オーストラリアを手頃な料金で巡る10日間の旅

美しいビーチを満喫し、コアラと出会い、サンゴ礁や熱帯雨林を探索する、お財布にうれしい東海岸の旅 オーストラリアを手頃な料金で巡る10日間の旅
Site Requires Javascript - turn on javascript!

オーストラリアを手頃な料金で巡る10日間の旅

美しいビーチを満喫し、コアラと出会い、サンゴ礁や熱帯雨林を探索する、お財布にうれしい東海岸の旅


文章: ​リー・アトキンソン 

 

見どころ 

  • 手ごろな予算でシドニーを満喫する
  • 世界最高峰のビーチでリラックス
  • ケアンズ付近のグレート・バリア・リーフやデインツリーの熱帯雨林を探索する

10日間でオーストラリアのすべてを巡ることはできませんが、お得に素晴らしい旅をすることができます。レンタカーを利用して、シドニーから北へ、ゆったりとしたサーフィンの街バイロン・ベイを中継し、  有名なゴールド・コーストへとドライブ。さらに ケアンズ に向かい、心に残るグレート・バリア・リーフの体験をお楽しみましょう。

1日目:シドニーを満喫する理想的な1日

マンリー・ワーフ、シドニー、ニュー・サウス・ウェールズ州

シドニーの主な見どころの多くは無料か、数ドルしかかからないため、シドニー観光はリーズナブルに実現できます。まずは、有名なシドニー・ハーバー・ブリッジのすぐ下に位置するハーバーに面した、歴史あるロックス地区を散策しましょう。このエリアには、数多くの石畳の裏路地、シドニーにある最古のパブ 、ザ・ロード・ネルソン・ブルワリー・ホテルなど、歴史ある砂岩の建物があります。ザ・ロード・ネルソンで5ドルのコーヒーや7ドルの地ビールを試して、徒歩8分 のサーキュラー・キーのフェリー乗り場へ向かいましょう。3番埠頭から1番(F1) のマンリー・ビーチ行きのフェリーに乗って、シドニー・オペラ・ハウスやハーバー・ブリッジなどを望む風光明媚な30分の船の旅をどうぞ。往復約15ドルです。マンリー・ワーフ・ホテルで約20ドルのリーズナブルな食事を楽しみ、有名な美しいビーチフロントを散歩して、サーキュラー・キーへ戻りましょう。その後は、シドニー・ハーバー・ブリッジを歩いて往復してみましょう。 ​数百ドルするツアーに参加して、この有名なアーチに登る旅行者もいますが、橋を歩いて渡るのは無料で、ここから見る風景も壮大です。1日の締めくくりには、シドニー・オペラ・ハウスの裏手にあるオペラ・バーで、ドリンクを片手にブリッジに沈む夕日を眺めましょう。

2日目 ブルー・マウンテンズへ電車で日帰り旅行

カトゥーンバ、ブルー・マウンテンズ、ニュー・サウス・ウェールズ州

世界遺産に登録されているブルー・マウンテンズへは、シドニーのセントラル駅から電車でわずか2時間です。(往復約16ドル) カトゥーンバで下車して、標識を辿りながら徒歩10分のエコー・ポイントへ。ニュー・サウス・ウェールズ州の 代表的な撮影スポットで ​観光名所、 スリー・シスターズという砂岩の塔を見てみましょう。ここから45分歩くとジャミソン・ベイを一望する素晴らしい風景が広がります。さらに距離が長く難易度の高いジャイアント・ステアウェイ・トレイルは、断崖の底に沿って谷を降り、また上がる、約3時間強のコースです。または、世界一勾配の激しい列車シーニック・レイルウェイに乗ったり、シーニック・ケーブルカーや底がガラス張りのシーニック・スカイウェイから俯瞰で眺めることもできます。3つともシーニック・ワールドから出発し、セットのチケットは39ドルです。カトゥーンバの美しいアールデコのカフェで午後のティータイムを楽しみましょう。2016年に創業100周年を迎えるパラゴンでは、 美味しい ​​​​​​​​​​手作りの チョコレート をわずか数ドルで買うことができます。または、歴史あるキャリントン・ホテルの 贅沢な シャンパン チャーリーズ・バーで、8ドルのシャンパンを一杯楽しんでから電車で山を降りてシドニーに向かうのもお勧めです。

