オーストラリアの最高のシーフード体験

海に囲まれたオーストラリアでは、膨大な種類の新鮮なシーフードを味わうことができます。シドニーで味わう殻むきされたばかりの新鮮な牡蠣、ノーザン・テリトリーのスピアフィッシングで仕留めるバラマンディ、高級レストランが提供するチリ・フレーバーのロブスターなど、思い思いの場所で海の幸を堪能できます。 オーストラリアの最高のシーフード体験
Site Requires Javascript - turn on javascript!

オーストラリアの最高のシーフード体験

さまざまな海の幸を味わうチャンスが盛りだくさん


海に囲まれたオーストラリアでは、膨大な種類の新鮮なシーフードを味わうことができます。シドニーで味わう殻むきされたばかりの新鮮な牡蠣、ノーザン・テリトリーのスピアフィッシングで仕留めるバラマンディ、高級レストランが提供するチリ・フレーバーのロブスターなど、思い思いの場所で海の幸を堪能できます。 

シドニー・シーフード・スクール、シドニー、ニュー・サウス・ウェールズ州

ニュー・サウス・ウェールズ州

シドニー・フィッシュ・マーケット(Sydney Fish Market)では目の前で殻を剥いてくれます。新鮮な牡蠣を味わったあと、海辺まで足を延ばし、フィッシュ・アンド・チップスの大皿を注文しましょう。料理好きなら、シドニー・シーフード・スクール(Sydney Seafood School)の料理教室に参加してみてはいかがでしょう。近くにあるシーフード専門レストランのFlying Fish(フライング・フィッシュ)では、試食メニューとして、ホワイト・カレーとマンゴー・ヨーグルトを添えたメダイ料理を提供しています。サウス・コーストでは、キャンベラから車で数時間ほどのバニスターズ(Bannister’s)ブティック・ホテルがおすすめです。有名シェフで熱烈なシーフード愛好家でもあるリック・シュタイン氏のレストランで、岩肌の荒々しいビーチを眼下に眺めながら、地元の食材を使ったおすすめ料理を楽しんでください。

オーストラリア首都特別地域

マリン・スタイルの装飾(レトロな船乗りのポスターや、赤白のストライプの壁など)で統一されたレストラン、ケープ・コッド・シーフード(Cape Cod Seafood)では、チョリソーとバターナッツかぼちゃのピューレを添えたホタテのタタキ、ケーパーとディルのソースで味わうバラマンディのカリカリ揚げとホウレンソウのソテーなど、現代的なオーストラリア料理を堪能できます。獲れたての新鮮な食材を手に入れたいなら、有名なフィッシュウィック・フレッシュ・フード・マーケット(Fyshwick Fresh Food Markets)にあるオーシャン・フレッシュ・シーフード(Ocean Fresh Seafoods)を訪ねましょう。殻を剥いたばかりのシドニー・ロック・オイスターやマガキが待っています。シー・ハーベスト(Sea Harvest)では、オーストラリア産シーフードを取り揃え、家庭ですぐに使えるように下ごしらえした魚を販売しています。石臼挽きマスタード、ハチミツ、ゴマ油でマリネしたサーモンの切り身をぜひ試してみてください。

Darwin Fish Market,
Darwin, NT

ノーザン・テリトリー

ノーザン・テリトリーの一番の見どころは、野生のバラマンディです。通常3月~10月がシーズンです。はるか北の海岸に足を運んで、バラマンディや腰長マグロ、スパニッシュ・マッカレルを自身の手で釣り上げてみませんか。獲物は、アーネムランドのバラ・フィッシング・ロッジ(Barra Fishing Lodge)で新鮮なシーフード料理に早変わり。ダーウィン・フィッシュ・マーケット(Darwin Fish Market)では活きのいいオウギガニやフエダイなど、地元産の食材が手に入ります。ここでは定期的にライブ・クッキングも行われていて、手に入れた食材の調理方法を教えてもらいながら、塩コショウしたイカやタイ風フィッシュ・カレーを試食できます。

