ダーウィンの安くて美味しい店トップ8

オーストラリアの州都やアジア諸国からインスピレーションを得て、インドネシアなどの屋台の味と、お洒落でアーティスティックなカフェをミックスしたダーウィンの食文化。 ダーウィンの安くて美味しい店トップ8
Site Requires Javascript - turn on javascript!

ダーウィンの安くて美味しい店トップ8

   オーストラリア の 州都 や   アジア諸国からインスピレーションを得て、インドネシアなどの屋台の味と、 お洒落でアーティスティックなカフェをミックスしたダーウィンの食文化。


文章: ​ジェニファー・ピンカートン

風味豊かなラクサから香り高いエスプレッソまで楽しめる、熱帯の街の安くて美味しい店の数々。まさにダーウィンらしく、ゆったりと屋外でいただくのが最高です。 中心街から隣接するウォーターフロントの地域へ向かい、ステュアート・ハイウェイを抜けて北部の食の中心地ココナッツ・グローブやナイトクリフへ。ここでご紹介する店の他、ダーウィンでは木曜日から日曜日まで定期市が開催されています。

美味しそうなダーウィンの風景

サリ・ラサ

ダーウィンに新しくオープンした サリ・ラサは、税理士事務所やマッサージ店が並ぶ界隈の一角にある、見逃してしまいそうな外観の店です。しかし、ランチタイムに来てみてください。カフェテーブルがいつも満席の超人気です。ココナッツソースのチリビーンズ、ナスのグリル、白身魚のカレー(13ドル)がお勧めのメニューです。暖かい季節には、 冷たい自家製ジンジャードリンク(5ドル)をどうぞ。カフェは週日の午後の早い時間までの営業で、クレジットカードは利用できません。 6/24 サバナ・ストリート、ダーウィン・シティー 

ラクサ・ハウス

 ダーウィン中心街から5キロメートルのステュアート・ハイウェイにひっそりと佇む、東ティモール人の店 ラクサ・ハウス は、地元の隠れた名店です。壊れそうな佇まいのこの店は、その味で心を東南アジアへと連れて行ってくれます。フレッシュで香り高い ラクサとスープ(16〜17.50ドル)や、甘辛のチモールソースを添えた炭火焼チキン(22.50ドル)をどうぞ。大胆不敵な女性オーナー Amyeとおしゃべりしてみてください。閉店時間は午後8時ですのでディナーはお早めに。 54 Sスチュアート・ハイウェイ、スチュアート・パーク 

クレージー・エイカーズ

リッチフィールド国立公園やベリー・スプリングス自然保護区へ向かうなら、家族経営の店 クレージー・エイカーズに立ち寄ってみてください。トロピカルフルーツを活かした自家製アイスクリーム(5ドル)が有名ですが、オーナー兼シェフのカレン氏が、バラマンディの薫製、ハニーローストハム、サラダ、ローストビーフ (19.50ドル)の美味しいピクニックプラッターや、絶品のマンゴーチーズケーキ(7ドル)もご用意しています。クレージー・エイカーズは、ダーウィンの乾期(5月から9月)のみ営業。 70 リードベッツ・ロード、ベリースプリングス 

アレー・キャッツ・パティスリー

ミッチェル・ストリートの裏通り、中心街のダーウィン・トランジット・バスセンターの横にある アレー・キャッツ は、美味しいパンやペイストリーが楽しめるベーカリーカフェです。シドニー出身のペイストリーシェフ ブリジット・ベイルビー氏が、オーガニックのサワードウ、クロワッサン、デニッシュ、伝統的なスイーツを焼き上げています。カンポス(シドニー郊外のお洒落な街ニュータウンのブランド)のコーヒーを飲みながら、クラシックなカスタードドーナッツをひとひねりしたクロナット(7ドル)や、クロワッサンとマフィンを組み合わせたクロフィン(7ドル)を召し上がれ。アレー・キャッツは、スミス・ストリート・モールに姉妹店ザ・ラビット・ホールを展開し、北部郊外のナイトクリフで毎週日曜日の朝に開かれるナイトクリフ・マーケットに屋台も出しています。 14/69 ミッチェルストリート、ダーウィンシティー 

チャウ

ダーウィンのウォーターフロントの入り口、中心街北部のハーバーサイドエリアにある チャウ は、この地域の新星とも言うべき、とにかく楽しいレストランです。レストランは、明るく、カラフルで、若々しくて、モダンな雰囲気。チャウのメニューは、ベトナム料理をメインに、マレーシア、タイ、インドネシアの味覚をヒントにしています。前菜に春巻き(15ドル)を食べながら、ココナッツの実から そのままココナッツウォーター(9ドル)を飲んで(ヤシの木に恵まれたダーウィンで人気のスタイル)、 美味しいラクサ(15〜19ドル)やパッタイ(19ドル)、 ベトナム風チキンカレー(22ドル)をメインコースにどうぞ。 ​ショップス D1 & D2, 19 キッチナードライブ, ダーウィンシティ 

イート・アット・マーティンズ

おそらくダーウィンで最もヘルシーなカフェと言える イート・アット・マーティンズ では、クリーンでバランスの取れた心と身体を目指す、インドのアーユルヴェーダの哲学に基づいた食をお届けしています。そのため、 カフェはベジタリアンメニューのみ。チョコレートとひよこ豆のケーキ(5.90ドル)や、梨、ショウガ、スパイス、ヨーグルト、ココナッツクリーム、ウォールナッツを添えたオーガニックのブラックキノアのココナッツミルクがけ(14.90ドル)などがお勧めです。6 カーヨタコート、ココナッツドライブ 

