オーストラリアの野生動物と出会う、ユニークなプラン9選

ジンベイザメと並んで水に浮かんだり、木の上で昼寝をするコアラを観察したり、水中に潜むクロコダイルを探したり。オーストラリアはその素晴らしい野生動物と、彼らとの出会いのチャンスが多いことで最もよく知られています。 オーストラリアの野生動物と出会う、ユニークなプラン9選
Site Requires Javascript - turn on javascript!

オーストラリアの野生動物と出会う、ユニークなプラン9選

ジンベイザメと並んで水に浮かんだり、木の上で昼寝をするコアラを観察したり、水中に潜むクロコダイルを探したり。オーストラリアはその素晴らしい野生動物と、彼らとの出会いのチャンスが多いことで最もよく知られています。


原文 フラー・ベインジャー

オーストラリアの野生動物たちは実にユニーク。ほかの土地では見られない種類の生き物がたくさん生息しています。動物園や自然保護公園では彼らを間近で見ることのできる絶好の機会があり、自然環境においても野生動物との遭遇スポットが数え切れないほど存在しています。タスマニアンデビルがじゃれあう姿を目撃したり、海岸でのんびりしているカンガルーを見つけたり、クオッカ・ワラビーと一緒に写真を撮ることも。勇気さえあればケージ越しに水中でホホジロザメと対面することも可能です。ここではオーストラリアの野生動物たちと出会う、とっておきのアイデア9選をご紹介します。

オーストラリアのユニークな野生動物を見る

海の優しい巨人、ジンベイザメとザトウクジラと一緒に泳ぐ

西オーストラリア州(West Australia)の沿岸線の中程にあたるニンガルー海洋公園(Ningaloo Marine Park)は、数多くのジンベイザメが海岸近くまでやってくる世界唯一の場所として知られています。4月から7月にかけての時期にはホリデータウンのエクスマウス(Exmouth)かコーラル・ベイ(Coral Bay)で一日海洋ツアーに参加し、全長14メートル(46フィート)もあるこの草食性のおとなしい生き物と一緒にシュノーケリングしてみましょう。西オーストラリア州のジンベイザメは熱帯魚やマンタレイ、ウミガメ、イルカやクジラたちと一緒に水温の穏やかなこの水域で暮らしています。7月から10月にかけてはニンガルー・リーフ(Ningaloo Reef)沖で回遊中のザトウクジラたちと泳ぐこともできます。

木の上で昼寝するコアラを見つける

ビクトリア州(Victoria)のグレート・オーシャン・ロード(Great Ocean Road)は、オーストラリアの中でも息をのむ美しさを誇るドライブルートのひとつ。この州の南西沿岸部を崖や森林、U字型のきついカーブや海辺の街などを縫うように伸びています。このルートには木の上に隠れたグレーコアラたちと出会うことのできるスポットがあります。コアラ遭遇のベスト・スポットはケープ・オトウェイ (Cape Otway)にあるライトハウス・ロード(Lighthouse Road)沿い。アポロ・ベイ(Apollo Bay)から約20キロ(12マイル)ほどにある観光ルートです。コアラたちはあちらこちらにいるのですが、上手に隠れているので最初は見つけられないかもしれませんが、目が慣れてくるとプロのようにたちまち彼らの姿を見つけることができるでしょう。コツは車が沢山停まっている木をみつけてもその下には行かないこと。もう少し進めばコアラの姿をひとり占めできます。またこの岬の端まで進むと、オーストラリアに現存する最古の灯台を訪れることができます。

タスマニアンデビルに出会う

タスマニアにあるオーストラリア有数の豪華ホテル、サファイア・フレシネ(Saffire Freycinet)は、タスマニアンデビルのための養護ホームを運営しており、絶滅の恐れがあるこの生き物たちが餌を与えられる姿を彼らの生態系を再現した1ヘクタール(2.5エーカー)の囲いの中で観察することができます。もしクレイドル山(Cradle Mountain)を訪れるなら、近隣にあるタスマニアンデビル保護施設デビルズ・アット・クレイドル(Devils@Cradle)も、彼らの姿を見てこの島特有のユニークな生き物について学ぶことのできる場所です。

