Site Requires Javascript - turn on javascript!
空から眺めたサウス・ヘッドとシドニー・ハーバー国立公園、シドニー、ニュー・サウス・ウェールズ州。© Destination NSW & Hamilton Lund

シドニー・ハーバー国立公園

シドニー・ハーバー国立公園(Sydney Harbour National Park)に行って、湾内に浮かぶ島でブッシュウォーキングやピクニックをしたり、隠れ家ビーチで泳いだり、囚人やアボリジニの歴史を訪ねたりしてください。

シドニー・ハーバー国立公園にはオーストラリアを象徴する建物だけでなく、奥まった場所に秘密のビーチや絵のように美しい島々があり、ところどころに固有種の植物が生えた森林が残されています。景色のいい海辺で海水浴やピクニック、ブッシュウォーキングをしたり、フェリーに乗って湾内に浮かぶ島を訪れたりしてください。また、ヨットやカヤックを楽しんだり、野生動物を間近に眺めたり、先住民族アボリジニが残したはるか昔の岩絵や囚人が建てた建物を見学することもできます。加えて港や公園、岬はオーストラリア最大級のイベントが開催される場所でもあります。大みそかに打ち上げられる花火からシドニー・トゥー・ホバート・ヨット・レースまで、さまざまなイベントが繰り広げられます。

シドニーの海岸線は一帯をくまなくハイキングできるように、数時間のコースから日帰りコース、全長100キロのグレート・コースタル・ウォーク(Great Coastal Walk)まで、あらゆるウォーキング・コースが整備されています。北岸にはバルモラル・ビーチ(Balmoral Beach)やマンリー(Manly)、チャウダー・ベイ(Chowder Bay)など、人気のビーチが集まり、タロンガ動物園(Taronga Zoo)を見学したり、チャイナマンズ・ビーチ(Chinamans Beach)で泳いだり、マンリーからスピット・ブリッジ(Spit Bridge)まで歩くこともできます。ブラッドリーズ・ヘッド(Bradleys Head)とミドル・ヘッド(Middle Head)の間には開拓時代の砦や兵舎の跡があり、すばらしい景色が楽しめます。また南岸にはニールセン・パーク(Nielsen Park)やパースレー・ベイ(Parsley Bay)があり、夏の間は家族連れでにぎわいます。サウス・ヘッド(South Head)にあるワトソンズ・ベイ(Watsons Bay)でフィッシュ・アンド・チップスをほおばったら、山間の道や灯台を通る歴史の道をたどってみましょう。

シドニーの歴史を実感する場所は、湾内各所にあります。アボリジニのガイドが案内するクルーズに参加すると、シドニーの先住民ガディガル族(Gadigal)の生活を垣間見ることができます。ドリームタイムの創造神話に耳を傾けて、アボリジニの名前やシドニーの主な地名の意味を教えてもらってください。岩に刻まれた史跡ロック・カービングを間近に見たり、クラーク島(Clark Island)でアボリジニの伝統的な歓迎の儀式を見学して、昼食にブッシュ・タッカーを食べるのも楽しみです。

Cockatoo Island, Sydney, NSW. © Destination NSW

Cockatoo Island, Sydney, NSW

ロックス(The Rocks)にあるカドマンズ・コテージ(Cadmans Cottage)では英国から連れて来られた囚人たちのかつての生活をしのび、マンリーにある旧検疫所(Old Quarantine Station)を見学しましょう。かつては入国する移民の検疫を行っていた場所です。コカトゥー島(Cockatoo Island)ではウォーキング・ツアーやキャンプを楽しんでみてください。囚人用の監獄や船舶用のドックがあった島で、現在は作業小屋や囚人用のバラック、トンネル、巨大な穀物倉庫など当時の施設を利用した各種イベントやトレンドを先取りした展示会などの格好の舞台となっています。さらに、フェリーに乗って、フォート・デニソン(Fort Denison)にも行ってみてください。開拓時代初期には独房に重罪人を収容していた島です。またシャーク島(Shark Island)は絵のように美しい島で、小旅行にはぴったりの場所です。

シドニー・ハーバー国立公園には自然のままの植生が残り、鳥や動物が多数、生息しています。ミドル・ヘッド(Middle Head)とノース・ヘッド(North Head)の周辺では夜間ツアーに参加して夜行性動物と出会ったり、崖の上の岩棚で羽を休める海鳥を探したり、木々にこだまする甲高い鳥の鳴き声に耳をすませたりしてください。

