Site Requires Javascript - turn on javascript!

グレート・バリア・リーフの実態と情報

追加

グレート・バリア・リーフは、1800万年に渡って、自然界で最も注目すべき再生行為によって構築と破壊、そして再構築を繰り返してきました。

グレート・バリア・リーフは、自然の力を物語る壮大な記念碑的存在です。サンゴは絶えず成長、産卵、死を繰り返し、岩のように硬くなります。死滅したサンゴの上に新しいサンゴが形成され、藻、イソギンチャク、海綿動物、魚類、フナクイムシ、ヒトデ、ウミガメ、軟体動物、ヘビ、甲殻類が繁殖し、サンゴはゆっくりと果てしない成長と再生を続けていくのです。

スキューバダイビング、
ヘロン島、クイーンズランド州

始まり

海に飛び込み、グレート・バリア・リーフの美に迫るとき、地球上の生物により創り出された最大の単一構造物の奇跡を体験します。珊瑚礁は、大陸のずれによってノース・クイーンズランドの海岸が珊瑚礁の発達に最適な暖かい海水へと動いたことによって、1800万年前に形成されたと考えられます。サンゴには何億もの微生物が息づいており、動植物が生まれたり死んだりしたりするのを維持し、新たなサンゴが育つ土台となる岩のような層を形成します。珊瑚礁の大きさは水温の変化に呼応し、氷河期には後退し、氷が溶けると拡大しました。

ブラッソフ・ケイ、
グレート・バリア・リーフ、
クイーンズランド州

変化のサイクル

珊瑚礁の基盤は、おそらく40万年から60万年前に形成されたとされています。この時期は、海水温が高く(最高4°C)水位が上がったため、珊瑚礁の発達に最適な状態が生まれました。以来、水位の高低によって珊瑚礁が徐々に発達・拡大し、暖かい海水と豊富な食物連鎖に引き寄せられた数多くの生物が、様々な硬度の色鮮やかに広がるサンゴに住みついたのです。海水位が上がると、死んだ珊瑚礁の残骸に新しい珊瑚礁が形成されます。

現在見られる珊瑚礁

現在見られる珊瑚礁は、約6千から8千年前、水位が今より120メートル低かった頃に形成されたとされています。最後の氷河期の終わり頃に、それ以前に形成された珊瑚礁の残骸の上に形成されました。海が暖かくなり水位が上がると、サンゴは状態の変化をフルに活用し、引き潮のときには水上に出るまで水面に向かって成長します。嵐や夏の暑さには弱いものの優れた回復力があり、過去10万年以上の間に絶滅したサンゴの種類は極めて少ないという驚くべき事実があります。

ハーディー・リーフ、
グレート・バリア・リーフ、
クイーンズランド州

月からも見える珊瑚礁

現在、グレート・バリア・リーフはクイーンズランドのバンダバーグからヨーク岬までの2300キロメートル、約35万平方キロメートルに渡って広がり、3,000以上のさまざまな珊瑚礁、600の島々、300の岩礁、150のマングローブの島々(本島の端)から成る、世界最大の珊瑚礁群として知られています。数千年ものあいだ、毎年10月から11月には、数百万の小さなサンゴのポリプが小さな卵子と精子を海水に放出し繁殖します。新しい環境に絶え間なく適応することによりグレート・バリア・リーフは長い間生き残ってきました。その結果、グレート・バリア・リーフは 世界遺産に登録され、月からでも見ることができる、世界の自然の7大神秘のひとつに数えられています。回復力と適応力に優れ、後退の原因となるほとんどの困難に耐える能力を持っています。

旅行をしましょう

旅行の計画に必要な宿泊先、見どころ、オプショナルツアー、イベント、レストランを探しましょう。

設備のタイプ
ホテルのランク
料金帯
タイプ
メインコース

料金は目安です

酒類販売許可証
申し訳ありません。 この条件での検索結果は現在ご利用いただけません。ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございません。後ほど再度お試しください。
loading