オーストラリアのワーキングホリデーで仕事を得る5つの方法

オーストラリアの旅の費用は働きながら賄いたい、または履歴書に書ける職歴を増やしながら少しでもお金を稼ぎたい、と思っているなら、ワーキングホリデー制度を利用しながらオーストラリアを満喫するのが一番です。 オーストラリアのワーキングホリデーで仕事を得る5つの方法
Site Requires Javascript - turn on javascript!

オーストラリアのワーキングホリデーで仕事を得る5つの方法

オーストラリアの旅の費用は働きながら賄いたい、または履歴書に書ける職歴を増やしながら少しでもお金を稼ぎたい、と思っているなら、ワーキングホリデー制度を利用しながらオーストラリアを満喫するのが一番です。  


文章:ジョナサン・ポーター

洗練された都会のバーでカクテルをブレンドしたり、クイーンズランドの1万ヘクタールの農場で牛を追ったり、グレート・バリア・リーフでダイビングボートのクルーになったり。オーストラリアのワーキングホリデーには、文字通り数千種類もの仕事があります。

2015年には、20万人以上の旅行者が異なる種類のワーキング・ホリデー・ビザを取得しました。18〜30歳の該当国民を対象にした、1年間オーストラリアで働きながら滞在できる制度で、1年のうち田舎で働いた期間があれば2年まで延長することもできるというものです。

ホリデーメーカー(ワーキングホリデー利用者)は、英国、台湾、ドイツ、韓国、フランスなど様々な国からやって来て、働きながら、オーストラリアのビーチや活気あふれるナイトライフ、心に残る風景を楽しんでいます。

ここでは、オーストラリアのワーキングホリデーで仕事を獲得する5つの方法をご紹介しましょう。

1. 到着前からワーキングホリディの仕事を探しておく

この方法は、若い方、初めてオーストラリアを訪れる方、一人旅の方に理想的です。AIFSを通してオペア(ベビーシッターやナニーとしてホストファミリーから報酬を得る)のポジションを探したり、部屋と食事を引き換えとしてジャッカルーやジラルーの農場で働いたり、リゾート地に働きながら滞在することなどが考えられます。この方法をご希望の場合は、オーストラリアン・ワーキング・アドベンチャーズがお勧めです。この種類の旅をする1万人以上のホリデーメーカーたちに仕事を斡旋した実績があります。

通常、空港まで迎えが来て、部屋と食事は賃金に含まれており、ひとつの場所のみに滞在することになりますが、オーストラリアの暮らしを楽しみ現地の人々と知り合うことができます。

2. 到着後に就職支援紹介業者を利用して仕事を探す

こちらはもっと柔軟に、短期滞在者を対称とした就職支援紹介業者を使用するという方法です。例えば、シドニーに2〜7泊して現地の雇用者の元で働き、国内移動の航空運賃を賄うことができます。

オーストラリア全国を旅して巡り、働き、それぞれの地域の特徴を満喫し、さらに長期滞在も検討できる、とても素晴らしい方法です。

ベースバックパッカーズ、ワーク'n'ホリデートラベル・カンパニーは、このような「就職説明会」スタイルのサポートを専門とする業者です。果物の収穫からIT業務、工事現場の仕事など、幅広い職種で仕事を見つけるための様々なパッケージがあり、街で一番ホットなパーティーを見つけることから、銀行口座の開設、携帯電話のSIMカード設定まで、あらゆることを彼らはサポートします。格安の証明証を取得したり、帰国の際には税金の払い戻しのお手伝いまでしてくれます。

3. 移動しながら、専用アプリを使って仕事を探す

iBackpackerなどのアプリや、バックパッカー・ジョブ・ボードなどのウェブサイト(どちらもワーキングホリデーメーカー専門)を利用する方法もあります。iBackpackerは、オーストラリア全国の雇用主とホリデーメーカーを繋ぐ、操作が簡単なアプリです。自分の情報、希望の職種、都市、州を入力するだけで、何千もの求人広告にアクセスできます。

果物の収穫からバーの仕事やマーケティングまで、お給料の良い希望の仕事を見つけることができます。詳細は、ibackpacker.com.auをご覧いただくか、iTuneのGoogleアプリでiBackpackerアプリをダウンロードしてください。これらのサービスでは、特にワーキングホリデーの従業員を探している業種にアクセスすることができます。ただし、雇用主への連絡、税金などの書類手続きはご自分で行なうことになります。

