フリーマントルのローカルガイド

パースの港町フリーマントル(地元の人はフレオと呼ぶ)には魅力がいっぱい。植民地時代に築かれた石畳の通りでは、大道芸人やストリートアート、屋外ダイニングが大好きな、アーティスティックで個性的な地元の人々とふれあうことができます。 フリーマントルのローカルガイド
Site Requires Javascript - turn on javascript!

フリーマントルのローカルガイド

パースの港町フリーマントル(地元の人はフレオと呼ぶ)には魅力がいっぱい。植民地時代に築かれた石畳の通りでは、大道芸人やストリートアート、屋外ダイニングが大好きな、アーティスティックで個性的な地元の人々とふれあうことができます。


原文 フラー・ベインジャー 

かつては別の街だったフリーマントルは、長きに渡って広がり続けるパースに飲み込まれてきましたが、その歴史的なルーツは今も残っています。刑務所ツアー、有名な醸造所のビール、この街で生まれ育ったロックンロールの巨匠の写真などを通して、フリーマントルを知ってください。

交通手段

フリーマントルはパースの南部にあり、パースの中心がいから電車で25分、スターリング・ハイウェイを使って30分強で到着します。
 

必見ポイント

  • AC/DCの伝説的ボーカル、ボン・スコットを偲ぶ
  • フリーマントル刑務所のナイトツアーで肝だめし
  • 歴史ある倉庫のレストランでお食事

フリーマントル観光のハイライト

フリーマントルのアクティビティトップリスト

 

フリーマントル・マーケットを巡る

週末に開催される マーケット はフリーマントルの魂ともいうべき場所。アートや写真、絞り染めのTシャツやタッセル付きのハンモック、大道芸人たちが一堂に会しています。裏手にあるにぎやかなフードコートでは、ゴズレム(トルコ風クレープ)、バーベキューコーン、できたてのパエリヤなどを楽しめます。金曜日・土曜日・日曜日の終日開催するマーケットには、安くて新鮮な食材を売る露店もあります。サウス・テラス側の入り口ではストリートパフォーマンスも展開。

フリーマントル刑務所で肝だめし

フリーマントルの植民地時代を振り返り、世界遺産に登録されている フリーマントル刑務所へ。夜が更けるにつれて、アイルランド人の脱走犯やブッシュレンジャー(盗賊)の陽気な物語が語り継がれます。90分間の トーチライト(たいまつ)・ツアー (26ドル)は要予約。ヘルメット、オーバーオール、ブーツ、ヘッドライトを身につけて、刑務所の地下20メートルへ下降する2時間半の トンネル・ツアー (60ドル)も展開しています。

歴史を訪ねる

 ツー・フィート・アンド・ア・ハートビートの知識豊富なガイドと巡る2時間のウォーキングツアー。セイラーズ・ガイドからフリーマントルまで(3時間、55ドル)、かつてこの地に住んだオランダ人やイギリス人の船乗りたちに人気があった場所を訪れます。囚人と植民地のツアー(2時間、45ドル)では、囚人たちが築いたものもある歴史的な建物を巡りながら、アイルランド人の脱走犯やブッシュレンジャー(盗賊)の物語、ユニークな逸話をご紹介します。

フリーマントル注目のレストランで食べる

フリーマントルには、植木鉢、自転車置き場、ときにはミュージシャンたちが出迎える ムーア&ムーアなど、数々のユニークなレストランがあります。再利用した家具や、超多忙な厨房を抜けて、日差しが降り注ぐガーデンに出ると、 どっさりと食べ物が載った テーブルが。ここでは、スモークサーモンとアスパラガスの盛り合わせに自家製ヨーグルトなど、1日中朝食が食べられます。素晴らしい海の景色が見たいなら、 ベイザーズ・ビーチ・ハウス でランチをどうぞ。砂浜の上で食べているような感覚にさせてくれます。その近所には ブレッド・イン・コモン というランチやディナーにお勧めのスポットもあります。地球儀をあしらった、木製の共有テーブルとレンガの壁によく合う空間は、1800年代に建てられた本格的な業務用倉庫です。ラムのリブのビネガー風味、じゃがいものダックファットロースト、そしてもちろん自家製パンがお勧め。他には、メニューのすべてが釜焼きで作られる マヌカ・ウッドファイア・キッチン ​も マーケットの近くにもあるので探してみましょう。