南オーストラリア州

南オーストラリア州でとくにおすすめなのが、サザン・ロック・ロブスターとホワイティングです。また、グリーン・プローンも名物で、持続可能な漁業の認証水産物となっています。エア半島のシーフード・トレイルでは、海岸線に沿ってさまざまな美食を堪能できます。エリストンに行けば、ペドロズ・クレイフィッシュ(Pedro’s Crayfish)でロブスターをつかみ取りし、浜辺のバーベキュー場で調理できます。ピュア・コフィン・ベイ・オイスター(Pure Coffin Bay Oysters)のテイスティング・ツアーに参加すると、漁師の話を聞きながら、殻剥きしたての新鮮な牡蠣を味わうことができます。沿岸の街、グレネルグの港では、地元の食材を扱う魚料理専門のレストランで、南オーストラリア産ムール貝のチリ・フレーバー、グリル・ロブスターのガーリック・バター風味など、素材を活かしたシーフード料理をお楽しみください。

Tasmanian Seafood Seduction, Hobart, TAS

タスマニア州

タスマニア州の主な名産は、ロブスター、マガキ、タコ、アワです。フレシネ・マリン・ファーム(Freycinet Marine Farm)では、防水性のウェイダーを履いて、獲れたての牡蠣を試食しましょう。フオン・バレーでは、上質のワインだけでなく、マス釣りも体験しておきたいところです。ロッド&フライ(Rod & Fly)がガイドするフィッシング・ツアーは、1~3日のコースを選択できます。ロンセストン近郊のジョセフ・クローミー・ワインズ(Josef Chromy Wines)では、ワイン・セラー・レストランの前でフライ・フィッシングに挑戦できます。ブルーニー島を巡るシーフード・セダクション(Seafood Seduction)のボート・ツアーやペニコット・ウィルダネス・ジャーニーズ(Pennicott Wilderness Journeys)のクルーズに参加し、獲れたての新鮮なアワビやロブスターを味わってください。

クイーンズランド州

北部に位置するクイーンズランド州は、海水魚のバラマンディ、クルマエビ、クリスタルベイプローンの生育に最適な気候に恵まれた地域です。有名なウチワエビとウチワエビもどき、さらにはアサヒガニ、タイワンガザミ、オウギガニも楽しめます。クク・ヤランジ・カルチュラル・ハビタット・ツアーズ(Kuku Yalanji Cultural Habitat Tours)に参加すると、ポート・ダグラス近くのスピアフィッシングで、カニやホタテを捕まえることができるでしょう。ジンク・レストラン&ラウンジ・バー(Zinc Restaurant & Lounge Bar)に行ったら、ココナッツを塗ったテンジククルマエビのミルフィーユやバラマンディの切り身のシャンパン・バター・ソースがおすすめです。ブリスベンのスワンプドッグ(Swampdog)では、クラシックなフィッシュ・アンド・チップスの他、カツオのグリルのスイカ添え、フェタ・チーズとオリーブのサラダ、その日獲れたばかりの魚を使った料理など、魅力あるスペシャル・メニューが味わえます。

The Atlantic,
Melbourne, VIC

ビクトリア州

ビクトリア州の湖地域では、コチ、フエダイ、マトウダイ、シルバー・ドリーなど、豊富な種類の魚が獲れます。シーフード好きなら、メルボルンを訪れた際には、産地直送レストランを自称するジ・アトランティック(The Atlantic)を見逃すわけにはいきません。ここだけのオイスター・バーを併設した豪華なレストランで、フェンネルとトマトのコンフィ、グリーン・ピースのピューレ、ソフト・ハーブのジュとともに、ビクトリア州ポートランド産ハプカのローストを存分に味わいましょう。ゴーン・フィッシング(Gone Fishing)でボートをチャーターして、ポート・フィリップ・ベイとバス海峡を周ります。ダイオウギス、ヒラマサ、フエダイが狙える絶好のフィッシング・ポイントを紹介してくれます。

西オーストラリア州

西オーストラリア産ロブスターは断トツの売上げ高を誇っています。サイズは比較的小さく、値段も手頃です。南海岸の クローバー・コテージ(Clover Cottage)には石灰岩の待避所があり、湖でブラウン・トラウトやニジマスを探すフライ・フィッシング・ファンの人気スポットになっています。北方のリーフウォーカー(Reefwalker)のアドベンチャー・ツアーでは、珍しいロック・ロブスター体験ができます。旅行者たちが、早朝から海に出て、罠にかかった甲殻類を捕まえています。海辺のロブスター・シャック(Lobster Shack)のツアーに参加すれば、ロブスター加工施設で、グリルしたてのロック・ロブスターのランチを楽しむことができます。