Site Requires Javascript - turn on javascript!

ブッシュとアウトバック体験

ダビッドソンズ・アーネムランド・サファリ(Davidson’s Arnhemland Safaris)

ダビッドソンズ・アーネムランド・サファリ(Davidson’s Arnhemland Safaris)ダーウィン(Darwin)から飛行機で東へ50分のところにあるボラデール山(Mount Borradaile)にあります。この象徴的なエコロッジとそれに付随する一連のアクティビティは、5万年前からこの地とつながりを持つ地域の伝統的な所有者から認可されています。オーダーメイド・ツアーでは、アーネム・ランドの巨大さと静けさに深く分け入ります。特に、ボラデール山(Mount Borradaile)のふもとのビラボン(氾濫湖)やクロコダイルや長足の水鳥がいる湿地帯など、この地域に多い水辺を訪れます。滞在にはすべての食事、ツアーやアクティビティ、そして許可料が含まれています(この土地は公にアクセスすることはできませんので、すべての訪問者が許可を得なければなりません)。ロッジでは、周りに穏やかなプールがあるリラックスした共有空間で高級料理を楽しめます。

カカドゥ・カルチュラル・ツアー(Kakadu Cultural Tours)

カカドゥ・カルチュラル・ツアー(Kakadu Cultural Tours)は、カカドゥ国立公園(Kakadu National Park)で最も神聖で素晴らしい場所の1つであるウビル自体を含む、より広いウビル地域を専門としています。大部分が先住民アボリジニのガイドから成るこの会社では、ツアー客はアリゲーター川(Alligator River)に沿って文化的なクルーズ楽しむことができます。アーネム・ランドとカカドゥ北部の1日4WD文化遺産ツアーに参加してみませんか。あるいは、ドリームタイムの間に虹の蛇によって「歌われた」と信じられている風景の中、食事と雰囲気たっぷりの2回クルーズがセットになったホーク・ドリーミング・ウィルダネス・ロッジ(Hawk Dreaming Wilderness Lodge)で2、3日の滞在を楽しむのもおすすめです。この運営会社では、アクセスが制限されているビラボン(氾濫湖)、秘密の芸術が残る場所、そして活動している氾濫原まで、主要な「ギャラリー」(屋外壁画が大規模に集まっている場所)を超えて移動することができます。

カカドゥ・ツーリズム

華やかな滝、緑豊かな湿地帯、黄土色の絶壁でいっぱいのカカドゥ(Kakadu)は、世界最大の陸上の国立公園であり、その広さはスイスの国と同じです。カカドゥの自然の美しさが伝統的な所有者によって育まれたように、その先住民アボリジニの文化と伝統を知ることでパワーが増幅されます。カカドゥ・ツーリズム(Kakadu Tourism)は、とても良い場所にある2つのホテルを含む宿泊施設とオプション付きツアーを提供しており、ゲストは公園の2つのホテルを利用することができます。代表的な体験は、カカドゥのイエロー・ウォーターズ・ビラボン・クルーズ(Yellow Waters Billabong cruise)です。先住民アボリジニのビニン族(Bininj)のガイドが率いるこの経験では、60種の鳥や猛烈な水牛、クロコダイルが生息する壮大な湿地帯に向き合います。

カルーク・アボリジナル・カルチュラル・ツアー(Karrke Aboriginal Cultural Tours)

オーストラリアのレッドセンター(Red Centre)にある息をのむようなキングス・キャニオン(Kings Canyon)は、カルーク(Karrke)族による1時間の先住民アボリジニ文化ツアーの中で味わえる究極の景色です。このツアーの体験の中で、中央オーストラリアの砂漠の人々の点画、道具、武器、ブッシュタッカー、薬用植物の歴史について学びましょう。ブッシュトマトのような在来の食物を味わったり、点画の重要性を発見したり、そして、マルガウッドがどのように槍、狩猟クラブとブーメランのような道具に形づくられるかを観察したりしてみましょう。また、ルリジャ族(Luritja)と南アランダ族であるPertame族の人々の言語と文化、そして何万年もの間この素晴らしく豊かな風景の中で人々がどのように繁栄してきたかについて、たくさんの質問ができる機会でもあります。

ローズ・カカドゥ&アーネム・ランド・サファリ(Lord’s Kakadu and Arnhemland Safaris)