地産のクラフトビールを飲む

小さな規模からスタートして世界的なブランドに成長した地ビール醸造所 リトル・クリーチャーズは、今や世界各地で展開しています。そんなサクセスストーリーの生誕地を訪れてみましょう。ここでの見どころのひとつが、個性豊かなスタッフです。くるりとはねた口ひげ、カラフルな髪の毛、全身のピアスやタトゥーをまとったスタッフたちは、全員とってもフレンドリーで、クラフトビールのテイスティングに喜んで案内してくれます。広々とした倉庫やステンレススティールの蒸留釜を見学する醸造所ツアーもご予約いただけます。ツアーはお1人様12ドル、毎日正午から午後3時まで1時間ごとに開催しています。

 ボン・スコットを偲ぶ

激動の人生を生き若くして亡くなった、フレオ出身のAC/DCリードボーカル ボン・スコット(1946~80)。マイクを手にマーシャルのアンプの上に立つ彼の銅像が、 フィッシング・ボート・ハーバーの遊歩道にあります。スコットランド出身のスコットは、10歳の頃に家族とともにフリーマントルに移住しました。彼の灰はこの街の墓地に埋葬されており、熱心なファンが訪れるもうひとつの名所となっています。

メニー6160でショッピング

小さなブティックが集まる メニー6160 で、地元の工芸職人、デザイナー、アーティストの作品をご覧ください。デパートを改装した小さなショップではそれぞれクリエティブなオーナーたちが、ストリートプリント、ハンドメイドの帽子、一点ものの家具、スチームパンクアート、手作りファッションなど、あらゆるアイテムを販売しています。

アメリカズ・カップ優勝ヨット「オーストラリア2世号」を見学する

フリーマントル・ハーバーの端にある 西オーストラリア海洋博物館 には、1983年のアメリカズ・カップを制したオーストラリア2世号が展示されています。これは、単なる船というだけではありません。このヨットの勝利はパースとフリーマントルに変貌をもたらし、このふたつの都市は世界的に有名になり、富の時代の象徴となりました。この他、パールラガーや娯楽用ヨットも展示されており、89メートルの冷戦時代の潜水艦 HMASオーブンズの内部を見学する1時間のツアーも展開しています。ツアーは午前10時から午後3時30分まで30分ごとに出発。予約をお勧めします。博物館および潜水艦入場料はそれぞれお1人様15ドル、コンビのチケットは25ドルです。

西オーストラリア州の最新記事

パースの楽しみ方トップ10

パースの楽しみ方トップ10

パースはオーストラリアで唯一インド洋(Indian Ocean)に面した州都です。 流行のワインバー、太陽が降り注ぐビーチ、緑豊かな公園ときらびやかな高層ビル、素朴さが残る近隣の町、美しいコロニアル様式の建物など、パースの数々の見どころを訪れてみましょう。 過去への情熱と未来のためのエネルギーを持ち日々進化するこの街に魅了されるに違いありません。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 Add to your favourites add favourite
スワン・バレー

スワン・バレー

パース(Perth)の北、スワン川(Swan River)沿いにあるスワン・バレーは、西オーストラリア州(Western Australia)で最も歴史の古いワイン産地です。 スワン・バレーの最先端のブティック・ワイナリーを訪れて、とっておきのワインを選んでみてはいかがですか。 スワン・バレー・フード・アンド・ワイン・トレイル(Swan Valley Food and Wine Trail)を巡り、高級レストラン、のんびりした雰囲気に包まれたワイナリーのカフェ、ビール醸造所や蒸留所を訪れたり、道端の販売所で地元の新鮮な産物を買ったりして、食を堪能してください。 ブドウ園の中にあるレストランの料理を戸外で楽しむこともできます。国立公園でピクニックをするのもよいでしょう。 歴史豊かなスワン・バレー・ヘリテージ・トレイル(Swan Valley Heritage Trail)を自転車で走ったり、ロマンチックな馬車や運転手付きのリムジンでこの地域を巡ったり、スワン・リバーのグルメ・クルーズを楽しんだりするのもおすすめです。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 Add to your favourites add favourite

その他の関連記事

コテスロー・ビーチ(Cottesloe Beach)、西オーストラリア州(Western ...

