトラック(キッチンカー)の一群が見えてきます。ライブ音楽を演奏する週末の夜がお勧めです。この小さくてアットホームで地域色豊かな場所は、 ザ・ハムレット と呼ばれていて、エチオピア料理 や ペルー料理 のB級グルメ、生ビールを取り揃えた マイクロバー 、 ピッツェリア、 ニューヨークスタイルのホットドッグスタンド、裏手には バーバー、期間限定ショップ、アートとデザインのスペースが揃っています。 21 ローンズデール・ストリート、ブラッドン

ベントスポークで飲む
21種類の生ビールを展開する ベントスポークほど、地ビールのエールが揃った場所は他にないはず。ラガー、ジンジャーサイダー、ピルスナー、ホイートビール、6種類のインディアンペールエールなど、ビール好きにはたまらない充実のセレクションを完備した、2階建ての地ビール醸造所です。本格派地ビール醸造所ファンなら、ベントスポーク・トラベラーズ(65ドル)がお得です。2リットルの詰め替え可能な圧力調節コンテイナーで、生ビールをお持ち帰りできます。 48/38 モート・ストリート、ブラッドン 

エイティシックス・レストランのファインダイニング
ブラッドンのトップクラスのレストラン エイティシックス で、究極の創造力を味わいましょう。午後7時30分前か後の枠からお選びください(カフェでは午後5時45分から午後7時30分まで、または、午後7時45分以降の2つの枠のみご利用いただけます)。カンガルー、ホースラディッシュ、ビーツの塩漬け(25ドル)や、キャラメル・ポップコーン・サンデー(17ドル)など、新鮮で革新的な食材の組み合わせを、大皿でお楽しみください。にぎやかな都会の遊び場 ブラッドンに夜の帳が降りたら、シングルモルトウイスキー、ハチミツ、タイムをブレンドしたハニー・バッジャー・マティーニ(22ドル)で乾杯。  ​モード 3、エローラ&ローンズデール・ストリート、ブラッドン

キャンベラに関する最近の記事

キャンベラの楽しみ方トップ10

キャンベラの楽しみ方トップ10

キャンベラはオーストラリアで一番若い首都であるだけでなく、最も驚きに満ちた街でもあります。 国の文化施設が多く集まるだけでなく、アート・コミュニティの成長や華やかなレストラン、バー・シーンを支える街です。 自然のアトラクションも人工のアトラクションも満載のキャンベラは、発見と学び、楽しみに満ちあふれています。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 Add to your favourites add favourite
キャンベラで宇宙体験をする

キャンベラで宇宙体験をする

質問: 無害の地震が体験でき、巨大なナナフシ(昆虫)に触ったり、38億年前の月の石を見られるオーストラリアの街といえば、どこでしょう?

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 Add to your favourites add favourite

その他の関連記事

キャンベラ(Canberra)のファイヤーサイドの温もり

キャンベラ(Canberra)のファイヤーサイドの温もり

今年の冬は燃え盛る火の傍らで心を温め、同時にお腹も満たしましょう。魅力いっぱいのファイヤーサイド・フェティバルが、毎年8月にキャンベラやヤス(Yass)、ホール(Hall)、ムランベイトマン(Murrumbateman)、ガンダルー(Gundaroo)など周辺の村で開催されます。料理やワイン、エンターテイメントなどが盛りだくさんの1ヵ月にわたるお祭りです。寒さを撃退してくれる火の傍らに立てば、気分がウキウキしてくること請け合いです。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 Add to your favourites add favourite
キャンベラのアボリジニ・アート

キャンベラのアボリジニ・アート

オーストラリア国立美術館(National Gallery of Australia)に行って、さまざまなアボリジニ・アートを心ゆくまで味わいましょう。全部で13ある展示室には、点描画や樹皮に描かれた絵から水彩画、織物、版画、陶器、彫刻まで、7,500以上の作品が展示されています。いくつかのテーマに分けて作品を並べている展示室を見てまわれば、それぞれの作品群の背景にはどんな土地やドリーミング(神話)の物語、歴史上のできごとがあるのかがわかるはずです。これらの貴重なコレクションは、現存する世界最古の文化、しかも現在もなお進化を続けている文化の生き証人なのです。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 Add to your favourites add favourite
キャンベラの地産地消型ショッピング・シーンのすばらしさを再認識

キャンベラの地産地消型ショッピング・シーンのすばらしさを再認識

キャンベラでは大型のショッピングモールも国際的なブランドも、地元産の製品を売る店にはかないません。市内のマーケットやブティック、小型店舗はどこも付近から届いたばかりの地元産のハンドクラフト製品や食材、ワインを並べています。たくさんの人でにぎわうロンスデール・ストリート(Lonsdale Street)では地元でデザインされた絵画や宝石、生活用品、洋服を探したり、賞を受賞したこともある週末の人気マーケット、オールド・バス・デポ・マーケットではバラエティに富んだ商品が並んだ屋台を見てまわってください。とにかくキャンベラはどこへ行っても地元産の掘り出し物であふれています。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 Add to your favourites add favourite
キャンベラ・スタジアム、オーストラリア首都特別地域

キャンベラ・スタジアム、オーストラリア首都特別地域

このスタジアムは、キャンベラ郊外のブルース(Bruce)にあります。ブルースという地名は、オーストラリアの元首相、スタンリー・ブルース(Stanley Bruce、在任1923~1929年)にちなんで名付けられたものです。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 Add to your favourites add favourite
キャンベラ・バルーン・フィエスタで秋の空に浮かぼう

キャンベラ・バルーン・フィエスタで秋の空に浮かぼう

キャンベラの秋を告げるのは燃え立つような紅葉ばかりではありません。キャンベラ・バルーン・フィエスタも秋を告げる使者の1人なのです。3月の清々しい朝、9日間にわたって、色とりどりの熱気球が旧国会議事堂の芝生から列をなして上がって行きます。 何千という熱気球が大空に舞う不思議な光景を眺めるのもよし、自分で気球に乗り込んで空に舞い上がるのもいいでしょう。どちらにしてもキャンベラで過ごす1日のスタートとしては最高です。さらに温かい朝食やライブ・エンターテイメントがついていれば、なおさら。 その後は街に繰り出して、キャンベラの国立博物館や美術館、ワイナリー、木々に覆われた公園を訪ねてください。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 Add to your favourites add favourite

旅を実現

設備のタイプ
ホテルのランク
料金帯
タイプ
メインコース

料金は目安です

酒類販売許可証
申し訳ありません。 この条件での検索結果は現在ご利用いただけません。ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございません。後ほど再度お試しください。
loading