砂の上でくつろぐカンガルーの写真を撮る

不思議な眺め、そして忘れられない光景になるでしょう。ニュー・サウスウェールズ州(New South Wales)の南沿岸部ペブリー・ビーチ(Pebbly Beach)に暮らすイースタングレーカンガルーたちは、太陽を浴びてリラックスするのが好き。草や砂の上に集まっているのを見つけることができるでしょう。このカンガルーたちの多くはシドニーの南270キロ(168マイル)ほど離れた人気サーフスポットやブッシュウォーキングのあるエリアに生息していて、あなたの写真のモデルにもなってくれます。

クロコダイルの動きを観察する

ノーザンテリトリー(Northern Territory)でギザギザと畝のあるクロコダイルの背中を初めて目にしたら、たとえ太陽がさんさんと照っていても、腕に鳥肌が立つのが感じられるでしょう。この巨大な爬虫類は水面のすぐ下を滑るように移動するため、わずかな水紋を起こすだけで音を立てずに動き回ることができます。カカドゥ国立公園(Kakadu National Park)の中心部、イエロー・ウォーター(Yellow Water)分流では、自然環境の中でこのすばらしい肉食動物を観察することのできる2時間クルーズを催行。きっと忘れられない体験となるでしょう。

珊瑚礁の上でウミガメと水に浮かぶ

グレート・バリア・リーフ(Great Barrier Reef)の珊瑚礁でシュノーケリングをしていると、全てを見尽くすにはマスクが小さすぎると感じることがあるかもしれません。レディ・エリオット島(Lady Elliot Island)の砂浜からすぐ、世界遺産ともなったこの珊瑚礁の南端にある中州の周辺では、ウミガメたちがアクアマリン色の水の中を軽やかに泳ぎ回っています。彼らに出会うには無料の地図を利用し、 個人で泳ぐことが出来る数多くのシュノーケリング・スポットのひとつへ向かうか、ガイド付きのシュノーケル・サファリ・ツアーに参加します。島の東側の礁湖は特に海の生物に恵まれています。シュノーケリングをしたことがなければ、島で行われる無料のレッスンのひとつに参加してみましょう。水に入りたくない場合は、ガラス底のボートに飛び乗って、熱帯魚や色鮮やかなサンゴの姿を眺めるのもよいでしょう。

食事中のウォンバットたちに微笑みかける

メルボルン(Melbourne)から南東へ車で3時間、ビクトリア州(Victoria)にある美しいウィルソンズ・プロモントリー国立公園(Wilsons Promontory National Park)に夕暮れが訪れると、ずんぐりと丸くて足の短い、鼻をぴくぴくと動かす生き物たちが姿を現します。ウォンバットは夜行性でもともと恥ずかしがり屋ですが、日が暮れると巣穴から出てきて草を食べ、メインのビーチに出没したり、キャンプ場をのしのしと動き回ります。国立公園ではカンガルーやエミュ、ハリモグラやナナクサインコたちに出会うチャンスもあるでしょう。

クオッカ・ワラビーと一緒にセルフィー

西オーストラリア(Western Australia)のクオッカ・ワラビーは有袋類の中でも可愛さは抜群。パース(Perth)の沖合に浮かぶロットネスト島(Rottnest Island)ではワラビーたちが元気に跳ね回っており、人々がパブでくつろいだりゴルフをしたり、車のないこの島でサイクリングを楽しむ姿を立ち止まって見たりしています。ほかの州ではほとんど見ることのないこの生き物は社交的で、 自撮り撮影で一緒にポーズを撮ってくれたりします。ヒュー・ジャックマンやマーティン・クルーンズなど数多くのセレブリティがその写真をオンラインに投稿したため、ワラビーとのセルフィー撮影はちょっとした流行になっています。