定期運航のフェリーを使うと、湾内のさまざまな場所へ行くことができます。またクルーズに参加すると目の前の風景の詳しい説明を聞くことができ、水上タクシーに乗るとプライベート・ビーチで下りることもできます。さらにヨットやカヤックを操って、ブッシュに囲まれた入江や砂岩の岬のあいだを好きなように進むのもいいでしょう。

シドニー・ハーバー国立公園はシドニー周辺で行われる大人気のイベントの拠点でもあります。建国記念日には湾内でレースを繰り広げる大型帆船や小型フェリー、ヨットやボートを眺め、クリスマスの翌日のボクシング・デーにはシドニー・トゥー・ホバート・ヨット・レースのスタートの様子を見学することもできます。ハイライトは毎年恒例の大みそか。シドニー中の人たちがウォーターフロントにつめかけ、シドニー・ハーバー・ブリッジの上空に世界で最も美しい花火が打ち上げられます。

More Holiday Ideas

See what else there is near here to inspire your holiday planning.

シドニー

シドニー

シドニー

シドニー・ハーバーと歴史上重要なロックスの周辺で、シドニーの自然美と文化を体験しましょう。 ボンダイ、ブロンテ、クージー、パーム・ビーチなどの有名なビーチを探索。 シドニー・ハーバー国立公園でのブッシュウォーキング、世界一流のレストランでの食事、ブルー・マウンテンズ観光など。 マルディグラや大晦日の花火大会など、華やかなイベントに参加してみましょう。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加
ロックス

ロックス

ロックス

サーキュラー・キー(Circular Quay)からわずか5分。石畳の道や路地が残るロックス(Rocks)には囚人たちが開拓にはげんでいたはるかな時代の空気が今も残されています。港からほんの少し離れただけの場所に、砂岩でできたテラスやコテージ、さらにはシドニーで最古のパブが並んでいます。歴史の香り漂う一画には博物館やギャラリー、海の眺めが楽しめるホテルもあり、週末にはマーケットでにぎわいます。シドニー中でいちばんにぎやかなイベントやお祭りが開催される半面、ゴースト・ツアーが催行されるなどロックスには過去と現在が絶妙に混じり合い、地元の人たちや観光客はそれを目当てにここに集まってきます。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加
シドニーで過ごす最高の3日間

シドニーで過ごす最高の3日間

シドニーで過ごす最高の3日間

ハーバーやビーチと大都市のにぎわいをあわせ持つ活気にあふれた街、シドニーを探索しましょう。ハーバー・ブリッジ(Harbour Bridge)の上から日の出を眺め、オペラ・ハウス(Opera House)から夕日を見つめてください。ウルムルー(Woolloomooloo)のフィンガー・ワーフ(Finger Wharf)で食事をしたり、再開発の行われたウォルシュ・ベイ(Walsh Bay)で演劇やダンスを見るのもいいでしょう。フェリーに乗ってマンリー(Manly)に行ったり、ボンダイ(Bondi)からブロンテ(Bronte)まで景色のいい海岸の崖の上を散策したり、ワトソンズ・ベイ(Watsons Bay)でシドニー湾を眺めながらビールを飲むこともできます。サリー・ヒルズ(Surry Hills)、キングス・クロス(Kings Cross)、グリーブ(Glebe)、ニュータウン(Newtown)、バルメイン(Balmain)もそれぞれ個性があって楽しい町です。3日目はハンター・バレー(Hunter Valley)でワイナリーやレストラン、デイ・スパに行って過ごしてください。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加
シドニー・ハーバー

シドニー・ハーバー

シドニー・ハーバー

シドニー・ハーバーは、世界で最も美しい天然の港として知られています。 240km以上にわたって伸びる海岸線や曲がりくねった水路があり、楽しみ方がたくさんあります。 シドニー・ハーバーはシドニーっ子にとってはまたとない水の遊び場。晴れて暖かい日には、数多くのヨットやクルーズ船、フェリーが青色にきらめく水面に浮かびます。 シドニー・ハーバーの周辺には、国立公園や数々の世界遺産、アボリジニの豊かな文化遺産、植民地時代の史跡などがあります。 シドニー・ハーバーでは、水面、水の上、水中それぞれに山ほどの楽しみ方があります。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加