3日目:美しいパシフィック・コーストをセルフ・ドライブで北上

コフス・ハーバー、ニュー・サウス・ウェールズ州

オーストラリアは、世界有数のセルフ・ドライブの旅先の1つです。レンタカーを利用して、パシフィック・ハイウェイを北上しましょう。たくさんのシドニーっ子たちが毎年夏のバカンスとして、コフス・ハーバーやバイロン・ベイに向かうときに利用するルートです。この人気のルートは、 "レジェンダリー・パシフィック・コースト(伝説的な太平洋海岸線)"として知られています。 これから3日間、最終目的地ゴールド・コーストに向かって、ゆったりと風光明媚なドライブを楽しみましょう。最初の見どころまでわずか2時間です。オーストラリア爬虫類園(入場料35ドル)では、オーストラリアで最も危険な毒ヘビや毒グモから抗毒素を生成するために毒を取る様子を見たり、ウォンバット、カモノハシ、カンガルーなどオーストラリアの固有動物に会うことができます。次の見どころは、爬虫類園から2時間半北のポート・マッコーリーです。ここでは、世界初のコアラ病院の無料ツアーに 参加できます(毎日 午後3時から開催)。その後は、コフス・ハーバーに向けて今日最後の2時間のドライブを。手頃な価格のホリデーユニットやリゾートが数多くあるので、一晩過ごすのにちょうど良い場所です。

4日目:ビーチに大興奮!

ビッグ・バナナ・ファン・パーク、コフス・ハーバー、ニュー ・サウス・ウェールズ州

あまり知られてはいませんが、 オーストラリアには、巨大な パイナップル やジャガイモなど、全国に150点以上の"巨大なオブジェ"があります。コフス・ハーバーでは、1964年から始まったビッグ・バナナのオブジェを見ることができます。ビッグ・バナナ・ファン・パークは、子供にぴったりの場所で(入場無料、乗り物は6ドルから)で、冷凍バナナのチョコレートがけ(4.50ドル)は外せません。午前中はここで過ごし、それから海辺の街ヤンバへと向かいましょう。ここから5時間という最長のルートですが、その価値はあります。漁船から直接仕入れるシーフード店が集まったヤンバ・マリーナで、名物のエビを試してみましょう。ランチのあとは、近くにある世界遺産・ゴンドワナ多雨林の一部、イルカ自然保護区のウォーキングトレイルを歩いて腹ごなしをしましょう。ここから約90分のドライブで、ビーチ沿いにホリデー・アパートメントやキャビンがある有名なバイロン・ベイへ向かいます。

5日目:バイロン・ベイでくつろぐ

バイロン岬灯台、バイロン・ベイ、ニュー・サウス・ウェールズ州

バイロン岬は、オーストラリア本土の最東端です。早起きして灯台へ向かい、オーストラリアで誰よりも早く日の出を眺めましょう。その後は、たくさん並ぶカフェから選んで朝食をどうぞ。ビーチの灯台側にあるザ・パス カフェ は、地元の人々に人気の店で、10ドル程度で食べられるメニューが充実しています。今日は、ビーチでリラックス、ケープ・バイロン・カヤックのイルカとカヤック(3時間ツアー69ドル)、モジョサーフのサーフィン教室(半日体験69ドル)などを楽しみましょう。6月から11月に訪れるなら、地元のツアーオペレーターが開催するホエール・ウォッチング・ツアー(85ドル程度から)に参加してみましょう。

6日目:ゴールド・コーストを満喫

カランビン・ビーチ、カランビン、クイーンズランド州

バイロン・ベイからわずか1時間のドライブで到着するゴールド・コーストは、摩天楼とテーマパークのにぎわい、華やかなショッピングモールが有名です。 しかし、一番の見どころはビーチなので、リーズナブルに楽しめます。黄金に輝く砂浜に波が寄せる様子を見たら、ここがサーファーズ・パラダイスと呼ばれる理由が納得できるはずです。この風景を満喫するには、 高さ230メートルのQ1展望デッキがお勧めです(14ドル)。その後は、オーストラリアの古き良き伝統を誇るサーフ・ライフ・セービング・クラブ(SLSC、別名サーフクラブ)で、ゆったりとランチやディナーを楽しみましょう。オーストラリア各地のビーチに建てられている建物で、オーストラリアの有名なライフセーバーの拠点となっており、その多くは、施設内にレストランがあります。 レインボー・ベイSLSCでは、月曜日から 木曜日 の夜に、サーファーズの中でも有名なビーチのひとつを眺めながらいただく10ドルのディナースペシャルを提供しています。さらに海に近いカランビン・ビーチ・バイキングSLSCでは、 まるで波の上に座っているかのような臨場感を楽しむことができます。どちらの場所でも、塩コショウで味付けしたイカの料理や、地元で獲れる新鮮なシーフードを盛り合わせたフィッシャーマンズ・バスケットなどの料理を提供しています。