ホホジロザメと対面 

これはスリルが好きな人向けです。ケージの中に入って水中に下ろされ、あなたの目の前に吊るされた肉塊めがけホホジロザメが突進してくるという体験が面白そうと思ったら、ぜひ挑戦してみましょう。南オーストラリア州(South Australia)のエア半島(Eyre Peninsula)の南端、ポート・リンカーン(Port Lincoln)沖の水深の深い海では、エキスパートによるチャーター・ボートがサメのうようよいる水域への1日体験ツアーを催行しています。安全性にはもちろん細心の注意が払われていますが、それでもアドレナリン全開の体験です。水に入りたくなければ、ガラス張りの潜水ルーム、グラス・アクア・サブ(glass aqua-sub)入ることもできます。さらにスリルを求めるなら、トワイライト(twilight)のツアーに参加してみましょう。

関連する記事を読む

オーストラリアの動物

オーストラリアの動物

オーストラリア固有の動物たちは、人々を惹きつけてやまない魅力の1つとなっています。 オーストラリアには、378種以上の哺乳類、828種の鳥類、4,000種の魚類、300種のトカゲ、140種のヘビ、2種のクロコダイル、約50種の海洋哺乳類が生息しています。オーストラリアの植物、哺乳類、爬虫類、カエルの80パーセント以上はオーストラリアの固有種で、他の場所では見られないものです。 なかでも有名なのは、カンガルー、コアラ、ハリモグラ、ディンゴ、カモノハシ、ワラビー、ウォンバットでしょう。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 add favourite
オーストラリアの動物園

オーストラリアの動物園

オーストラリア固有の動物は、世界中から訪れる旅行者に人気があります。オーストラリアの多くの動物園が世界でも最高のレベルの動物園です。 オーストラリアには公営の動物園も私営の動物園もあります。 オーストラリアの動物園の中には、ビッグ・キャットや象などの国外の動物を展示しているところがある一方、オーストラリア固有の動物や鳥類に重点を置いている動物園もあります。 オーストラリア国内の動物園や野生動物保護区は、環境教育や、絶滅危惧種の動物の保護に関する研究の一端も担っています。 多くの動物園では、特別イベントや、バックステージ・ツアー、動物を間近に見学できる宿泊イベントなどを開催しています。 コアラ、カンガルー、その他オーストラリアの珍しい動物に会える場所をご紹介します。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 add favourite
オーストラリアの海に潜る

オーストラリアの海に潜る

周囲を海に囲まれ、島やリーフの豊かなオーストラリアは、ダイバーたちにとって夢の国です。オーストラリアの海は海洋生物の宝庫です。4,000種以上の魚が生息しており、海草の多様性は世界最高水準です。ニンガルー・リーフ(Ningaloo Reef)に生息する巨大でやさしいジンベエザメや、南オーストラリア州にあるエア半島(Eyre Peninsula)に生息するアシカ、イルカと泳いでみませんか。クイーンズランド州にある世界最大の生きたサンゴ礁、グレート・バリア・リーフ(Great Barrier Reef)でダイビングを習いましょう。シドニー(Sydney)にあるクロブリー(Clovelly)の波のこない風光明媚な海でシュノーケリングをするのもよいでしょう。モーニントン半島(Mornington Peninsula)の沖に沈む海草に覆われた潜水艦を発見したり、タスマニア東海岸にある海底洞窟を探検するのもおすすめです。オーストラリアの暖かい水が呼んでいます。さあ、ダイビングに出かけましょう。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 add favourite
オーストラリアの自然体験トップ10

オーストラリアの自然体験トップ10

オーストラリアは、すばらしいアウトドア、自然、ワイルドライフを体験できる場所として有名です。 オーストラリアの秘境である壮大なキンバリー(Kinmberley)から、タスマニア(Tasmania)の原生地域、カカドゥ国立公園(Kakadu National Park)でのバード・ウォッチングまで、さまざまな方法でオーストラリア固有の野生生物や多様な景観を楽しめます。 ここでは、オーストラリアの自然体験トップ10をご紹介します。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 add favourite

旅行をしましょう

設備のタイプ
ホテルのランク
料金帯
タイプ
メインコース

料金は目安です

酒類販売許可証
申し訳ありません。 この条件での検索結果は現在ご利用いただけません。ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございません。後ほど再度お試しください。
loading