アリス・スプリングスの楽しみ方トップ10

オーストラリアの真ん中に位置し、 広大な砂漠に囲まれた伝説の辺境の地「アリス」。アボリジニの歴史とヨーロッパの植民地の歴史が複雑に絡み合った場所です。 ここは、アウトバック・アドベンチャーを一休みするポイントにあたりますが、そのコスモポリタンな街自体も、エネルギッシュなアート・シーンと豊かな文化生活、充実したアクティビティの数々で、訪れる人を魅了してきました。 アリス・スプリングスの楽しみ方トップ10
Site Requires Javascript - turn on javascript!

アリス・スプリングスの楽しみ方トップ10

アリス・スプリングスの楽しみ方トップ10を参考に、旅行を計画しよう。


オーストラリアの中央に位置し、 広大な砂漠に囲まれた伝説の辺境の地「アリス」。アボリジニの歴史とヨーロッパの植民地の歴史が複雑に絡み合った場所です。 ここは、アウトバック・アドベンチャーの中継地点にあたりますが、そのコスモポリタンな街自体も、エネルギッシュなアート・シーンと豊かな文化、充実のアクティビティの数々で、訪れる人を魅了してきました。

レッド・センター上空をヘリコプターで遊覧飛行

広大なアウトバックを空から楽しみましょう。 アリス・スプリングス・ヘリコプターズ(Alice Springs Helicopters)は、西マクドネル山脈やキングス・キャニオン、ウルルへ、美しい景色を楽しみながらの現地ツアーや空中アドベンチャーを提供しています。 中でも一番人気があるのが、ララピンタ・トレイル、シンプソンズ・ギャップ、スタンドレー・キャズムを訪れる「アラウンド・ザ・ギャップス」(Around the Gaps)。 ワラビー、ラクダ、ワシなどの野生動物を見ることもできるはずです。

Alice Springs Telegraph Station, Alice Springs, NT

アリス・スプリングスから徒歩でアウトバックへ

アリス・スプリングスは平坦なうえにコンパクトにまとまった街なので、徒歩での街めぐりに最適です。 1872年に建てられた、テレグラフ・ステーション(Telegraph Station)歴史保護区を出発し、街からのウォーキング・トレイルに沿って歩きます。 街のそばにあるオリーブ・ピンク・ボタニック・ガーデン(Olive Pink Botanic Gardens)では、250種以上の植物をはじめ、ブラック・フット・ロック・ワラビーや、ニシマダラニワシドリといった在来種も生息しています。

アリス・スプリングス爬虫類センター(Alice Springs’ Reptile Centre)も必見

スチュアート・テラス(Stuart Terrace)にあるアリス・スプリングス爬虫類センターでは、世界でも有名な毒ヘビを間近で(接近注意)見ることができます。 猛毒を持つタイパンやブラウン・スネーク、クサリヘビのほか、巨大なゴアナ、エリマキトカゲ、砂漠に住むモロク・トカゲ、 さらには、イリエワニのテリーに会うことができます。パイソンを持ってみたり、トカゲの餌やりを見学することもできます。

Camel Train Tour, Pyndan Camel Tracks, Alice Springs, NT

アリス・スプリングス近郊の砂漠でラクダに乗る

ラクダに乗って壮大な砂漠の景色を楽しみましょう。 線路や道路ができる前、中央オーストラリアの主な移動手段はラクダでした。 アリス・スプリングスから車で15分の場所にあるピンダン・キャメル・トラックス(Pyndan Camel Tracks)では、テンプル・バー・ギャップ(Temple Bar Gap)までの半日ツアーを催行しています。 時間が限られているなら、キャメル・ラウンジ(Camel Lounge)での1時間のサンセット・ツアーはいかがでしょうか。ドリンクも含まれます。

西マクドネル山脈へ4WDアドベンチャー

広大な国だから運転はプロにお任せを。 テーラーメイド・ツアーズ(Tailormade Tours)では、アリス・スプリングス発の半日4WDアドベンチャーを企画しています。 西マクドネル山脈デザート・パーク(Desert Park)・ツアーでは、シンプソンズ・ギャップ(Simpsons Gap)、スタンドリー・キャズム(Standley Chasm)をはじめ、景色が美しい名所を訪れることができます。 同社は最新の車種を揃え、参加者に合わせてウルル(Uluru)やキングス・キャニオン(Kings Canyon)、マクドネル山脈への小規模ツアーをカスタマイズしています。

Larapinta Trail, Ormiston Gorge, NT

ララピンタ・トレイル(Larapinta Trail)でハイキング

ララピンタ・トレイルは、世界有数の難関とされるトレイルですが、短めのコースもあります。 オーミストン渓谷(Ormiston Gorge)からフィンケ・リバー(Finke River)までの10kmコースは日帰りでも簡単に楽しめるコースです。 また、西マクドネル山脈(West MacDonnell Ranges)では、壮大な眺めや天然のプールが楽しめ、多彩な野生動物の存在も魅力です。 専門ツアーオペレーターのトレック・ララピンタ(Trek Larapinta)では、全行程にガイドが同行します。

アリス・スプリングスそばの山を自転車で滑走

西マクドネル山脈を背景に15km以上延びる専用の自転車道、アラルエン・マウンテン・バイク・トレイル(Araluen Mountain Bike Trails)に挑戦してみませんか。 毎週水曜夜にアリス・スプリングス・スカウト・ホール(Alice Springs Scout Hall)を出発する集団サイクリング・ツアーも楽しいでしょう。

Barn Owl, Alice Springs Desert Park, Alice Springs, NT

アリス・スプリングス・デザート・パーク(Alice Springs Desert Park)でバードウォッチング

在来種の宝庫、アリス・スプリングスはバードウォッチャーにはたまらない場所です。 砂漠では、コカトゥーの甲高い鳴き声や斑色のモズの美しい鳴き声を聞かない日はありません。 起伏に富んだ中央オーストラリアには、各種水鳥をはじめ、180種以上の鳥類が生息しています。 野生動物について学ぶなら、近隣のアリス・スプリングス・デザート・パークもお勧めです。

アリス・スプリングスで美術館を訪れ、アボリジニ・アートを購入する

レッド・センターを象徴する「点描画」など、中央部砂漠や西部砂漠の人々が製作した芸術作品を売る評判の良いギャラリーを訪れてみませんか。 街の中心部から歩いてすぐのところに、マックマック・ファイン・アート(Muk Muk Fine Art)パプンヤ・トゥラ・アーティスツ(Papunya Tula Artists)があるほか、アリス・スプリングスから北西に290km行くと、ワールクラング・アーティスツ・アボリジナル・コーポレーション(Warlukurlangu Artists Aboriginal Corporation)もあります。 アート・シーンの全体像を知るなら、巡回展や工芸品の展示、ライブ・パフォーマンスをテーマとしたアラルーアン・アーツ・センター(Araluen Arts Centre)がお勧めです。

Markets, Alice Springs, NT

アリス・スプリングスのストリート・マーケットでショッピング

トッド・モール(Todd Mall)に沿って開かれるサンデー・マーケット・デー(Sunday Market Day)では、地元の人々に混じって買い物を楽しむことができます。 アート、工芸品、地元の食材などを売る店が立ち並ぶこの市場は、毎年2月から12月まで開かれます。 モール沿いには多くの屋外カフェが生のエンターテインメントで華やかな賑いを見せてくれます。 8月から11月まで毎月開かれるアリス・スプリングス・ナイト・マーケット(Alice Springs Night Markets)では、先住民アボリジニのアートや手作り衣料、物産品、魅力たっぷりの異文化屋台グルメなどが楽しめます。