7日目:太陽、サーフィン、白い砂

ビレッジ・マーケット、バーレイ・ヘッズ、クイーンズランド州

ゴールド・コーストとその周辺には見どころが沢山。1週間いても飽きないはずです。しかし、1日だけ滞在するなら、ゴールド・コーストのビーチに数多く並ぶサーフショップから、サーフボード、カヤック、スタンドアップパドルボードをレンタルするのが断然 お勧めです。または、カランビン・ビーチから車で15分の、カランビン・バレーの小川にある天然のスイミングプール、カランビン・ロック・プール でひと泳ぎはいかがでしょうか。 週末なら、コーストで数多く開かれるビーチフロントのマーケットをのぞいてみましょう。毎月第1・第3日曜日に開かれる、バーレイ・ヘッズのビレッジ・マーケットは、新進気鋭のファッションやヴィンテージのお宝から、ジュエリー、ハンドメイドのスキンケア商品、自家製の食品まで、あらゆるものが手に入ります。 今夜は、夜行便でケアンズおよびグレート・バリア・リーフへ飛びます。

8日目:グレード・バリア・リーフまで日帰り旅行

グレート・バリア・リーフ、ポート・ダグラス、クイーンズランド州

熱帯の街ケアンズは、壮大なグレート・バリア・リーフの北の玄関口で、ビーチからすぐにリーフが広がります。数多くのツアーオペレーターが、ケアンズ市内の海岸を出発し、リーフへと向かう(所要時間約90分)、日帰りシュノーケルツアーや、サンゴ礁や島々でのダイビングツアーを催行しています。スキューバダイビングをやってみたいと思っているなら絶好のチャンスです。数多くの会社が初心者向けダイビングコースを催行しています。ツアー料金は150ドル程度から。

9日目:ケープ・トリビュレーションで熱帯雨林を探索

ケープ・トリビュレーション、デインツリー国立公園、クイーンズランド州

ケアンズでの2日目は、世界最古の熱帯雨林を探索します。デインツリーの熱帯雨林は、1億3千5百万年以上生き続ける、地球上で最も多彩な生態系のひとつであり、世界遺産に登録されています。ケアンズの中心街または空港からレンタカーを利用して、3時間北上しケープ・トリビュレーションへ向かうか、ケアンズから数多く出発している4WDまたはバスツアー(全日ツアーは150ドル程度から)に参加しましょう。どの方法を選んだとしても、 キャプテン・クック・ハイウェイを通って目的地に着くことが楽しみの一つです。そのルートのほとんどが海岸線沿いを通り、絶景が楽しめます。デインツリーの熱帯雨林に到着したら、モスマン渓谷をお見逃しなく。蝶が舞うヤシの木やシダの森の、真ん中にある大きな石の上を清らかな川が流れています。モスマン渓谷センターで 先住民アボリジニのガイドによるドリームタイム・ウォーク・ツアーに参加し、アボリジニ文化と植物の伝統的な利用法を学びましょう(62ドル)。熱帯雨林と海が交わる所、ケープ・トリビュレーションでは、デインツリー国立公園内の3つのボードウォークを辿って、足を濡らさずに森やマングローブを探索することができます。

10日目:ボンダイに戻る

ボンダイ・トゥ・ブロンテ・ウォーク、シドニー、ニュー・サウス・ウェールズ州

最終日になりました。シドニーへ向かう前に、早起きして、ケアンズ・エスプラナードにある広い無料の海水浴場、ラグーンでひと泳ぎ。 ブロンテとボンダイ・ビーチを結ぶ断崖の遊歩道を1時間歩きましょう。ここはシドニーで元も有名な海岸線の遊歩道で、 次から次へ と 壮大な 風景 が現れます。毎年10月から11月のスカルプチャー・バイ・ザ・シー開催期間中は、世界最大の屋外彫刻ギャラリーが無料で楽しめます。冬期には、運が良ければ、遊歩道沿いにある崖の見晴らし台からクジラを見ることもできます。眺めの良い海のプールで有名な、ボンダイ・アイスバーグまで遊歩道を辿りましょう。 ​冬でも泳いでいる、たくましい地元住民もいます。金色に弧を描くボンダイ・ビーチを見下ろす、断崖絶壁の高級レストランもあります。ハイエンドのアイスバーグ・ダイニングルームはシドニーを代表するダイニング体験をお届けします。階下のクラブバー&ビストロでは、ダイニングルームと全く同じ風景を眺めながら、半額でお料理と飲み物が楽しめます(通常50〜70ドルのメインコースを30ドル程度で展開) 。お得に美味しく召し上がれ。

旅をしましょう

設備のタイプ
ホテルのランク
料金帯
タイプ
メインコース

料金は目安です

酒類販売許可証
申し訳ありません。 この条件での検索結果は現在ご利用いただけません。ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございません。後ほど再度お試しください。
loading