滝に囲まれた澄んだプールで泳いだり、古代の壁画ギャラリーを散策したり、ノーザンテリトリーのトップエンド(Top End)の先住民アボリジニ文化の物語を体験してみませんか。州で最も称賛されている経験豊富なガイドと共に訪れましょう。他にも多くの見どころがありますが、ローズ・カカドゥ(Lords Kakadu)とアーネムランド・サファリ(Arnhemland Safaris)では、あまり知られていないクールピン渓谷(Koolpin Gorge)を含むカカドゥの至宝アーネム・ランド(Arnhem Land)がおすすめです。贅沢なリトリートとしてバムルー・プレインズ(Bamurru Plains)デヴィッドソンズ・アーネムランド・サファリズ・エコロッジ(Davidson’s Arnhemland Safaris’ eco lodge)、ニトミルク国立公園(Nitmiluk National Park)内にある100%先住民アボリジニ所有・運営のシカーダ・ロッジ(Cicada Lodge)などもあります。ローズではカカドゥ内に設定された12名用の高級「ブッシュキャンプ」など、独自の宿泊施設を旅行に組み込むこともできます。快適なベッドと、夜間の食事時や物語を話す時に使うファイヤーピットが備わっています。

マルク・アーツ(Maruku Arts)

ウルルにある私設美術館マルク・アーツ(Maruku Arts)はギャラリーと共に、アウトドア・ペインティングのワークショップをオーストラリアで最も象徴的な風景の中で開催しています。点画やパヌ(punu)作りのワークショップに参加してみましょう。パヌとはウッドカービングの技法のひとつで、焼き付け技法で線を描きます。先住民アボリジニの言葉を使い、自身のアートワークの中で個人的に重要なことを表現してみましょう。クラスは通訳の助けを借りて、伝統があり、知識豊富で温かいアボリジニのアーティストによって運営されています。または、マルク・アーツ・ギャラリー近くのセンターには、芸術と木の彫刻が数多く展示されているので、それを鑑賞するのもおすすめです。センターでは「インマ(inma)」、儀式のダンスと歌という意味のパフォーマンスも行っています。

ニトミルク・ツアー

ダーウィンから南東に3時間のところには、13のそびえ立つ峡谷があり、そこを通ってキャサリン川が流れています。これがニトミルク国立公園で、ジャオイン(Jawoyn)族の人々が住まう、荒々しくも美しい場所です。先住民アボリジニが100%所有する会社であるニトミルク・ツアー(Nitmiluk Tours)では、クルーズ、ハイキング、洞窟ツアー、水泳、カヌーツアー、そして美しい風景を楽しむヘリコプター・フライトなど盛りだくさんで、ジャオイン(Jawoyn)族の国と文化の最高のところを楽しめます。宿泊施設はキャンプ場やシャレーからラグジュアリーロッジ、シカーダ(Cicada)までのすべてがそろっています。日没や日の出を見るため、最初はぜひ渓谷展望台まで歩いてみましょう。あるいは、キャサリン(Katherine)にもっと近い場合は、魅力的なクッタクッタ洞窟(Cutta Cutta Caves)を通るニトミルク・ツアーのガイド付きウォークに参加してみましょう。

パダクル・アボリジナル・カルチュラル・ツアー(Pudakul Aboriginal Cultural Tours)

伝統的なアボリジニの生活様式の紹介を専門とするパダクル・アボリジナル・カルチュラル・ツアー(Pudakul Aboriginal Cultural Tours)が実施する2時間で満喫する代表的な旅程では、アットホームなレッスンを楽しめます。地元のブッシュ・タッカーや薬草、バスケットやカバンの製作、槍を投げたり、拍手杖やディジュリドゥなどの楽器を演奏したりできます。場所はダーウィンから車ですぐです。このツアーは家族経営の事業であり、この地域の祖先との強いつながりを享受しています。ツアー後は、リラックスしながらダンパー(伝統的なブッシュパン、暖炉の上で調理したもの)とお茶を飲みながら会話を楽しみましょう。北部沿岸湿地(Northern Coastal Wetlands)への旅行で、さらに体験を深めてみませんか。そこでは、水や先住動物と一族のつながりについて学ぶとともに、風光明媚で肥沃な環境を満喫できます。

RTツアー・オーストラリア(RT Tours Australia)

主流の観光シーンから離れて、RTツアー・オーストラリア(RT Tours Australia)で中央オーストラリアを通ってより豊かで静かな旅に出かけ、ランチやディナーを楽しみましょう。どちらもアリス・スプリングスの町を越えて、マクドネル山脈(MacDonnell Ranges)の壮大な赤い崖へと旅をします。ここでは、RTツアー・オーストラリアの創設者であり、先住民アボリジニのアランダ(Arrernte)族の一員である先住民アボリジニ・オーストラリアの男性、ボブ・タイラー(Bob Taylor)がブッシュ・バーベキューを設営し、リラックスした雰囲気の中で一族の文化について話します。このツアーの主催であるRTツアーズ・オーストラリアは芸術、バードウォッチング、ブッシュウォーキングを中心とした長期ツアーも行っています。アリス・スプリングス(Alice Springs)地域に戻る途中で、ボブの長い旅はウルル - カタ・ジュタ国立公園(Ulru-Kata Tju ta National Park)を通り抜けます。