マノリズ・タベルナ

チャーミングでキッチュな マノリズでは、シェフのマノリス・パパトマス氏が父親から引き継いだギリシャの味をお届けしています。サントリーニ島の写真をバックに、プラスチックのブドウの蔓とマリン風の装飾を天井にあしらい、金曜日と土曜日の夜にはブズーキの生演奏が楽しめます。マノリスズのメニューは、メゼ(地中海風の前菜)と大皿料理。  サガナキチーズのフライ(17ドル)、ポテトとガーリックのピューレディップ(7ドル)、タコの炭火焼(25ドル)、スパナコピタ料理(14ドル)、デザートにはガラクトブーレコ(ギリシャ風バニラクリームケーキ、9.50ドル)がお勧めです。 64 Smith Street, Darwin City 

ジェティー&ザ・フィッシュ

とってもキュートなイラストが描かれた小さな赤いフードトラック(キッチンカー) ジェッティ&ザ・フィッシュ は、ケイトとグラントというふたりのダーウィンの若者が経営しています。木曜日から日曜日の夜に、ダーウィン北部のナイトクリフ・フォアショアで営業。ホットチップス(3.50ドル) や、南メキシコ風フィッシュタコスのスパイシーホワイトソースとキャベツ、パクチー添え(5ドル)がお勧めです。 ドリンクは持ち込み。フォアショアに座って、ダーウィンの有名なピンクシャーベット色の夕日を眺めながらお楽しみください。 260 カジュアリーナドライブ、ナイトクリフ

その他の関連記事

ダーウィンのウォーターフロント

ダーウィンのウォーターフロント

ダーウィンの街で今いちばんワクワクするところといえば、誰しも思い浮かべるのは再開発が終わったウォーターフロントでしょう。レストランやショップ、砂でできたラグーン、広々とした公園などが並ぶ心躍るエリアです。ラグーンで泳いだり、波止場で釣りをしたり、オープンエアのレストランで獲れたてのシーフードを食べたり、海辺の大邸宅の間を散歩したりと、楽しみは尽きません。ウォーキング・コースを歩いたり屋外に展示されたアート作品を眺めたりしながら、この一帯の豊かな歴史を実感してください。今は家族連れやビジネスマン、観光客など多くの人たちが訪れる場所ですが、アボリジニのララキア族(Larrakia)やかつてインドネシアの商人たち、ヨーロッパからきた入植者たちが暮らしていた頃の雰囲気もしっかりと残されています。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 Add to your favourites add favourite
ダーウィンの芸術街

ダーウィンの芸術街

芸術が楽しめる場所はダーウィンの至る所にあります。その代表が市内にあるパラップ(Parap)地区で、現代芸術やアボリジニ・アートのギャラリーが急速に増えはじめています。そうしたギャラリーを訪問し、大物アーティストと新進アーティスト両方の作品と出会い、ダーウィンの芸術のきらめく将来性を感じ取ってください。さらに、ノーザン・テリトリー各地で制作されたアボリジニ・アートを見てまわったり、聴覚で感じ取るインスタレーションや写真など、最先端の現代芸術を鑑賞したりしましょう。パラップ周辺を見終わったら、ダーウィンの他の地域にあるギャラリーへ足をのばすか、ティウィ諸島(Tiwi Islands)行きのツアーに参加して、現地で鮮やかな色彩の絵画や工芸品を見学するのもいいでしょう。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 Add to your favourites add favourite
ミンディル・ビーチ・サンセット・マーケット

ミンディル・ビーチ・サンセット・マーケット

5月~10月まで、ダーウィン(Darwin)のミンディル・ビーチ・サンセット・マーケット(Mindil Beach Sunset Market)のトロピカルな雰囲気の中で、アジア料理を堪能する。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 Add to your favourites add favourite
リッチフィールド国立公園、ノーザン・テリトリー

リッチフィールド国立公園、ノーザン・テリトリー

リッチフィールド国立公園(Litchfield National Park)は、緑あふれる森や壮観な滝、しぶきをあげる滝壺、背の高いアリ塚などがあり、ダーウィンから行く観光地として人気上昇中です。広大なノーザン・テリトリーですが、ここならわずか2時間のドライブで行くことができます。しかもバレー・ロックホール(Buley Rockhole)やフローレンス滝(Florence)、トルマー滝(Tolmer)、ワンギ滝(Wangi)といった大自然の見どころは、いずれも公園内の主要道路から気軽に行くことができるところばかりです。思わずうなってしまうほど精巧に建てられたアリ塚を観察したり、周辺にパンダナスの木が立ち並ぶ泉で泳いだり、日帰りウォーキングなどで景色を楽しんでください。もちろんキャンプで一夜を過ごすことも、4WDを走らせて公園内のもっと遠いところまで行くこともできます。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 Add to your favourites add favourite

旅をしましょう

設備のタイプ
ホテルのランク
料金帯
タイプ
メインコース

料金は目安です

酒類販売許可証
申し訳ありません。 この条件での検索結果は現在ご利用いただけません。ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございません。後ほど再度お試しください。
loading