コテスロー・ビーチ(Cottesloe Beach)、西オーストラリア州(Western Australia)

コテスロー・ビーチは西オーストラリア州のシティービーチの中でも最も人気の高い場所の1つです。 パースのビジネス地区と、パースの西の郊外にあるフリーマントル(Fremantle)の港の中間に位置し、市街地からもわずか15分の場所にあります。 コテスローはのんびり過ごせる場所として知られており、100年以上もの間、パースの地元の人から人気の高い海辺のリゾート地です。 この街の雰囲気と豊かな海洋の歴史が、金色の砂浜以外の場所も訪れてみたい気分にさせてくれます。 シーフードを食べながら、インド洋に沈む夕日を眺めるのにも最高の場所です。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 Add to your favourites add favourite
ロットネスト島(Rottnest Island)、西オーストラリア州(Western Au...

ロットネスト島(Rottnest Island)、西オーストラリア州(Western Australia)

パースからフェリーですぐのところにあるロットネスト島では、都会の喧騒を離れて静かな環境を楽しむことができます。 この島は、約7,000年前に海面が上昇した際、西オーストラリア大陸から切り離されました。 ロットネスト島に人類が生息していたことを示す最も古い記録は6,500年以上前、アボリジニのヌガー(Nyungah)族が暮らしていた時代のものです。 地元のアボリジニの人々がワジャマップ(Wadjemup)と呼ぶこの島は、アボリジニ・コミュニティにとっての精神のよりどころとして大変重要な役割を果たしています。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 Add to your favourites add favourite
マーガレット・リバー(Margaret River): 食べることと自然が大好きな人のパラ...

マーガレット・リバー(Margaret River): 食べることと自然が大好きな人のパラダイス

葉書とペンをまず用意します。 マーガレット・リバー(Margaret River)の旅について、きっと皆に知らせたくなるでしょう。 背の高い森林とクラッシュする波に囲まれたこの地は、上質のワインや洗練された料理、息をのむような景観がひとつになった場所です。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 Add to your favourites add favourite
モンキー・マイア(Monkey Mia)、西オーストラリア州(Western Austra...

モンキー・マイア(Monkey Mia)、西オーストラリア州(Western Australia)

1年を通して青い空と太陽の輝きを楽しめるモンキー・マイアは、パースから約850km北上したところにあります。さまざまなレジャーやスリル満点のアウトバック・アドベンチャーの拠点として理想的な町です。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 Add to your favourites add favourite
パースの中心街

パースの中心街

パースののどかな川や広々としたビーチの向こうにはにぎやかな市街が広がり、ショッピングやナイトライフ、食事を楽しむことができます。華やかで時代の最先端を行く街の雰囲気を楽しみながら、オックスフォード・ストリート(Oxford Street)沿いのリーダービル(Leederville)にあるおシャレなブティックを見て回ったり、マウント・ローリー(Mount Lawley)で音楽の生演奏を聞いたりしてください。ノースブリッジ(Northbridge)で最新流行のバーやレストラン探索を楽しみ、をサビスコ(Subiaco)の並木道の沿道で観劇を楽しむこともできます。そうした都会的なスポットはスワン・リバー(Swan River)の北岸に集まっていて、地元の人たちと触れ合ったり、パースの街の活気を味わったりするには格好の場所です。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 Add to your favourites add favourite

旅をしましょう

設備のタイプ
ホテルのランク
料金帯
タイプ
メインコース

料金は目安です

酒類販売許可証
申し訳ありません。 この条件での検索結果は現在ご利用いただけません。ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございません。後ほど再度お試しください。
loading