ダーウィンの隠れた食の魅力

ビーチで食べるフィッシュ・アンド・チップスや市場の屋台料理ももちろん最高ですが、ダーウィンで味わえるのはこれだけではありません。カントリー・スタイルのパブや一風変わったヌードル専門店から、上品な一流ダイニング・レストランやヨーロッパ風のカフェまで、ダーウィンのダイニング・シーンは実に豊かです。あまり知られていないダーウィンならではの食べ物を探してみましょう。 ダーウィンの隠れた食の魅力
Site Requires Javascript - turn on javascript!

ダーウィンの隠れた食の魅力

ダーウィンのグルメといえば世界一流のレストランが有名ですが、実はあまり知られていない美味しい食べ物が他にもたくさんあります。


ビーチで食べるフィッシュ・アンド・チップスや市場の屋台料理ももちろん最高ですが、ダーウィンで味わえるのはこれだけではありません。カントリー・スタイルのパブや一風変わったヌードル専門店から、上品な一流ダイニング・レストランやヨーロッパ風のカフェまで、ダーウィンのダイニング・シーンは実に豊かです。あまり知られていないダーウィンならではの食べ物を探してみましょう。

Dragon Fruit, Parap Markets, Darwin, NT

エキゾチックなトロピカル・フルーツを満喫

熱帯気候のダーウィンで「普通の」果物と言ったら、リンゴやオレンジではなく、アジアや太平洋地域のエキゾチックなトロピカル・フルーツです。せっかくダーウィンを訪れたのなら、ビーチや郊外の市場で一見奇妙でもおいしそうなトロピカル・フルーツや新鮮なジュースを心ゆくまで味わいましょう。

赤くとげとげしい外見なのはランブータン。ブドウに似た半透明の果肉を持つほどよい酸味の甘い果物です。非常に珍重される果物、マンゴスチンは、さわやかな独特の酸味と甘さが特徴で、かつてビクトリア女王は新鮮なマンゴスチンを持ってくる者に100ポンドの報酬を提供したと言われます。

サクサクした食感の甘いドラゴン・フルーツは実はサボテンの実で、キウイ・フルーツと洋ナシを掛け合わせたような味がします。一番人気はなんといっても甘くてみずみずしいマンゴー。ダーウィン特産の輸出品です。 

Mindil Beach Sunset Markets, Darwin, NT

ダーウィンの3大フード・フェスティバル

バクラヴァはいかがですか?6月の連休には、ノーザン・テリトリー最大のフード・フェスティバル、グリーク・グレンティ(Greek Glenti)が開幕します。山盛りのタコのバーベキュー、ハチミツ菓子や最高のラムギロなど、まるでアテネにいるかのよう。ギリシャ人であってもなくても、この2日間のフェスティバルは訪れる人の味覚を存分に楽しませてくれます。ギリシャ料理の後は、陽気なギリシャ音楽を聞きながらウーゾやギリシャのビールで締めくくりましょう。オパ!

隔年5月に開催されるイタリアン・フェスティバル(Italian Festival)の期間中、ダーウィンはイタリアの雰囲気に包まれます。ずらりと並ぶ売店では、イタリアの伝統料理やドリンク、香り高いコーヒーや甘いジェラートを味わうことができます。イタリアの味に舌鼓を打ちながら、大道芸人のパフォーマンスや美術展、イタリア製自動車やオートバイの展示をお楽しみください。

インディア・アット・ミンディル(India @ Mindil)は、これまでほぼ20年間にわたって開催されてきたインドの料理、文化、音楽の祭典です。6月のこの期間中、ダーウィンのミンディル・ビーチはスパイシーなカレーやコフタやダールの香りで包まれます。2013年には12,000人を超える来場者が本場のインド料理やボリウッド喜劇を楽しみました。

地元で評判のベーカリー

ダーウィンっ子はコーヒーやケーキが大好きで、ダーウィンのベーカリーのメニューはバラエティに富んでいます。ダーウィンを訪れるなら、ケーキとペストリーで絶大な人気を誇るカートズ・ケイクス(Kurt’s Cakes)がおすすめです。ダーウィン市内にあるこのカフェのパティシエは砂糖とペストリーを巧みに形作るアーティスト。豪華なウェディング・ケーキで有名ですが、毎日焼きたての小さなタルトやペストリー、ケーキも販売しています。トーストしたサンドイッチも絶品です。

最近ダーウィンの街にできたおすすめのカフェは、ジャワ・スパイス・カフェ・エンポリアム(Java Spice Café Emporium)。店内の温かな装飾はジャワ島の夕暮れを彷彿とさせます。評判のメニューは、厚めのレーズン・トーストとしっとりとしたキャロット・ケーキ。音楽の生演奏がないときは、パリ風の音楽、ジャズ、イージーリスニングのうっとりさせるようなミックスがバックグラウンドに流れています。

文字通りの「隠れ家」

「アラワにあるあのすばらしいベーカリー」と呼ばれる、ダーウィン郊外の目立たない場所にある隠れ家ベーカリー。文字通り隠れたところにある上、店のWebサイトやソーシャル・メディアもありませんが、名前は持っています。店の名前は、ディミトリオス・スペシャリティ・ケイクス(Dimitrios Speciality Cakes)。バースデー・ケーキの他、おしゃれなケーキや、濃厚なチョコレート・ケーキが地元の家族連れに評判です。 ギリシャ風のケーキやお菓子も大好評で、市内から車で15分かけて訪れるだけの価値はあります。