オーストラリアの海洋生物を見る

世界最大の魚と泳いだり、世界最小のペンギンがビーチをよちよち歩く姿を眺めてみましょう。 オーストラリアの海洋生物を見る
Site Requires Javascript - turn on javascript!

オーストラリアの海洋生物を見る

世界最大の魚と泳いだり、世界最小のペンギンがビーチをよちよち歩く姿を眺めてみましょう。


多彩な海洋環境を擁するオーストラリアには、世界で最も魅力ある海洋生物が生息しています。北部の熱帯地域を訪れても、南部の爽やかな海でひと泳ぎしても、心に残る海の体験が待っています。

ジンベイザメ、
ニンガルーリーフ、
西オーストラリア州

サメ、エイ、クジラと一緒に泳いだり、クルーズから観察する

西オーストラリア州エクスマスのニンガルーリーフでは、世界最大の魚 ジンベイザメと一緒に泳ぐことができます。「ニンガルー・ホエールシャーク・スイム(Ningaloo Whaleshark Swim)」では、3月中旬から9月中旬までツアーを開催しています。エイは1年を通してニンガルーリーフを訪れますが、一緒にシュノーケリングをするには、数が最も多い5月中旬から9月中旬がお勧めです。2016年から、サル・サリス・ニンガルーリーフ(エクスマスから70キロメートルの遠隔サファリキャンプ)が、ザトウクジラ(8月1日〜10月31日)やジンベイザメと泳ぐ企画を開始します。

ニュー・サウス・ウェールズ州サウス・コーストでは、「アイランド・チャーターズ・ナルーマ(Island Charters Narooma)」がモンタギュー島付近に棲むフレンドリーなアシカと水泳、シュノーケル、ダイビングを楽しめるツアーを開催しています。ニュー・サウス・ウェールズ州の沖合は「ザトウクジラの通り道」として知られており、シドニーを拠点とする「キャプテン・クック・クルーズ(Captain Cook Cruises)」や「ジャービス・ベイ・ワイルド(Jervis Bay Wild)」が5月から11月まで、移動するクジラを見るツアーを開催しています。「ジャービス・ベイ・ワイルド」は、入り江に棲むバンドウ・イルカを見るクルーズも1年を通して開催しています。タスマニア州には、ホバートの南にあるブルーニー島から、アザラシ、イルカ、クジラを観察する3時間のウィルダネスクルーズがあります

ペンギンパレード、
フィリップ島、
ビクトリア州

大自然をよちよち歩く

メルボルンから南東に90分の場所にあるフィリップ島では、日暮れ時に巣に戻るリトル・ペンギンのパレードが見られます。浜辺の観察スタンドや遊歩道から、世界最小のペンギンたちが波に乗ってビーチに戻り、巣に向かって砂丘をよちよちと歩く様子をお楽しみください。公園には地下の観察エリアも設けてあり、多くペンギンが通る様子を目の高さで見ることができるようになっています。

グレート・バリア・リーフのヘロン島では、11月からウミガメの産卵を、12月から5月にかけては砂からウミガメの赤ちゃんが海へと向かう様子が見られます。オーストラリアのガラパゴスとして知られる南オーストラリア州のカンガルー島では、レンジャーが同行するツアーに参加し、野生のアシカがシール・ベイに上がって来て砂の上で休む姿をお楽しみください。

クロコダイルとふれあう

クロコダイルを(近づき過ぎずに)間近に見るなら、ケアンズとポート・ダグラスを結ぶ風光明媚なキャプテン・クック・ハイウェイを降りてすぐの場所に、「ハートレーズ・クロコダイル・アドベンチャー(Hartley's Crocodile Adventures)」があります。10ヘクタールの野生動物公園で、ラグーンへのクルーズではここに棲む19頭のワニを見ることができます。「トリプル J ツアーズ(Triple J Tours)」は、西オーストラリア州キンバリー地域のカナナラからオード川を55キロメートルに渡ってクルーズし、人に危害を加えない淡水ワニが河岸で休む様子や、素晴らしい野鳥を見るツアーを催行しています。アドレナリンが放出されるドキドキの体験をお望みなら、ダーウィンの「クロコザウルス・コーブ(Crocosaurus Cove)」でワニを目の高さで見てみましょう。ケージ・オブ・デスに入って、体長5メートル以上のイリエワニと対面します。

シュノーケリング、
グレート・バリア・リーフ、
クイーンズランド州

グレート・バリア・リーフを探索

1625種類もの魚類、450種類以上のサンゴ、ウミガメ、ヒトデ、ジュゴン、イソギンチャク、甲殻類、海綿動物、貝などが棲む、グレート・バリア・リーフの神秘に迫りましょう。ケアンズに近いグリーン島では、海中で珍しい体験が楽しめます。シーウォーカー・ヘルメット・ダイビングでは、海底を歩いてサンゴ礁を間近に観察。メガネやコンタクトレンズを着用したまま防水ヘルメットを被り、サンゴ礁に息づく生物をしっかりと見ることができます。オーストラリアの東海岸と西海岸では、サンゴの産卵時期が異なります。グレート・バリア・リーフでは春の終わりから夏の初め(10月〜12月)まで、西海岸ではエクスマス付近のニンガルーリーフで秋(3月〜4)に、この1年に1度の壮大な現象が起こります。