ボヘミアン・ブランズウィック・ストリート(Bohemian Brunswick Street)

各地から人々が集まり、ショッピング、飲食、出会い、ダンスなどで活気溢れるメルボルンの通り、ブランズウィック・ストリート(Brunswick Street)に、「退屈」という言葉は似合いません。 ボヘミアン・ブランズウィック・ストリート(Bohemian Brunswick Street)
ボヘミアン・ブランズウィック・ストリート(Bohemian Brunswick Street)
Site Requires Javascript - turn on javascript!

ボヘミアン・ブランズウィック・ストリート(Bohemian Brunswick Street)

メルボルンのソーホー・ストリップ(Soho Strip)でアート、ファッション、料理を楽しむ。

各地から人々が集まり、ショッピング、飲食、出会い、ダンスなどで活気溢れるメルボルンの通り、ブランズウィック・ストリート(Brunswick Street)に、「退屈」という言葉は似合いません。

ここフィッツロイ(Fitzroy)は自由奔放なエリアとなっており、ビジネスマンの隣でライダーがラテを飲む姿や、高級ブティックの隣にある古着屋などの光景が目に飛び込んできます。  フェティッシュな洋服のショッピングや、周辺のアート・ギャラリーをぶらぶらと、また、古風なパブや流行のワイン・バーでライブ・ミュージックを楽しむのも良いでしょう。  ここは、その自由奔放なアート・スピリットにさえマッチすれば、なんでもありのストリートです。

ショッピングに疲れたらキュートでカラフルなカフェでひと休み、街で見かけたアートやヘアスタイルについておしゃべりするのも楽しいでしょう。  メルボルンで人気のガストロ・パブや、低価格なエスニック料理も、ブランズウィック・ストリートのすぐ近くにあります。  ジョンソン・ストリート(Johnston Street)はスペイン料理で有名ですがインド料理店もあり、スミス・ストリート(Smith Street)にはお手ごろな値段のアジア、ギリシャ、モロッコ、中東などの各国料理の店が軒を連ねています。   ブランズウィック・ストリートには、オーガニック・ベジタリアンのレストラン、ハンバーガー・ショップ、スブラキ・カフェ、タパス・バーなど、あらゆる店が揃っています。 

日が暮れても、レストランやナイトスポットの活気が静まることはありません。  クラブ、パブ、プライベートなバーをはじめ、コメディー、ジャズ、ラテン音楽のステージを楽しむことができます。  

ブランズウィック・ストリートは、フェスティバルでも有名です。  9月~10月にかけて開催されるメルボルン・フリンジ・フェスティバル(Melbourne Fringe Festival)では、サーカス、ナイト・クラブ、ミュージック、ダンス、コメディーなどを楽しむことができ、4月~5月に開催されるメルボルン・インターナショナル・コメディー・フェスティバル(Melbourne International Comedy Festival)では、最高の笑いを経験できます。 

豊かでカラフル、いつでも興味深いブランズウィック・ストリートは、必見のスポットです。 

More Holiday Ideas

See what else there is near here to inspire your holiday planning.

メルボルン

メルボルン

メルボルン

秘密の裏通りや屋上、文化の中心フェデレーション・スクエア、活気あるバー、ブティック、飲食店、有名なMCGなど、メルボルンはさまざまな見所があります。 セント・キルダ、王立植物園、自由な雰囲気のブランズウィック・ストリート、国中が熱狂するスプリング・レーシング・カーニバル。 オーストラリア・グランプリのような世界クラスのイベントもあります。 モーニントン半島とフェアリー・ペンギンが見られるフィリップ島への日帰りツアーもお勧めです。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加
ビクトリア州

ビクトリア州

ビクトリア州

メルボルンから荒々しいグレート・オーシャン・ロード、ぶどう畑が続くヤラ・バレー、マセドン山脈の近く、絶景のモーニントン半島に向かいます。 フィリップ島でフェアリー・ペンギンに会い、ハウスボートでマレー川を下り、ウィルソンズ岬と90マイル・ビーチで砂浜を歩きましょう。 ベンディゴとハイ・カントリーの町ではゴールドラッシュ時代を追体験し、グランピアンズ国立公園では太古の景観の中をハイキングしましょう。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加
メルボルンで過ごす最高の3日間

メルボルンで過ごす最高の3日間

メルボルンで過ごす最高の3日間

メルボルンはカルチャー派やスポーツ・ファン、ファッション・マニア、食通たちのおかげで、ゆっくり寝ているのがもったいないほど刺激的な街。大通りから離れてひっそりとたたずむ路地裏はメルボルンの名物。細い裏道でカフェやバー、ブティックを探してみてください。そして、サウス・バンク(Southbank)の川沿いの雰囲気や、おしゃれなカフェ、クリエイティブな人々の集るフェデレーション・スクエア(Federation Square)などへ行ってみてください。ヤラ川(Yarra River)をクルーズしたり、王立植物園(Royal Botanic Gardens)の芝生や湖のあいだを散歩することもできます。市内には高級品の町サウス・ヤラ(South Yarra)やビーチサイドの町セント・キルダ(St Kilda)、流行の先端を行く町フィッツロイ(Fitzroy)など、さまざまな雰囲気をもった地区がたくさんあり、それぞれの雰囲気を存分に楽しんでください。その後、モーニントン半島(Mornington Peninsula)まで日帰りで、ビーチやワイナリー、ギャラリー、ゴルフコースをめぐりましょう。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加
メルボルンの楽しみ方トップ10

メルボルンの楽しみ方トップ10

メルボルンの楽しみ方トップ10

メルボルンの路地裏散歩は、この多様な街の1つの側面でしかありません。 クリケットやサッカーもぜひお楽しみください。 芸術と文化も吸収できます。 高級ダイニングか、それともパブで極上のバーガーを味わうか。 地元デザイナーのファッションか、それともベイサイドをサイクリングするか。 どちらが好みでも、メルボルンは選択肢がいっぱいです。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加