Site Requires Javascript - turn on javascript!

キャンベラ、キングストンのローカルガイド

原文:ジェニファー・ピンカートン

キングストンはおしゃれな雰囲気と伝統的な雰囲気が共存する街です。キングストンが ​伝統的な魅力にあふれているのは、キャンベラ ​で一番古い郊外の街だからかもしれません。1920年代に労働階級や中級から上級の公務員の居住地として発展し、現在ではアパートやバー、公園、ショップ、レストランが集まるモダンな街となりました。キングストンには2つの代表的な地域があります。キングストン・ショップスとグリーン・スクエアは、カフェが並ぶ緑豊かで静かなエリアです。さらにバーリー・グリフィン湖に向かって進むと、オールド・バス・デポ・マーケットやキャンベラ・グラスワークス、数々のバーやレストランがあるキングストン・フォーショアのエリアがあります。

キングストンへの行き方

キングストンはキャンベラの中心地から南に4kmの場所にあり、車でパークス・ウェイおよびウェントワース・アヴェニューを走れば10分、または、シティ・バス・ステーションの9番プラットフォームか出発する80番のバスが利用できます。
 

必ずやっておきたいこと

  • オールド・バス・デポ・マーケットでグルメやアート、洋服、工芸品などの露店をじっくり巡る
  • キャンベラで最も人気のあるベーカリー、サイロで甘いペストリーを味わう
  • コモンウェルス・アヴェニュー・ブリッジまでサイクリングして、6つの国の建物を見学する

キングストンの見どころ

キングストンの人気アクティビティ


ローカル・プレスのコールドプレスジュースを飲む

バーリー・グリフィン湖から昇る朝日の日差しを浴びながら1日をスタートして、 ローカル・プレスのコールドプレスジュースを飲みましょう。フォーショアにあるこのジュースバー&カフェは、むき出しのレンガの壁にミックスマッチのインテリアをしつらえたアットホームな空間で、ビーガンやベジタリアン、自然食品のメニューが楽しめます。 パンクハート・ワイナリー で栽培されたピノ種のブドウを使ったスパークリンググレープジュース(6オーストラリアドル)や、ピーナッツバター、バナナ、カカオをブレンドしたナッツミルクスムージー(8.50オーストラリアドル)が特におすすめです。

オールド・バス・デポ・マーケットを散策する

 オールド・バス・デポ・マーケット は、アート、洋服、工芸品、グルメ、生鮮品の露店が集まる、キングストン最大の市場です。毎週土曜日に開催されますが、日曜日にもテーマを決めて開催されることがあります。 デザイナー・サンデー、マルチカルチャー・サンデー、コレクタブル・サンデー、レトロ・サンデーなど、テーマに沿った露店が加わるので、マーケットはさらに賑わいます。2階建ての フォトグラフィ・ルーム​ には、地元のアーティストによる写真作品を展示しているので、立ち寄ってみましょう。 

​手吹きガラスの実演を見学する

キャンベラ最古の公共建築、 旧キングストン・パワーハウスの中にある キャンベラ・グラスワークス は、アーティスト達のアトリエ兼ショールームとなっており、スタジオの炉のまわりに座って手吹きガラスの職人技を見学することができます(1日 数回実施。  ゴールドコイン寄付のため)。 ​開館日は水曜日から日曜日までで、ギャラリーショップや展示室もあり、ペーパーウェイトづくりのワークショップや、歴史を紹介するツアーも開催しています。グラスワークスの後ろには、お洒落なアメリカンスタイルのハンバーガーショップ、 ブロッドバーガーがあります。

サイロ・ベーカリーでゆったりとランチ

サイロ は、様々な風味の美味しいフルーツペストリー、チーズのセレクション、絶品の朝食やランチが地元の人々に人気のベーカリーです。政治家や有名人がわざわざ訪れることもよくあり、すぐ満席になります。店はキングストン・ショップスにあり、オレンジの市松模様のタイルが目印です。ヨーロッパ風ビストロスタイルのメニューが味わえます。タルト・フラミッシュ(フレミッシュ風リークとチーズのペストリー、22ドル)や、発酵ライムを添えたタコ、そら豆、フェンネルのサラダ(24ドル)などがおすすめです。 

橋から橋まで続く道でサイクリング

ランチのカロリーを燃焼するため、​橋から橋まで続く5kmの道をサイクリングしましょう。人気のコースで、ウォーキングや ランニング​をすることも可能です。 サイクル・キャンベラ は、滞在ホテルまで自転車を届けるサービスを行っています(1日45オーストラリアドル)。あるいは、市内にいくつかある スピンウェイ・キャンベラ​ のバイクシェアステーションから、1時間5.50ドルで自転車をレンタルすることもできます(2時間~)。 キングストンから近隣のキングス・アヴェニュー・ブリッジまで走って、コモンウェルス・アヴェニュー・ブリッジで折り返して戻りましょう。このコースは湖畔に沿っており、 ナショナル・カリヨン、 オーストラリア国立美術館、 オーストラリア最高裁判所、 国立図書館、 レガッタ・ポイント 、コモンウェルス・パークを通ります。 

心と食欲を満たす

1日の最後は、文学をテーマにした新しいレストラン、 ミューズでくつろぎましょう。ミューズは、スタイリッシュでモダンな イースト・ホテルの中にあり、ホテル内には、お洒落でユニークなイタリアンレストラン&バーの ジョーズ・バーもあります。ミューズの店内の本棚には新刊書や古本などがずらりと並び、ティム・ウィントンやメリナ・マーチェッタなど、オーストラリアの有名作家を招いたトークやイベントを定期的に行なっています。2016年にキングストンのLGBTIビジネス大賞を受賞したレストランでもあり、朝食、ランチ、ディナーを提供しています。自家薫製の鴨の胸肉にカリフラワー、ビーツチャツネ、ソバ、サワーチェリーソースを添えたプレート(28ドル)や、キャンベラ産のサプリング・ヤード・リースリング(12ドル)などがおすすめです。

関連記事をもっと読む

旅をしましょう

設備のタイプ
ホテルのランク
料金帯
タイプ
メインコース

料金は目安です

酒類販売許可証
申し訳ありません。 この条件での検索結果は現在ご利用いただけません。ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございません。後ほど再度お試しください。
loading