SEITアウトバック・オーストラリア

ウルルの伝統的な所有者である先住民アボリジニのアナング族(Anangu)の人々は6万年前からこの公園を住まいとしています。スピリット、エモーション、インテレクト、タスクの略であるSEITは、少人数のグループ・ツアーや人里離れた場所での体験を通じて、この遺産を観光客に共有するのに役立っています。特に、先住民アボリジニのガイドが率いるSEITのケイブ・ヒル(Cave Hill)日帰りツアーは、創造の祖先の歌詞(物語)と洞窟絵画にスポットライトを当て、それらを生き生きと感じさせてくれます。同様に強力なのはPatjiツアーで、参加者はメインの公園の境界を越え、ウルルの伝統的な家族の故郷へと案内されます。先住民アボリジニの人々と一緒に座り、アフタヌーンティーを楽しみながら、中央オーストラリアでの土地の権利をめぐる壮大な戦いの話に加えて、その地域の先住民アボリジニの生活について、のんびりと説明を聞きましょう。

トップ・ディジュ文化体験とアート・ギャラリー

先住民アボリジニのアーティストが主導する文化体験に参加する前に、トップ・ディジュ(Top Didj)アートギャラリーで豊富なアート、ディジュリドゥ、アーティファクト、ギフト、そして本をご覧ください。ダーウィンから南に3時間の場所に位置するキャサリンの町にあるこの組織は、人気のあるトップ・ディジュの文化体験、カリスマ的な先住民アボリジニの芸術家、マヌエル・パムカル(Manuel Pamkal)が率いる2時間半のセッションを運営しています。気持ちが上がる朝あるいは午後の間に地元の習慣、狩猟の実践、そして芸術制作についての実践的な理解を深め、自分自身での芸術作品を描いて持ち帰りましょう。あるいは、ジャオイン(Jawoyn)族やダゴマン(Dagoman)族の一連の作品、アーネム・ランドやキンバリー地域(Kimberley)、中西部砂漠地帯の人々による作品もご覧ください。

ベンチャー・ノース・オーストラリア(Venture North Australia)

プライベートな旅行を計画したり、高級4WD車で4〜5日のサファリ・ツアーに参加してみませんか。ベンチャー・ノース(Venture North)は受賞歴多数の4WDで行く豪華なサファリツアーを開催しており、ダーウィンを起点にアーネム・ランド、カカドゥ、ガリグ・グナク・バルル国立公園(Garig Gunak Barlu National Park)を巡ります。アートに熱心な先住民アボリジニのコミュニティがあるガンバランヤ(Gunbalanya)を訪れ、先住民アボリジニのガイド付きで感動的なロック・アート・ツアーに乗り出してみませんか。カカドゥの石層と湿地帯を横断し、コバーグ海洋公園(Cobourg Marine Park)の澄んだ海の景色を望むベンチャー・ノース(Venture North)のブッシュ・バンガロー・キャンプ場に加え、自生の葉の間に点在する素朴で快適な客室があります。

ボヤージズ・インディジネス・ツーリズム・オーストラリア - エアーズ・ロック・リゾート

ウルルの側の砂丘の中にあるエアーズ・ロック・リゾート(Ayers Rock Resort)に宿泊してみませんか。5種類の異なる宿泊と65種以上のツアーを行っている宿泊と文化体験運営施設です。リゾートは、感動的なウルル - カタ・ジュタ国立公園とその有名な一枚岩(両方とも高さ860mのウルルとカタ・ジュタの高いドーム)を探索するための休息の拠点として、また、先住民アボリジニの豊かな文化とレッドセンターの風景をもっと深く知るためにも最適です。ラクダに乗り沈む夕日の方へ進んでみませんか。 ウルルの麓にある緑豊かな緑の中を散策してみましょう。歩きながら、この地の創造物語を描いた壁画をぜひご覧ください。または、星空の下、サウンド・オブ・サイレンス(Sounds of Silence)ディナーで食事はいかがでしょうか。砂丘の静かな環境の中、食べ物、文化、天文学の雰囲気あふれる夜を楽しみましょう。

ナリジア(Narlijia)文化体験

ブルーム(Broome)塩水地域のヤウル(Yawuru)族の人々の世代を超えた知識と古代の物語をナリジア・カルチュラル・ツアー(Narlijia Cultural Tours)が毎日催行するツアーで学びませんか。ブッシュ・タッカーを試食し、Didirrgunなどの重要な場所を訪問し、巨大な貝塚や1億3000万年前の恐竜の足跡を見に行きましょう。創設者であり地元のヤウル族(Yawuru)の一員でもあるバート・ピグラム(Bart Pigram)は、この美しいアウトバックにあるビーチの街の過去と現在案内する魅力的でユニークな体験を作り上げました。日没時に42フィートのカタマラン(双胴船)でセーリングしたり、マングローブ林を散策したり、町の中心部を通る快適なウォーキング・ツアーに参加したりしませんか。ガイドのバートは先住民アボリジニの生活様式、真珠産業、そしてブルーム(Broome)の街が出来上がるのタイムラインを、活気のある開拓者の集落から今日の多様で多文化の街にいたるまで再現してくれます。