4. 自分の国を出発する前に仕事を確保しておく

オーストラリアの雇用主に連絡を取り、オーストラリア到着時には仕事を始められるようにしておきます。この方法は、仕事がなければ旅に行かない、と自分の目的がはっきりしていて、ワーキングホリディ年齢が後半の切実な旅行者に向いています。すでに具体的なキャリアを持っている方や、オーストラリアを旅しながらスキルアップを実現したい方にも理想的です。

自分で宿泊施設を選び、現地に住む人としてバケーションのスケジュールを組み、オーストラリアのライフスタイルを満喫することができます。シークキャリア・ワンなどの仕事探しの検索サイトをお試しください。求職情報を得たり、自分の職種のリクルーターを見つけることができます。

5. 旅をしながら仕事を探す

予定を組まない旅をしたいなら、宿泊施設にチェックインして求人情報を見たり、現地の情報を得たりすることも可能です。運に任せる、というこの方法では、国立スキー場でのリフト係や、タスマニアの海岸から出発する無人島へのツアーガイド、ウィットサンデー諸島を巡るヨットのクルーなどの仕事を通して、文字通りアドベンチャー満載の経験ができるかもしれません。

目的地がどこかというよりも旅そのものが大切で、どんな仕事をするかや銀行残高を気にするよりも、オーストラリアを様々な方法で見てみたいという方に最適な方法です。

YHAホステル にチェックインして掲示板を見たり、まずバーで働きながら情報を得たり、シークキャリア・ワンの求人情報をいつも確認したり、どんな縁で仕事を得るかは分かりません。

さらに、ナショナル・ハーベスト・トレイルもあります。オーストラリア政府は、豊かな収穫に恵まれていながら、若干働き手が少ないこの国で働こうという旅行者を対象に、ハーベスト・ガイドを設けました。ガイドでは、どこで収穫が行なわれているかや、近隣の都市や街の詳しい情報を紹介しています。

アデレード・ヒルでブドウを収穫したり、シドニーで花を摘んだり、サンシャイン・コーストでパイナップルを収穫したりと、オーストラリアのハーベスト・トレイルには1年を通して仕事があります。 

 

ワーキング・ホリデー・ビザの種類と、対象となる国の詳細は、こちらをご覧ください。 

その他の関連記事

ワーキング・ホリデー・メーカー・プログラム

ワーキング・ホリデー・メーカー・プログラム

オーストラリア滞在中に働くことを考えていますか? 18歳から30歳までの方で、オーストラリアのワーキング・ホリデー・メーカー・プログラムに参加している国または地域のパスポートを持っている方は、オーストラリアで働きながら滞在できる12ヶ月間有効のビザを申請できる場合があります。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 Add to your favourites add favourite
オーストラリアの税関と検疫

オーストラリアの税関と検疫

オーストラリアでは関税法により薬物、ステロイド、銃刀類、火器、保護対象となる野生動物の国内持ち込みが禁止されています。 生鮮食品や包装食品、果実、卵、肉、植物、種子、皮革、羽毛などの品物も持ち込みが禁じられています。 通貨の持ち込みに制限はありませんが、1万ドル以上持ち込む場合には届け出が必要です。 より詳細な情報が必要な方は、オーストラリア税関・国境警備局のウェブサイト(www.customs.gov.au)をご覧ください。 オーストラリア検疫検査局のウェブサイトは、daff.gov.au/aqisでご覧になれます。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 Add to your favourites add favourite
バックパッカー向けの地域

バックパッカー向けの地域

オーストラリアの都市で泊まるところ、食べるところ、遊ぶスポットを探していますか? いま流行りのおすすめの場所で、バックパッカーに合流しましょう。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 Add to your favourites add favourite
バックパッカーの基本情報

バックパッカーの基本情報

オーストラリアに行く前に、低予算の宿泊施設やWIFIオプション、地元の人が食べに行く場所やナイトスポットなど、バックパッカーの基本情報を調べておきましょう。オーストラリアでの冒険を、最大限楽しむためのアドバイスを聞きましょう。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加 Add to your favourites add favourite