Site Requires Javascript - turn on javascript!

バレー・オブ・ザ・ジャイアンツ、ウォルポール

西オーストラリア州南西部、ウォルポールにある渓谷、バレー・オブ・ザ・ジャイアンツの大自然の中に身をおくと、まるで自分が小人になったような気がします。

ウォルポール(Walpole)周辺に広がる森は木々の背がとても高く、実に感動的です。この町はとても静かで、パースから4時間半ほどのドライブで行くことができます。生えているのはレッド・ティングルという巨大なユーカリの木。高さは40メートルもあり、ウォルポール周辺の原生地でしか見ることができません。まずはバレー・オブ・ザ・ジャイアンツ・ツリートップ・ウォーク(Valley of the Giants Treetop Walk)という高所に設置された遊歩道を歩いて、天まで届けとばかりにそびえ立つ木々を上から観察しましょう。そのあと地上に設置されたエンシェント・エンパイア・ウォーク(Ancient Empire Walk)というボードウォークを歩き、木々の節くれだった太い幹を眺めてみましょう。散策を終えたら、今度は遊覧船に乗ってウォルポールの静かな川や入江を見てまわりましょう。ウォルポール-ノーナラプ国立公園(Walpole-Nornalup National Park)のウォーキングコースや、手つかずの白い砂浜の散策もおすすめです。

バレー・オブ・ザ・ジャイアンツはウォルポールから車で少し走ったところにあり、西オーストラリア州南西部の海岸地帯で有数の人気を誇る観光地です。ツリートップ・ウォークは軽量素材を使って周囲の景観をそこねないようにデザインされた橋で、ゆるやかに登りながらそびえ立つ木々の梢の中へと入っていきます。登っていくとやがてティングルの木と同じ約40メートルの高さに達し、周囲に広がる森のすばらしい眺めを楽しむことができます。地上にはボードウォークが設置されています。エンシェント・エンパイア・ウォークというボードウォークを歩いて、巨大な木の幹を目に焼きつけてください。中には樹齢が400年以上という木もあり、そうした木は幹周りが15メートルに達します。世界で最も背の高い木の一つに数えられ、その森の中に入ると自分が小人になったような、それでいて心穏やかな、不思議な気分になります。

ウォルポールの町はウォルポール-ノーナラプ国立公園内のウォルポール入江(Walpole Inlet)の北の方にあり、周辺には他にも大自然の見どころがたくさんあります。森を散策して、サーキュラー・プール(Circular Pool)に行ってみてはどうでしょうか。とても落ち着いた場所で、水遊びやピクニックにぴったりです。少し行ったところには、世界で最も長命なユーカリの木といわれているジャイアント・ティングル・ツリー(Giant Tingle Tree)が生えています。

Mandalay Beach, Walpole, WA

Mandalay Beach, Walpole, WA

国立公園内の南氷洋沿岸には、自然のままの趣を残した白いビーチも広がっています。4WDを駆るか、ウォーキングコースを歩いてそうしたビーチに行きましょう。コースの中にはビブルマン・トラック(Bibbulmun Track)の一部になっているものもあります。それらをたどってマンダレー・ビーチ(Mandalay Beach)へ行くと、ノルウェー船籍の沈没船マンダレー号の残骸が見られます。その他、コンスピキュアス・ビーチ(Conspicuous Beach)でサーフィンをしたり、コンスピキュアス・クリフ見晴台(Conspicuous Cliff Lookout)やレーム・ヘッド(Rame Head)から絶景を楽しむのもいいでしょう。草を食むカンガルーを眺めながらギャップ・ビーチ(Gap Beach)に行ったり、名前とイメージがぴったりなピースフル・ベイ(Peaceful Bay)まで歩くこともできます。

ウォルポールからはウォルポール入江やノーナラプ入江(Nornalup Inlet)を巡る遊覧船も出ています。またこの2つの入江を結ぶ半島部分には、ノール・シーニック・ドライブ(Knoll Scenic Drive)が走っているのでドライブするのもいいでしょう。渓谷の上流にはファーンフック・フォールズ(Fernhook Falls)という滝があり、山歩きやキャンプ、水遊び、ピクニックに最適な場所として人気です。木々に覆われた谷の眺望を楽しみたい方は、フランクランド山(Mount Frankland)までの短いながらも険しい道に挑戦してみてください。その他、町の東部にあるヒルトップ見晴台(Hilltop Lookout)からもすばらしい眺めが楽しめます。