プルナティ・アボリジニ・ツアー

ヌーンガー族のジョーイ・ウィリアムス長老(Elder Joey Williams)により運営されるプルナティ・アボリジニ・ツアーで、デンマーク(Denmark)の街周辺にあるヌーンガー族の人々の地域を訪れ、深く没入するゆったりとインタラクティブな体験をしてみませんか。魅力的な一日ツアーや一晩キャンプツアーでは、ドリームタイム(Dreamtime)の物語を聞き、大地を踏みしめてダンスし、エレメントを取り入れ、焚火の周りで話をシェアし、ブッシュ・タッカーを味わい、伝統的な儀式を経験し、そしてヌーンガー(Noongar)族の生き方、精神、芸術を学びます。プルナティはまた、伝統的な喫煙式典、水の養成、重要な水域での振動の癒しを含む90分のバイブレーション・ヒーリング・ツアー(Vibrational Healing Tour)など、さまざまな短いツアーを提供しています。また、この地域のヌーンガー(Noongar)文化と歴史について学ぶ半日ツアーもあります。

ウーラ・グダ・ナインダ・エコ・アドベンチャーズ(Wula Guda Nyinda Eco Adventures)

ウーラ・グダ・ナインダ・エコ・アドベンチャーズ(Wula Guda Nyinda Eco Adventures)は、シャーク・ベイ世界遺産(Shark Bay World Heritage)に登録されている地域で、2時間から数日間のツアーまで、幅広いツアーを提供しています。

オーナーのダーレン・ケイプス・ケイプウェル(Darren 'Capes' Capewell)は地元の先住民アボリジニ文化の視点から、アニマル・トラッキングやブッシュ・タッカーの味見、伝統的な漁で捕らえたシーフード、数々の薬草、ディジュリドゥのレッスンやドリームタイムの物語を紹介します。もっと活発な体験には、ブッシュ・タッカー・ウォーク、カヤックやシュノーケリングの冒険、スタンドアップ・パドルボード・ツアー、キャンプサファリ、フライ&ドライブのエクスペディションなどがあります。

ウォーン・グンディジ(Worn Gundidj)@タワー・ヒル(Tower Hill)

槍や戻ってくるブーメランを投げて、腕試ししたくないですか?地元の先住民アボリジニの協同組合であるWGエンタープライゼス(WG Enterprises)が運営する、タワー・ヒル野生動物保護区(Tower Hill Wildlife Reserve)での90分のウォーキング・ツアーに参加すれば、こういったスキルを含めたさまざまなスキルが取得できます。オーストラリアで最も風光明媚なドライブ、メルボルン近郊のグレート・オーシャン・ロード(Great Ocean Road)にあるこの保護区は、コアラ、カンガルー、ワラビー、エミュー、ハリモグラ、ポッサム、フクロモモンガなどの地元の野生動物と親しくなるための素晴らしい場所であり、また約160の異なる種野鳥がいる場所として知られています。斧の柄からポッサムの毛皮コートなどの工芸品を見たり、ディジュリドゥのパフォーマンスを楽しんだり、地元のブッシュ・フードを紹介してもらったりしましょう。この地形を形成した激しい地殻変動から先住民アボリジニ時代、そしてヨーロッパ人の移住に至るまで、この地域の多くの歴史についてもっと学ぶ機会もあるでしょう。

ウィルピナ・パウンド・リゾート(Wilpena Pound Resort)

アウトバックを理解したいなら、ドラマティックなフリンダース山脈(Flinders Ranges)ウィルピナ・パウンド・リゾート(Wilpena Pound Resort)から始めてみましょう。イカラ・フリンダース山脈国立公園(Ikara-Flinders Ranges National Park)内で唯一の宿泊施設で、アドニャマタンハ族(Adnyamathanha)の人々によって所有、運営されています。地域の渓谷での化石狩猟から古代の壁画がある遺跡への訪問まで、幅広いアクティビティを提供しています。アデレード(Adelaide)の北430km(6時間のドライブ)に位置するこの地は、8億年前に自然が造り上げた素晴らしい円形劇場であるウィルピナ・パウンド(Wilpena Pound)がある場所であり、アドニャマタンハ族またはユラ族(Yura)の人々の故郷の一部でもあります。宿泊施設はホテルからサファリスタイルのテントまで用意があり、シンプルなキャンプ場は電力があるところとないところが選べます。

その他の関連記事