一帯にはたくさんの野鳥が生息し、カリーの木やティングルの森、渚、川の浅瀬、南氷洋沿岸の入江などに行けば観察が可能です。また6月から9月までの間、ウォルポールの風の吹きつける海岸からは回遊中のクジラの姿が見られます。さらに9月から11月にかけては、海岸に広がるヒースの茂みの間に色とりどりのワイルドフラワーが咲き競います。

ウォルポールの周辺には大自然の見どころがたくさんあります。背の高い木々がそびえ立つ森を手始めに、そのすばらしさを存分に味わってください。

More Holiday Ideas

See what else there is near here to inspire your holiday planning.

西オーストラリア州

西オーストラリア州

西オーストラリア州

ビーチ天国のパースから西オーストラリア州を探索しましょう。 ロットネスト島とフリーマントルを訪れ、南に進路を取り、マーガレット・リバーのワイナリー、カルグーリーの金鉱、アルバニーのドラマチックな海岸線に向かいます。 北に向かえば、荒々しい地形のピナクルズ、カリジニ国立公園、ニンガルー、海洋生物の宝庫モンキー・マイアがあります。 キンバリー北部では、ブルームのケーブル・ビーチからカナナラやエル・クエストロ・ステーションまで4WD車で行くことができます。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加
パース

パース

パース

コテスロー・ビーチでの夕暮れ時の一杯、スワン川クルーズ、街の片隅でのライブ・ミュージックなど、パースはくつろぎの時間が楽しめる場所です。 キングス・パークを散策し、歴史ある町フリーマントルを探訪。 ひっそりとしたロットネスト島で水泳、自転車、ロック・ロブスター獲り。 ピナクルズ、モンキー・マイア、州の南西部のビーチや金鉱にも足を延ばしてみましょう。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加
南西部、ビーチと金鉱地帯

南西部、ビーチと金鉱地帯

南西部、ビーチと金鉱地帯

オーストラリア南西部の多彩で劇的な変化を見せる景観を楽しみましょう。パース(Perth)から出発して活気に満ちた古い港町フリーマントル(Fremantle)を通り、マンデュラ(Mandurah)やバンブリー(Bunbury)でイルカと一緒に泳いで下さい。マーガレット・リバー(Margaret River)周辺地域でワイナリーやサーフ・ビーチ、悠久の時を刻む鍾乳洞、そびえ立つカリーの森を探索しましょう。ウォルポール(Walpole)近郊にあるバレー・オブ・ザ・ジャイアント(Valley of the Giants)で、天まで届きそうな木々の樹冠の下を歩いてください。エスペランス(Esperance)の美しく人けのないビーチで海水浴やサーフィンを楽しんだり、手つかずの自然の残るルシェルシュ群島(Recherche Archipelago)までクルーズを楽しむのもよいでしょう。カルグーリー・ボールダー(Kalgoorlie-Boulder)でゴールドラッシュの時代に思いを馳せ、金鉱の史跡を巡るウォーキング・コースを歩いて開拓時代を偲びましょう。パースへと戻るにつれて、金色の砂がいちめんに広がる景色が緑の谷へと変わっていくのを眺めてください。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加
マーガレット・リバー

マーガレット・リバー

マーガレット・リバー

世界トップクラスのワイナリーや受賞歴のあるレストランが並ぶマーガレット・リバーは、西オーストラリア州で最も有名な食とワインの中心地です。 ワインセラー巡りやビール醸造所で地ビールを味わってみてください。 マーガレット・リバーでは、海から揚がったばかりの新鮮な伊勢エビや、地元の有機ビーフやトリュフをレストランで楽しむこともできます。 ファーマーズ・マーケットを訪ねて、職人による手作りチーズを試食してみましょう。 また、地元の手作りチョコレートやおいしいファッジを心ゆくまで味わってください。 この地域の食を堪能したあとは、西オーストラリア州のグレート・サウス・ウェスト(Great South West)まで足を伸ばしてみてはいかがですか。 ワイナリーからわずか数時間で息を呑むほど美しいビーチに到着します。世界でも有数のサーフ・スポットがあり、シュノーケリングやダイビングを楽しんだり、太古の森林や洞窟を散策することもできます。

詳細を表示

あなたの夢の旅に追加